[GMCD] wac / 音楽

BEMANIシリーズでぐんにゃり活動されている古参コンポーザーwac氏のアルバム「音楽」を鑑賞。
2枚組で全14曲収録。
プレイ時間は、トータルで約1時間20分。

Disc2は、Virkato Wakhmaninov名義のオーケストラっぽい曲が3曲。
Disc1は、それ以外のPop, Rockのような曲が収録されています。ボーカル曲多目です。

これまでBEMANIシリーズで発表された曲のロングバージョンが収録されています。
BEMANIシリーズのOSTは人から飛び飛びに借りて聴くことがあったため、何曲かは聴き覚えがありました。
とはいえ、聴き覚えがあったのは、ほとんどDisc2の曲ばかりだったりするのですが。
俺の好みがそっちなので。うん、仕方ない。

Disc1は原曲を知らない曲ばかりなので、原曲との違いはよくわかりません。
普通に聴いていて思ったのが、妙に耳に残る曲が揃っているということ。
ノリが良いだけではなく、フレーズが特徴的というか。
Disc1の11曲目の「neu」を筆頭に、ふっと脳内で再生されるフレーズが多いです。

ただ、若干ボーカルが残念な曲もあったり。
数年前のBEMANI曲ってボーカルが残念な曲が多かったけれど、その歴史をちらっと懐古したような気分になりました。

で、前述の「neu」が、このアルバムで2番目に好きです。
原曲はちらっと聴いた程度で、よく知りません。ニエンテって、何? 曲名? っていうレベルです。
ほぼ初聴でしたが、この曲は一発で好きになりました。
曲全体でエレギや電子音、ドラムがバリバリ鳴っているのに、静謐かつ脆く儚げだけど強い感じが満遍なく漂っていて、聴いていて切なさを引き出されます。
ボーカルの透き通る声も良い感じ。
なんだかすごく不思議な曲で、だからこそ印象的な曲です。
あと、途中でメドレーのように入ってる曲は、過去のwac氏のBEMANI提供曲だそうです。
どうりで聴き覚えのある曲がちらほらあったわけだ。
というか、「それもwac氏の曲なの?」というのが多かったです。

1番の目当てだったDisc2の「ピアノ協奏曲第1番"蠍火"」。
beatmania IIDXのOSTに収録されている原曲ロングバージョンから少し編曲されて収録されています。
しかも、楽器パートによっては生音なんじゃないかというところも多々あったり。
そのためか、迫力と臨場感が原曲より増しています。
ピアノも生なのかな。
生っぽい気もするけれど、あれは人が弾ける譜面じゃないっていう気もするし、うーん、どうなんだろう。
もしこれが、技術的に生オケで演奏可能な曲ならば、ぜひ生で聴いてみたいです。
わりと本気で。

BEMANIシリーズのwac氏の曲が好きな人ならば、必聴のアルバムだと思います。
BEMANIシリーズよく知らない人でも、PopやRockが好きな方にはオススメです。
もしくは、ゲーム音楽のオケ曲が好きな人には、Disc2がすごくオススメです。

コメント

この記事へのコメント

「音楽」のDisc2は、ピアノはビートマニアシリーズやその他ゲーム音楽で活躍されている
osamu kubota氏がピアノ弾いてます。
その他の楽器についてもgaQdanという演奏チームが携わっています。
多分、コナミスタイルのHPにもクレジット表記があるのではないでしょうか。
2012/04/14(土) 09:47:21 | ksk #-[ 編集]
Re:
情報ありがとうございます。ピアノは生音だったんですね。
しかし、あの「蠍火」を弾き切るなんて、どれだけ早弾きの達人なんですか。すご過ぎる。
2012/04/15(日) 14:01:56 | ふゆき #-[ 編集]

コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック