[GMEV] PERSONA MUSIC LIVE 2012

本日開催された「PERSONA MUSIC LIVE 2012 -MAYONAKA TV in Tokyo International Forum-」に行ってきました。
会場は、イベント名にある通り、東京国際フォーラム。
その中で一番収容人数の多いホールAでした。

出演者は、コンポーザの目黒将司氏を始め、「ペルソナ3」や「4」、およびそれらの派生・メディアミックス作品でヴォーカルを担当された川村ゆみさん、Lotus Juiceさん、平田志穂子さん、喜多修平さん。
他にサポートメンバーの方はもちろんのこと、ダンサーの方なども参加されていて、かなり大規模な編成による演奏でした。

演奏形態は、エレキギターやベース、ドラム、キーボードやDJなどで構成されたバンド形式。
バンド演奏でよく見られる観客総立ち+サイリウムによる合いの手などで、会場は終始一体感に包まれていました。
まぁそんな中、昔からそういう全員で合わせる所作が苦手な天邪鬼な性格なので、一切しませんでしたが。
だって、曲をじっくり聴きたいし。
もし会場(2階席)で一回も席から立たなかったヤツがいたら、それはきっと俺です。
もしくは、俺の友人です。

曲はP3、P4はもちろん、P4Aやトリニティ・ソウルもありました。
OP、ED曲はほぼ網羅されていたと思います。
それ以外の曲は、P4の「Reach Out To The Truth」や「Heaven」、P3の「Mass Destruction」など、ヴォーカル入りのBGMがメインでした。
インストオンリーの曲は、5曲ほどだったのではないかと。

曲のアレンジはあまり強くありませんでした。
かなり原曲重視。
曲によってはほぼ原曲のままというものもありました。
そもそも原曲がロック・テクノ調だから、あえて手を入れる必要がなかったのでしょう。

数少ないインスト曲の中で、一番印象的だったのはP4の「霧」でした。
サビの部分のエレギがすこぶる格好良かったです。
欲を言えば、サビの2ループ目で主旋律にオクターブ違いの低音を重ねて欲しかったですが、それを差し引いても曲のノリの良さがライヴにマッチしていたと思います。

大半を占めていたヴォーカル曲。
ヴォーカルの方々、誰も彼もすごく良かったです。
川村ゆみさんの熱情のこもった声の表現。
平田志穂子さんの伸びのある高温シャウト。
Lotus Juiceさんのテンポの良さと切れのあるラップ。
喜多修平さんの若々しい声。
スタイリッシュなペルソナシリーズの曲に負けないヴォーカルで、声の圧力をひたすら肌で感じました。
ペルソナシリーズは本当にヴォーカリストに恵まれているなぁ。

ヴォーカル曲で印象的だったのは、「Heaven」、「キミの記憶」と「Never More」。
「Heaven」は、激しい曲が続いた中での演奏だったので、息を吐ける瞬間でほっとしました。
演奏されたのは、「Never More -Reincarnation PERSONA4-」バージョン。
CDで聴いたときも思いましたが、バーで食事をしながら生でしっとりじっくり聴きたいです。
そういうミニイベント、計画されたら喜んで行きます。懐事情次第で。

「キミの記憶」は、川村さんの苦労と工夫が垣間見えたところが記憶に残っています。
おそらく、川村さんの声域より「キミの記憶」の音域の方が少し上で、ファルセットを使っても出ないんでしょう。
ところどころ、高音部分をコーラスの平田さんが補っていました。
歌う前にひたすら「人間が歌う曲じゃない」「目黒さんはおとなしそうでいてドSな曲を書く」と仰られていたのも納得です。

「Never More」は、会場全員の大合唱。
歌い辛い曲なので、あまり会場からの声は大きく聞こえませんでしたが、これ以上一体感を感じた曲はなかったです。
全員合唱で放出されるエネルギーって、やっぱりなんかすごい。

曲を鑑賞していてちょっと気になったのは、音割れがひどかったこと。
座席の位置があまり良くなかったのかもしれませんが。
特に平田さんの高音シャウトで、音割れが強かったです。
平田さんの場合、あまり声量の出ない低音も思いっきり伸びのある高音も口とマイクの距離がほぼ同じだったから、アンプの設定値を低音に合わせていて高音が割れてしまったのではないかと。
その分、迫力のすごさは伝わってきたので、次回以降に期待します。

全体のイベントの流れは、本編(という名の第一部)、アンコール(という名の第二部)、第二アンコール。
ところどころでアニメーション(一部実写)が差し込まれていました。
ただ、一緒に行った友人の帰りの新幹線(最終)の都合上、第二アンコールの「Reach Out To The Truth」が終わった直後に国際フォーラムを飛び出したので、ひょっとするとその後にも何かあったかもしれません。

なお、アニメーションのモチーフは、先日最終回を迎えたばかりの「Persona 4 THE ANIMATION」。
2012年3月21日から約2週間後の4月8日、TVの中の世界に戻ったクマから特別捜査隊の元に、TVの中の世界への招待状が届く。指定の日にTVの中へ向かうと、いつものTVの中の世界とは少し違った雰囲気。そこで、都会に戻ったはずの主人公と再開する。主人公もまた、クマから招待状を受け取っていた。そうこうしているうちに、特捜隊メンバー(と来場者)を観客にした、クマのプロデュースによるステージの幕が上がる。
・・・という導入が、アニメーションで描かれていました。
実際のステージ上は、TVの中の入口広場を完全再現。
導入部のアニメーションと相まって、シンクロ率激高でした。
演出や舞台美術は、ものすごく良い仕事をされていました。あれは素晴らしかった。

アニメーションは導入部だけでなく、他にもちらちらと挿入。
ある時は、「時価ネットたなか」の田中社長による会場限定グッズの紹介(特別出演:浪川大輔氏)。
もっとも、宣伝するまでもなく、紹介アニメが流れた時点でグッズはB2ポスターしか残っていませんでしたがw
そして、またある時は、各地(主に稲羽市内)からのLIVE中継。
個人的には、1カットだけだけど足立が見られただけで、たいへん満足です。
足立登場の一瞬後の会場の沸きようが、他のコミュの面々が登場したときとは比べ物にならないくらい大きかったのも印象的でした。
つか、足立は普通にしていればカッコいいんだな。
1カットだけだったこともあって、それが足立だって気づくまでに一拍かかった。

今回のイベントの功労賞は、クマ(実写)だと思います。
モニタに映し出されたクマ(アニメ)動きに合わせて、クマ(実写)ががんばって動いていた様に、ひたすら癒されました。
また、カーテンコールにも出てきて、ステージ左から出てきて演奏メンバーとハイタッチしながらちょこちょこと右へ横切り、右端で半回転してちょこちょこと左へ戻り、また右へちょこちょこ向かい、最後にステージ脇の影から半身だけ出して手を振った後サッと消えるという、とんでもない芸当まで見せてくれました。
なんなんだ、あの可愛い生き物。

今回のライヴイベントはどこもかしこも楽しかったのですが、運営側に一点希望が。
日曜日開催の場合は、遠隔地から来る人のためにももう少し早い時間に開演するか、公演時間をもう少し短くするか、チケット販売時にあらかじめ公演時間が何時間になる予定と告知するか、どれかの配慮をお願いしたいです。
18:10頃開演で、休憩ほぼなしでイベント進行したにもかかわらず、21:15でも終了しないというのは、ちょっと予想していませんでした。
通常、ライヴというと2~3時間なので。
もしかすると、ホールの利用可能時間など、やむを得ない事情があってあの開演時間だったのかもしれませんが。
次回開催時は一考をお願いしたいです。

そんなこんなで、最初から終わり(ラストまでいられなかったけれど)まで、隅々まで楽しめたライヴでした。
ペルソナシリーズの曲が好きで、ロックバンド形式の曲が苦手でなければ、オススメのイベントだと思います。

あと、個人的には、ペルソナシリーズの曲でオケ演奏会やって欲しいです。
どんな感じになるのか聴いてみたい。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック