[GMEV] 東京ファンタジックブラスバンド 第5回演奏会

ゲーム音楽専門の吹奏楽団「東京ファンタジックブラスバンド」(以下TFB)の第5回演奏会に行ってきました。
会場は、江戸川区総合文化センター 大ホール。
およそ1,500席のホールで、約7~8割ほどが埋まっていました。

前回同様、第1部~第3部の構成。
第1部は、小曲+メドレー。
第2部は、ネタの演出を少し混ぜつつ、ややコメディタッチで。
第3部は、一転して大真面目に壮大な演奏でした。

TFBは演出をあまり入れずに『聴かせる』のがメインのスタイルのようなので、ひたすら聴くことに没頭していました。
調和の取れた綺麗な演奏で、聴く側として楽に没頭できたと思います。
すごくバランス良くまとまっていました。
ところどころ早弾きがありましたが、あまり目立ったミスがなかったところからすると、演奏者の技術力が確実に上がってるような。

加えて、編曲ががんばっていたと思います。
吹奏楽としてあまりムリのない曲になっていたんじゃないかと。

ちょっと残念だったのは、音の厚みがやや足りなく感じた点。
アンコールはそうでもなかったのですが、本編はちょっと物足りなかったです。
特に第1部。綺麗にまとめようとして、逆に萎縮してしまったような感じがしました。
激しいところは『ぐわっ』と圧力を感じるほどの迫力が、もっと欲しかったです。

今回はあまり知っている曲がなかったので、「あの曲をこうしたのか!」という感動ではなく、「へー、こういう曲もあるのかー」という印象ばかりが残りました。
やっぱりゲーム音楽の演奏会は、知らない曲でもそれなりに楽しめるけれど、知ってるとより一層楽しめるもんだなっていうことをひしひしと感じました。
まだまだ俺も精進しないと。

以下、今回のセットリストと、印象に残った曲の雑感になります。


セットリストは以下の通りです。
-----
[第1部]
1. ポケモン不思議のダンジョンより 「ポケモンたんけんたいのテーマ」
2. BEMANIシリーズより 「Zektbach メドレー」
Overture~ShamshirDance~Turii~Apocalypse~Raison d'etre~ZETA~Blind Justice
3. 英雄伝説3より 「白き魔女ゲルド」
4. Sa・Ga2 秘宝伝説より 「Sa・Ga2 秘宝伝説 メドレー」
伝説は始まる~必殺の一撃~安らぎの大地~秘宝を求めて~燃える血潮~さまよえる魂~Save the world~エンディングテーマ1~エンディングテーマ2

[第2部]
5. ドラゴンクエストより 「序曲のマーチ」
6. ファミコンより
   「アトランチスの謎」
   「影の伝説」
   「エレベーターアクション」
   「大工の源さん」
7. アウトランより 「Magical Sound Shower」
8. グラディウス3 ~伝説から神話へ~ より 「A Long Time Ago」
9. ストリートファイター2より 「ストリートファイター2 メドレー」

[第3部]
10.KINGDOM HEARTS 2 より 「Fantasia alla marcia」
11.MOTHER3 より 「MOTHER3 メドレー」

[アンコール]
勇者のくせになまいきだor2より 「マオウさんは愉快だな」 他1曲
-----
Sa・Ga2のメドレー内容は、たぶん上記の通りだったと思うのですが、間違ってたらコメントにツッコミ入れてください。


以下、印象に残った曲ごとの感想です。
と言っても、今回は既知の曲があまりなかったので、記憶に残ってる曲が少ないのですが。

2. BEMANIシリーズより 「Zektbach メドレー」
生の吹奏楽でZektbach叙事詩を聴けるとは思ってもみなかったので、これはうれしかったです。
と言っても、聞き覚えがあったのは半分ぐらいでしたが。
Blind Justiceはやっぱり耳に残りやすい曲だなぁ、と改めて実感。

4. Sa・Ga2 秘宝伝説より 「Sa・Ga2 秘宝伝説 メドレー」
今回の目当てはこのメドレーでした。
吹奏楽用に細かなアレンジが入っていて、「なるほど、そういう曲にしたのか」と新鮮さを感じました。
個人的には、「Never give up」と「死闘の果てに」と「涙を拭いて」を入れて欲しかったのですが、そんなこと言ったらむしろ「全曲メドレーやって欲しい」って言ってることと同義になりそう。
Sa・Ga2メドレーの次は、魔界塔士SaGaメドレーを希望。

5. ドラゴンクエストより 「序曲のマーチ」
普通に「序曲」が始まるかと思いきや、ものすごくバンドっぽくアレンジされていました。
スウィングっていうんでしょうか。そんな感じのアレンジでした。

8. グラディウス3 ~伝説から神話へ~ より 「A Long Time Ago」
曲の中身よりも、前説の「『神話からお笑いへ』ではありません」が頭から離れなくて困りました。
GAMEバンドとの繋がりが強いのかな。
ちなみに、このフレーズが流れた途端、俺の座席の周りからは「?」っていう空気が一瞬にして漂いました。わからない人が多かったと思います。

10.KINGDOM HEARTS 2 より 「Fantasia alla marcia」
KHの曲ってオーケストラには向いてるけれど、吹奏楽で表現するのは難しいのでは? と思っていましたが、舐めてた自分が間違っていました。すごく良かったです。
弦楽器の部分を、木管がうまく補っていたんじゃないかと。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック