[GMEV] Ensemble Game Classica 第一回ミニコンサート

ゲーム音楽をアンサンブル形式で演奏される「Ensemble Game Classica」(以下EGC)のミニコンサートに行ってきました。
会場は、日暮里サニーホール コンサートサロン。
ちょうど仕事に一区切り付いたタイミングで、助かったー。

今回は弦楽三重奏。EGCのコンサートでは過去最小の編成だそうです。
演奏曲目は、全てFCで発売されたことのあるゲームで:

1. ドラえもん
2. ドラゴンクエスト2
3. ファンタジーゾーン
4. MOTHER
アンコール. スーパーマリオブラザーズより「地上BGM」ほか

幸いにして、どれも昔一度はプレイしたことのあるゲームでした。
どれも懐かしくて、そして楽しかったです。

もっとも、上記5つのゲームのうち、クリアできたものはDQ2とMOTHERぐらいなのですが。

今回はアレンジがあまりなく、かなり原曲忠実な演奏でした。
FC音源である原曲の3音を、それぞれヴァイオリン、ヴィオラ、チェロに置き換えたような感じ。
原曲は電子音ですが、それらを弦楽器に置き換えても違和感は皆無。
すっと耳に浸透するような、すこぶる自然でした。

ちなみに、効果音も弦楽器で再現されていました。
ドラえもんのタイムマシン音、よく再現したなぁ。

演奏レベルは、いつも通り高かったです。
EGCのコンサートはいつも安定の高クォリティなので、すごく安心して聴けます。
原曲に忠実に演奏されていたので、ところどころに「無茶しやがって」な演奏部分もありましたが、それらも弾きこなす演奏力は感嘆ものです。

あまりに原曲忠実+高クォリティだったため、演奏中ほとんど「懐かしい・・・なにもかも懐かしい・・・」と半ば放心状態でした。
懐かしいし楽しいし、それにメロディや音色が気持ち良くて、仕事の疲れが癒されました。

一点だけちょっと気になったのは、いつもより演奏が若干荒っぽく感じたところ。
勢いだけで弾ききろうとしてるような印象を、ところどころで感じました。
荒削りというかなんというか、音が毛羽立ってて痛く感じることがしばしば。特に後半。
もっとも、ポップだったりロックだったり、アクションだったりシューティングだったり、スライムやおにいさんと戦ったりと、激しい曲や運指の難しそうな曲が多かったので、仕方ないところもあるのですが。
とはいえ、ほんの些細なところなので、全体的にはあまり気になりません。

そんなこんなで、週の半ばの平日でしたが、すこぶる楽しんだひとときでした。
がんばって足を運んだ甲斐がありました。

次回、11/3にコンサートが開催されるそうなので、ぜひ行きたいです。


以下、演奏曲ごとの感想になります。

-----

1. ドラえもん
まさか生音で聴ける日が来るとは、夢にも思いませんでした。
小学生の頃に少しプレイしたが全く歯が立たなかったのも、今となっては良い思い出。
兄や友人がプレイしているのを見てBGMを覚えたのも、今となっては良い思い出。

開拓編のトカイトカイ星の曲や、魔境編の後半ステージの曲は、いまだに曲を覚えていることに驚きつつ、懐かしくてうずうずしてきました。
まぁ、今プレイしても、クリアできる気は全くしませんが。

弦楽三重奏になったことで、どことなく優雅な感じ。
でも、あのゲームの雰囲気がかなり忠実に再現されていました。
あまりに綺麗に再現されていたため、幼い頃の記憶が刺激されて、本当に懐かしくてどうしようかと。

2. ドラゴンクエスト2
弦楽三重奏版「この道わが旅」が特に素晴らしかったです。
ラスボス戦の曲の後の「この道わが旅」のしっとりした演奏に感動しました。

「Love Song探して」も良かったです。
メモったふっかつのじゅもんが間違っていたときのトラウマが、いい感じに呼び起こされました。

それと通常戦闘曲には、手に汗握るような興奮を覚えました。
弦楽三重奏でも、オケに引けをとらない迫力。
室内楽+サロンという小規模だからこその、ホールでは味わえない、音が直線状に吹っ飛んでくるような迫力でした。

3. ファンタジーゾーン
原曲のポップさが、弦楽でも見事に再現されていました。
昔プレイしたときは1面をクリアするので精一杯だったので、その先の曲はあまりよく知らないのですが、どこかで聴いて妙に耳に残っていたラスボス曲「YA・DA・YO」が聴けて満足です。

4. MOTHER
これはもう、なんというか、いろいろ反則技レベルでした。
原曲の電子音ですら泣けるのに、ただでさえ涙腺を刺激する弦楽器の音で「Eight Melodies」なんて演奏された日には、泣くしかないです。
クイーンマリーの城の曲~「Eight Melodies」~エンディングの流れは、本当にやばかった。

もちろん他の曲も良かったです。
「Pollyanna」は、いつ聴いても名曲です。
弦楽三重奏というシンプルな編成ゆえに余計な音がなかったため、原曲の良さがそのまま表現されていたような気がします。

ホーリーローリーマウンテンの曲やロックな戦闘曲のような激しい曲もしっかり再現されていて、胸が熱くなりました。

MOTHER、もう一回プレイしたくなってきた。

アンコール. スーパーマリオブラザーズより「地上BGM」ほか
1面の最初のクリボーは、個人的には最凶の敵です(←どーでもいい

「時間を押しているので、1面をさくっとクリアします」ということで、地上BGM~無敵~旗到達クリアをさくっと演奏。
ちょっと演奏が駆け足気味のような感じもしましたが、安定のスーパーマリオでした。
できれば、地下BGMと時間制限が迫っているときの曲も入れて欲しかったなぁ。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック