[ゲームEV] テイルズ オブ フェスティバル 2012

6/2, 3に、NBGIのRPG「テイルズオブ」シリーズの祭典「テイルズ オブ フェスティバル 2012」(以下TOF2012)が開催されたので、行ってきました。
今年は、ちょっと訳あって両日参加でした。
訳と言っても、そんな大層な訳ではないのですが。

会場は、横浜アリーナ。
11,000人収容可能な席が、両日とも全席埋まっていました。

イベント内容は、ひたすら「テイルズオブ」シリーズ尽くし。
声優によるスキットあり、トークあり、関連楽曲のライヴありと、盛りだくさんの内容。
今年は内容盛りだくさんだったらしく、公演時間は4~5時間でした。
初日は時計ちゃんと見ていなかったからわかりませんが、2日目は15:30開演で、終了したのは20:30ちょっと前でした。
イベント一回で5時間弱とか、これが最近の流行なんですか?
ちょっと長過ぎる気がしました。

「テイルズオブ」シリーズ尽くしとはいえ、キャラクターが特徴的なため、ひたすら笑いが満載です。
真面目なコーナーは、新作発表とライヴぐらいでしょうか。
他は結構グダグダな感じで進行が進んでいくのですが、そのグダグダ加減も楽しかったです。

ちなみに物販ですが、今年は物販へは行きませんでした。
ただ、午前中、会場後、公演後全ての時間帯で、ものすごい行列が出来ていました。
それを目にした時点でお腹いっぱいでした。
パンフだけちょっと欲しいので、通販に期待。

「テイルズオブ」シリーズの祭りなので、「テイルズオブ」シリーズをある程度知っている方にはオススメです。
全部知っている必要はないですが、ある程度知っている必要があります。


以下、各公演についての雑感になります。

うまくまとめられる自信がないので、過剰書きで。


■初日公演
TOI-Rの招待枠で入場しました。席は、ステージ向かって左側の、ステージのすぐ脇のブロック。
ちょうどステージ端が正面に来る位置だったため、出演者の方が間近に来られることも。

[司会者紹介]
・総合司会の小野坂さんと司会の小西さんが、それぞれの役のコスプレで登場。
・もう一人の司会の中原さんは、普通の格好でした。
・中原さんの司会進行のばっさり加減が、気持ちよいくらいのばっさりでした。

[スペシャルスキット(テイルズの鉄人)]
・ティポがものすごく良いツッコミ役。ボケをちゃんと拾って、鋭く返してくれる。毒舌だけど、そこが良い。毒舌だけど。
・エリーゼ、かわいいな・・・。
・ルークの「俺は、悪くねぇ!」大合唱は、TOFの定番です。
・ナイフ使いのアンジュがいたため、長髪ルークは簡単に短髪ルークに。
・しかし、長髪ルークと短髪ルーク、性格変わり過ぎだろww
・アンジュの腹黒っぷりは、ゲーム以上でした。
・ジェイドの登場が、テラ子安というよりも、ただの素の子安さん。
・スキット中のジェイドの鬼畜陰険眼鏡っぷりがゲームのまんまで、なんだか安心した。
・フレンの舌と胃は、一度医者に行って交換してもらった方がいいレベル。
・まさかのシークレットゲスト、ユーリ登場。
・ユーリ登場時の観客席の歓声がものすごく大きくて、ユーリの人気を実感した。
・ユーリとフレンの合体秘奥義「武神双天クレープ」ってなんぞ!? ぶっちゃけ、二人でクレープ作っただk(げふん

[出演者紹介+フリートーク]
・池澤さんのティポ着ぐるみ、次回期待します!

[最新情報公開コーナー]
・TOX2の情報初公開。
・本当に完全新作を期待していたんだけれど、続編か。ちょっとがっかり。
・今回公開された情報を見る限りでは、しばらく様子見かな。

[第6回キャラクター人気投票(ミニランキング)]
・「弟妹部門」と「マスコット部門」の発表。
・「弟妹部門」1位はエリーゼ。スペシャルスキット見た後だったので、すごく納得。
・「弟妹部門」10位のユーリは、ツッコミどころしかない。
・「マスコット部門」1位は、前回に引き続きラピード。
・ラピード役の石井さんがTOFに参加される日は、果たしてくるのだろうか。参加されるなら、それはそれですごく見てみたい。

[テイルズ オブ ゴールデンビクトリー]
・内容は、小野坂さんと子安さんの進行による、後輩いじりのコーナー。
・くじにより決定した2名(進行の2人除く)が登壇し、サイコロで決めた場所でお題をこなすというもの。
・場所は、左(ステージ左端の客席近く)、右(ステージ右端の客席近く)、センター(アリーナのど真ん中のステージ)から選択。
・お題は「(キャラになりきって)セリフ披露」や「(キャラになりきって)技名披露」など。

・1組目は、下野さんと堀中さん。センターで、技名披露。
・下野さんも堀中さんもほんわかしたキャラのため、なんだか癒されました。
・予想通り、下野さんが進行の2人にひたすらいじられることに。
・しかし、お腹が痛いときの「魔王獄炎波」は、さすがプロの声優という感じ。

・2組目は、宮野さんと緑川さん。ステージ左側で、セリフ披露。
・すごい組み合わせでした。しかも、自分のいた席の目の前だし。興奮せざるを得ません!
・緑川さんは、淡々と無難にクリア。
・宮野さんは、自分で墓穴掘りまくって進行の2人の怒り(?)を買い、2度ほどダメ出しを食らうような無理難題を押し付けられることに。それにしても「法が間違っているなら・・・」っていうシリアスなセリフの前に、どうして「お餅はやっぱり・・・」が入ることになったんだろう。
・しかし、3テイク目(多分)で披露された宮野さんの迫真の演技は、とんでもなく素晴らしかったです。進行の2人も、「そこまでするかっ!」といった感じで唖然としていた様子。

・3組目は、福山さんと名塚さん。ステージ右側で、セリフ披露。
・名塚さんは、小野坂さんから若干セクハラ紛いの要求をされていましたが、ほぼスルー。
・福山さんは、2組目の宮野さん以上のいじられっぷり。
・しかも、最後の最後に地雷踏んで、進行から徹底的に無視されてしまうことに。

・その後、3組目の福山さんと小西さんが下克上。
・小野坂さんと子安さんが、口説き文句を披露することに。ただし、キャラはガン無視。
・子安さんの「お前のことは好きじゃない。大好きなんだ」で、会場内が黄色い声で満たされました。

[ライヴ]
・初日のライヴは、冒頭にBONNIE PINKさん、休憩直後にFUNKIST、ゴールデンビクトリー後にmisonoさんが登場。
・BONNIE PINKさんの「鐘を鳴らして」の生歌披露に感動。
・他のアーティストさんについては、申し訳ないが毒しか吐けないので割愛。
・予算の都合もあるのだろうけれど、スピンオフ作品のテーマソングばっかりで知らない曲の方が多いのがちょっと。スピンオフ作品のテーマソングを複数やるより、マザーシップタイトル(メディアミックス作品含む)のテーマソング1曲の方が、俺はうれしい。
・あと、アーティストによっては音がデカ過ぎて、耳と心臓痛い。

[終幕挨拶]
・個別挨拶の際、トップバッターの緑川さんが、ゴールデンビクトリー時の子安さんのセリフのアレンジを披露してしまったものだから、その後の流れがあやしいものに。
・各人が、挨拶の後に必ず「(客席に向かって)大好きだ!」的なセリフを言うことに。
・客席側としては、もうお腹一杯過ぎてはち切れそうでした。ごちそうさま。
・フレン(宮野さん)だけは、なぜかユーリ(鳥海さん)に告白していました。ごちそうさま。


■二日目公演
[スペシャルスキット(ミラ雪姫と7人の小人たち・前編)]
・去年のスキットは桃太郎だったけれど、今年は白雪姫か。
・語り部のゼロスが、似非森本○オ。
・生「トロピカルヤッホー」頂きました。
・姫(=ミラ)が超男前w
・小人A~Hの7人は、すごく声優の無駄遣いw
・小人H(=アルヴィン)があからさまに怪し過ぎw
・まさかのガイアス登場。民のために、グダグダな台本をガイアス自ら改訂してやり直すことに。
・そして、後編へ・・・。

[出演者紹介+フリートーク]
・杉田さん、本当にゲーム好きなんだなぁ。語り出したら止まらないんじゃないかって勢いで、歴代テイルズについて熱く語ってたのが印象的。しかし、熱く語っていたわりに表情がほぼ変わらなかったのも印象的。

[最新情報公開コーナー]
・初日で公開された情報と99%同じでした。
・さすがに2日連続で同じ内容は、少し飽きる。

[第6回キャラクター人気投票結果発表]
・TOX勢が入ってきて、5位以下の順位が随分変動があったような気がする。これまで10位圏内にいたキャラが、軒並み順位が下がっていた。
・おっさん(レイヴン)、14位かぁ・・・随分下がっちゃったなぁ・・・。レイヴン好きとしては少し寂しい。
・敵キャラなのに29位に食い込んでいたガイアスは、結構すごいと思う。敵キャラランキングなるものがあったら、トップじゃないか?
・初参戦のTOXキャラのうち、一番最高位はアルヴィン(5位)。正直、ミラ(6位)やジュード(10位)より上だとは思わなかった。
・1位~4位は前回と同じ。5位でアルヴィンが発表された時点で、先が読めました。
・3回連続1位のユーリと、常に1~2位のリオンは、次回から殿堂入りとなるそうな。順当に行くと、2回連続3位のアスベルが1位となるハズだけど、ユーリ票とリオン票がどこに動くのかってのも重要なファクターになりそう。
・29位で登場したガイアス役の置鮎さんのフリーダムっぷりも注目。

・同時に発表された「コンビ部門」は、前回同様にユーリ+フレンが1位。
・上位10組の多くは、同一ゲーム内のコンビ。
・コンビ部門を設置した運営側の意図がどうなのかわからないけれど、異なる作品のキャラでコンビ結成とか、条件付けた方がいいんじゃないかと思う。

[スペシャルスキット(ミラ雪姫と7人の小人たち・後編)]
・「ミラ雪姫」改め「ジュド雪王子」の語り部がガイアスとアルヴィンとか、事件フラグと裏切りフラグの何者でもない。
・語り部ガイアスが、既にガイアスではないw
・語り部アルヴィンも、既にアルヴィンではないw
・7人の小人は森の動物に変更。レイヴンはカラスなのね、ってそのままw
・リオンだけは小人のまま。前編で「背が小さい」と弄られまくってたのは、ここに係っていたのか。
・まさかのケルベロス(@TOI)登場。そういえば、ケルベロスの中の人、沢城さんだった。
・ケルベロス、可愛すぎだろ。なんだあの可愛い生き物。
・アルヴィンが裏切って、ガイアス退場。さすが、裏切りキャラ。
・レイヴンが舞台からはけたと思ったら、シュヴァーン登場! この時の歓声は、レイヴン以上に大きかったような。
・シュヴァーンの任務って、やっぱりアレクセイの我侭命令なのね。
・シュヴァーンとアルヴィンって、裏切り者コンビじゃないか! と熱くなっていたら、アルヴィンがあっさりシュヴァーンを裏切る展開に。早いな裏切るの。
・オリフィエルはほんのちょっぴり声だけ登場。あーそうか、杉田さんだったか。
・そして、ディムロス(剣)登場。ちょwww
・アルヴィンのぼこられっぷりが、去年のシュヴァーンを見ているようでした。
・アルヴィンのアドリブ(?)がゲーム心をくすぐるネットスラング(「アルヴィンのライフはもう0よ!」など)で、うれしい演出。うまいな、アドリブ・・・アドリブ、だよなぁ?
・最終的には、アルヴィンが良いところを持って行った後でのジュードオチ。

[終幕挨拶]
・沢城さんが、TOX2の秘密を盛大に暴露。しかし、本人は何がヤバかったのか気付いていない様子できょろきょろしていて、代永さんの挨拶中に杉田さんに教えてもらっていた。
・TOV組は仲良いな。というか、たけぽんと鳥海さんが、去年の2日目昼公演時と同じようなことを繰り広げていた。
・緑川さんの挨拶では、観客が一斉に「光、愛してる!!」と叫ぶことに。なんぞこれ?w
・でも、緑川さんなら許せるww
・最後は、小野坂さんの音頭による「ビバ☆テイルズオブ!」で終了。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック