[GMEV] Game Addict's Music Ensemble Extra Concert ~勇者も魔王もおねーさんも。~

ゲーム音楽専門の吹奏楽団「Game Addict's Music Ensemble」(通称GAMEバンド)のExtra Concertに行ってきました。
会場は、横浜市鶴見区民センター サルビアホール。
約550席のうち7~8割が埋まっていました。

千葉を拠点に活動しているGAMEバンドが、千葉を飛び出して横浜へ遠征。
千葉以外で演奏会開催は、これが初めてでしょうか?

気合の入れた演出に定評のあるGAMEバンドですが、今回のExtra Concertでは「原点回帰」ということで演出は封印。
演奏に主軸を置いた演奏会でした。
そのためか、過去のどの演奏会よりも、最も綺麗な演奏でした。
演奏者の質も高かったし、調和も取れていたし。
これまでの演奏会では、途中で曲が空中分解しやしないかと少しハラハラしながら聴くことが多かったのですが、今回はそう感じることがあまりなくて、音が安定していました。
そのため、たいへん聴きやすかったです。

まぁ、音がブレたりトチってたりしてたのが全く無かった、というわけでもなかったのですが。
特に弱音部分と早弾き箇所。
そこは、アマチュア楽団なので、仕方ありません。

しかも、「演出なし」と聞いていたのに、結局演出ありましたし。
もう演出はGAMEバンドの本能なので、仕方ありません。

演奏全体でちょっと気になったのは、やや低音が弱いところ。
もうちょっと低音パートに人を入れると、低音に厚みが出て、重厚な演奏になりそうな気がしました。

あまり大きな演奏会ではなかったので、場の雰囲気がどことなくアットホームな感じでした。
電報読み上げのときに、特にそれを強く感じました。
某ラストエリクサーウィンドなんとかさんからの電報にあった「(ただし1名除く)」は、内輪ネタがわからないと全く意味がわからなかったと思うのですが、結構あちこちから笑い声が上がっていたところを見ると、関係者が多くいたのかもしれません。

次回演奏会(4th Concert)は、2012年度冬期になるそうです。
演奏予定タイトルの一部は既に決まっているようです。
LIVE A LIVEやファイアーエムブレム、ICOなどが上がっています。
しかも、ゲーム音楽の合唱団体Chor Crystal Manaとの共演。
これまで以上の演奏会になりそうで、今から楽しみです。

あと、今回のようなExtra Concertも定期的に開催して欲しいです。


これより下は、セットリストと曲ごとの雑感になります。


セットリストは以下の通りです。
-----
0. 「聖剣伝説3」より「Meridian Child」~High tention wire(『どうしてこうなった!?』アレンジ)

[第一部]
1. 「天外魔境 風雲ガブキ伝」より「カブキ団十郎のテーマ~京を行く!~敵を絶つ!!」
2. 交響組曲「ドラゴンクエストIV」より「勇者の仲間たち」
3. Melodies Medley~from Mother Series~
4. 「クロノ・トリガー」よりクロノ・トリガーメドレー

[第二部]
アンサンブルステージ
5. バリチュー三重奏 「レッドアリーマー 魔界村列伝」よりメドレー
6. クラリネット六重奏 月の明り ―ファイナルファンタジーIV 愛のテーマ―
7. サックス四重奏 「初音ミク-Project DIVA-2nd」より「ダブルラリアット」

吹奏楽ステージ
8. 「勇者のくせになまいきだ:3D」より

[アンコール]
9. 「塊魂」より「塊オンザスウィング」
-----

以下、印象に残った曲について雑感です。

0. 「聖剣伝説3」より「Meridian Child」~High tention wire(『どうしてこうなった!?』アレンジ)
開演前の17:15より演奏された曲。
演奏会終了後に掲示された曲目を見るまで、原曲がMeridian Childだったことに全く気付きませんでした。
どうしてこうなった!?

1. 「天外魔境 風雲ガブキ伝」より「カブキ団十郎のテーマ~京を行く!~敵を絶つ!!」
曲は全く知らなかったのですが、すごくカッコ良かったです。
特に最後の曲が良かった。勇ましさが半端ない。

3. Melodies Medley~from Mother Series~
1st Concertで演奏された曲の再演らしいです。
エイトメロディーズは神曲だと思います。
中盤のスマイルアンドティアーズから終盤にかけての盛り上がりは、興奮のあまりぞくぞくしました。
あからさまに切ない曲でもないのに、胸打つものを感じました。

4. 「クロノ・トリガー」よりクロノ・トリガーメドレー
この曲も1st Cencertで演奏された曲の再演のようです。
GAMEバンドのクロノ・トリガーメドレーって、珍しく「世界変革の時」が入ってないんですよね。
「カエルのテーマ」と「魔王決戦」の盛り上がりが異常でした。あれは燃える。
トロンボーンの何人かの方がノリノリで演奏されていたのが印象的でした。

5. バリチュー三重奏 「レッドアリーマー 魔界村列伝」よりメドレー
楽器の低音を生かした選曲勝ちという感じでした。
これはかなりアリだと思います。
曲と重厚な音がよくマッチしていて、違和感は全くありませんでした。

6. クラリネット六重奏 月の明り ―ファイナルファンタジーIV 愛のテーマ―
何故か、演奏者6人みなコスプレで参上。
そして、FF4の曲なのに、FF4関連のコスプレが何故か6人中たった1人。
演奏よりもそっちのインパクトが強力でした。

7. サックス四重奏 「初音ミク-Project DIVA-2nd」より「ダブルラリアット」
原曲は知らなかったのですが、どのサックスも格好良かったです。
演奏後、「原曲を聴いてみようかな」という気分にさせられました。
アンサンブル3曲の中では、一番演奏が安定していましたし、一番印象に残りました。
印象的といえば、曲演奏前の司会の方の「僕も(ボカロが)大好きです!(キリッ」も印象的でした。

8. 「勇者のくせになまいきだ:3D」より
演出なしって言ってたじゃないかっ!
しかも、全員コスプレ!!

というわけで、今回の演奏会で唯一演出のあった曲でした。
演奏も素晴らしかったですが、演出の小ネタも素晴らしかったです。
なぜかグランディアのジャスティンが出てきたり、バハムートラグーンのヨヨが登場したり。
魔王がジャスティンにやられたとき、ぜひ簀巻きにして運び出して欲しかったですw

「勇者のくせになまいきだ」の曲は、珍しくオケよりも吹奏楽団の方が向いている曲だと思います。
今回の演奏会を聴いて、強くそう思いました。
まぁ、オケで聴いたら、また印象変わるかもしれませんが。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック