[GMCD] Beer SQ

スクウェア・エニックス(主に旧スクウェア)のゲーム音楽のアレンジシリーズ「SQシリーズ」から、「Beer SQ」が発売されたので購入。
「Beer SQ」と同時発売の「Battle SQ」と同様に、こちらも初回限定版を購入。
初回限定版は本編ディスク1枚に特典ディスク1枚が付いた、計2枚。
通常版は本編のみのようです。

収録曲数は、本編8曲+特典ディスク3曲の計11曲。
なお特典ディスクは、本編未収録曲1曲+「SQ Party Level.3」のデータが2曲です。
再生時間は、本編ディスクで40分。かなり短いです。

アレンジ元ゲームは、FFを筆頭に、クロノ・トリガー、聖剣伝説3、LIVE A LIVE、SaGa Frontier 2(+特典ディスクにUNLIMITED:SaGa)と、「Battle SQ」と比べメジャー作品が多め。
曲もメジャーな曲が多いような気がします。

全体の曲調は、「Beer SQ」の名が示すようにバーやパブでかかってそうなジャズっぽい曲。
と言いたいところですが、そうしようとして途中で挫折してるような曲もちらほら。
ビールに合わないんじゃないか、これ? という曲もあるようなないような。
アルコール一切飲まないので、飲酒するときに聴きたい曲というものがどういうものなのか、俺にはわかりませんが。

アレンジの強さは、強めの曲もあり弱めの曲もあり、といったところ。
聖剣伝説3の「Can You Fly Sister?」はアレンジが強過ぎて、最初全然原曲が思い浮かんでこなかったです。
LIVE A LIVEの「WANDERER」も同様。
ちゃんと集中して聴いて、ようやく「そういえばこんなフレーズあった」と納得するくらいの、アレンジの強さでした。
一方で、原曲が色濃く残っている曲もあります。
アレンジャーが曲によって異なるので、アレンジ強度はアレンジャーの好み次第なのでしょう。

個人的には、サガフロ2の「Roman & Vorspiel」ぐらいのアレンジが好み。
メロディラインがしっかり残っていて、でもちゃんとアレンジだと分かるぐらいのアレンジが好きです。

「Battle SQ」に比べしっとりした曲になっているので、アレンジ聴きたいけれど激しいのはちょっと苦手という方にオススメです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック