[アニメEV] シュタインズ・ゲート 未放送エピソード先行上映会

2012/02/05(日) 00:21:46 | カテゴリ:雑記
アニメ版「シュタインズ・ゲート」のBD/DVD第9巻に収録予定の未放送エピソード(第25話)「横行跋扈のポリオグラフ」の先行上映会に行ってきました。
会場は、角川シネマ新宿。
キャパシティ300人の入場チケット争奪戦、よく勝てたなぁと思います。
最初から後ろの席狙いだったのが、功を奏したのだろうか。

以下、未放送エピのネタバレは極力避けるようにしますが、ゲームおよび放送済みのアニメについてのネタバレはぞろぞろありますので、ご注意ください。

今回の上映会の内容は、
 ・第23話、第24話上映
 ・未放送エピソード「横行跋扈のポリオグラフ」上映
 ・トークショー
 ※ゲストは桃井はるこさん(フェイリス役)、岩佐がくさん(アニメプロデューサ)
 ※司会進行は山本彩乃さん(天王寺綯役)
でした。
20:00開始で、進行が押した結果、終了は22:10頃。
まぁ、イベントが予定時間通りに終わることはまずないので、ある意味通常運行でした。

開始直後に山本彩乃さんが登壇されて、本日のお品書きを説明された後、上映会開始。
上映されたものは、どうやらBD第9巻をそのまま流していた模様。
次回予告もしっかり上映されていました。

第23、24話は神回過ぎて何回も繰り返し見た話でもあるので、内容については今更語ることもないのですが。
ただ、第23話の「特に意味はない」と「『最初のお前を騙せ、世界を騙せ』」は、映画館の大音量で改めて聞いてぞくぞくしました。大音量サイコー。
願わくば5.1chで、それがムリならバックスピーカーからも音声流して欲しかったです。

あと、やはりというか恒例行事というか、アニメ絵に見慣れていない俺でもわかるくらいの作画修正がちらほら入っていました。
第23話ラストちょい手前の鳳凰院凶真の高笑いシーンが修正されていたのは、内心ほっとしました。
その直後の左手・右手は・・・・・・どうだったかな?

未公開エピソードは、ネタバレのないように感想を述べるなら、「笑いと笑いと、そして感動」。
30分ほどのエピソードでしたが、前半は度々観客席から笑い声が上がっていました。

ちなみに、「横行」は「自由気ままに歩き回ること」、「跋扈」は「ほしいままに振る舞うこと」(大辞泉より)。
なるほど、ド真ん中に的を射てるタイトルだと思いました。

上映会の後は、山本さん、桃井さん、岩佐さんが登壇されてトークショー。
第23話で「スカイクラッドの観測者」を挿入するエピソードが印象的でした。
最初から「アニメに『スカイクラッド』入れたい」という話はあったそうです。
ただ、尺の都合により、入れたら中途半端なところで切れてしまうという問題が発生。
途中で「スカイクラッド」挿入を諦めかけたことも。
しかし、前半の尺をあれこれ調整するという努力の結果、なんとか「スカイクラッド」を入れることに成功。
それが、あの第23話のシーンになったそうです。
それがあの名シーンに繋がった点には、視聴者としても感謝感謝です。
何事も、諦めちゃいけないんだな。

フリートークの後は、上映会開始前に取ったアンケートの結果発表。
アンケートの内容は、
 1. あなたのベストシーンは?
 2. ゲストに質問したいことは?
の2つ。

まずは1について発表・・・の前に、桃井さん、山本さん、岩佐さんのベストシーン発表。
桃井さんは、第9話の「秋葉原から萌消失」ではなく、第17話ラストのフェイリスの台詞「前世からのふっか~い仲なのニャ」を押されていました。
山本さんは、第20話のミスターブラウンが自殺したのと同時間帯、何も知らない綯が朝食を2人分作って待っているシーン。
アニメ版では、その後オカリンが即座に取り消しDメールを送っているため、天使の綯ちゃんのままで済んで良かったと、ひたすら語られていました。
ゲーム版の「綯さん」のこと、ファンから嫌われているんじゃないかと、結構気にされているみたいです。
まぁ、俺は怖い綯さんも好きですが。
そして岩佐さんは、インタビューされるたびに同じ質問をされるそうですが、最近見返した結果、今は第16話「鈴羽とダルの抱擁シーン」だそうです。

そして、アンケート結果発表。
票数までは公開されませんでしたが、随分票がばらけたそうです。

第3位は、第22話「オカリンとクリスのキス」、そして同票数で第16話「失敗した失敗した(以下略」。
この2つが並ぶってのが、また・・・・・・。
ちなみに、アンケート用紙にびっしりと「失敗した」が書き込まれていたものもあったそうです。
それ、なんてホラー?w

第2位は、第24話ラストの「オカリンとクリスの再会」。
山本さんは、いつにない優しい声音の「これが『シュタインズゲート』の選択だよ」に痺れたそうです。

第1位の発表の前に、次点の発表。
他に、第9話「秋葉原から萌消失」、第22話「オカリンの勝利宣言」が票を集めていたそうです。

そして栄えある第1位は、第23話「未来オカリンからDメールを受け取って、オカリンが立ち上がり、『スカイクラッドの観測者』が流れてエンディング」のシーン。
・・・・・・長いシーンだなw
しかし、この結果はすこぶる納得です。
ちなみに、俺もこのシーンに投票しました。

次は2について。
3つほど質問が上がっていました。
その中でも一番気になったのは、やはり「劇場版の進行度は?」。
岩佐監督曰く、「今は草案段階で、5pb.(現MAGES)のシナリオライター・林さんが来週から進める」とのこと。
第24話と未放送エピの間の話にするか、未放送エピの後にするか前にするかと、未放送エピソードとの立ち位置をどうするかで、少しぶれているそうです。
未放送エピの話はアニメ版の最初の段階で既に決まっていた話だそうで、本来は未放送エピ(第25話)で一度完結させようという話だったのが、アニメの反響が良かったため、かなり後になって劇場版の話が出てきたとか。
ただ、どのエピソードも「なかったことにしてはいけない」ので、シュタインズゲート世界線の話にするそうです。
というわけで、比翼恋理の世界線はきっぱり否定されていました。
現段階でそのような状態のため、劇場版公開が今年の夏ってのは間違いなくなさそうです。
今年公開ってのも危ういかも。

そして、抽選会。
賞品は、サイン入りTシャツでした。
Tシャツは、冬コミのフロンティアワークスブースで販売されていた「コミマに行ってきました」のアレです。

最後は記念撮影会があって、終了。
撮影の合図は、もちろん「エル・プサイ・コングルゥ」。
それと、桃井さんのTwitter用には「フェイリス!」「ニャンニャン!」が採用されました。

非常に楽しい上映会でした。
未放送エピだけでもおもしろかったのに、様々な貴重な裏話も聞けて、得した気分でした。
いっそ、シュタゲ全話上映会をどこかの劇場で開催してくれないだろうか。
・・・・・・まぁ、約10時間観賞に自分の体力が耐えられるかどうかは、また別問題ですが。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック