[GMCD] モンスターハンター3 (tri-) オリジナル・サウンドトラック

2年前にWiiで発売された「モンスターハンター3(tri-)」のOSTを最近iTunesから購入したので、いまさらながら聴きました。
CDにして2枚組。全54曲(Secret Track2曲込み)。
総再生時間は2時間20分強。

俺のモンハンプレイ暦は0時間です。
3(tri-)はおろか、どのシリーズ作品もプレイしたことがありません。
せいぜい3rdGのプレイ画面をちらっと見せてもらったことがあるくらい。アイルーは可愛い。
そんなモンハンとは縁もゆかりもない自分が、なぜ3(tri-)のOSTを買おうと思ったのかというと、昨年夏に開催されたオーケストラコンサート「狩猟音楽祭」を聴いた余韻がいまだに抜けないため。
そこで聴いた3(tri-)の「生命ある者へ」が、抜群に好みの曲だったのです。
それはもう衝撃的で、原曲が気になって気になって仕方がないくらい。

まぁ、それから10ヶ月近くもOST買おうかどうしようか悩んでいたあたりに、モンハンプレイ暦0時間としての迷いが表れているというか。

そんなこんなで「生命ある者へ」目当てでOSTを購入したのですが、想像していた以上に良曲揃い、かつ聴きやすいOSTでした。
全体的な曲調は、基本オーケストラ。
所々にエキゾチックで熱帯っぽいフレーズが混ざっています。
エレキギターやベースなどの電子楽器系の音は、あまりなさそうです。
そのためでしょうか、いかにもバトルっぽい曲はかなり激しいのですが、耳障りな印象はありません。
かといって燃えないわけでもなく。
しばらく聴いていると、じりじりと燃えてくる気がします。

フィールドっぽい曲は、比較的大人しい曲であっても壮大だったり幻想的だったり神秘的だったりして、奥行きを感じさせる曲が多いです。
そして、骨太なんだけどどこかクールだったりして、とても格好良い。

こんなに良曲揃いだったなら、もっと早く買っておけば良かったです。
モンハンのOST(アレンジCD除く)の中では、一番好きなOSTかも。

目当ての「生命ある者へ」は、このOSTで原曲をまるっと聴けて非常に満足しました。
聴いていると中盤以降にぐわっと沸き上がる感動がたまりません。
気が付くと、単曲エンドレスリピートしています。

そういえば、このOSTに収録されている曲って一部生音なんでしょうか?
音の広がりとか余韻とかが、なんとなく生音っぽい。特に金管楽器とパーカッション。

そんなこんなで、モンハンをプレイしたことがなくても、オーケストラ風のゲーム音楽が好きな人にはオススメです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック