[ゲームRev] ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ

PS3/Xbox360で発売されたACT「ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ」(以下P4U)のストーリーモードを、全キャラクリアしました。
プレイ時間は、1キャラあたり1時間半~2時間半ぐらいで、全キャラ制覇に25~30時時間ぐらい。
思っていたよりボリュームがありました。

「ペルソナ4」という名前を冠していますが、中身はRPGではなくACT、それも格闘ゲームです。
ACTが大の苦手な俺がよりにもよって格闘ゲームに手を出したのは、「ペルソナ4」の後日談が描かれるからというのもありますが、一番の理由は初回限定版のサントラでした。またか俺。

とはいえ、スーパーマリ○ブ○ザーズの最初のク○ボーが強敵過ぎて倒せないというくらいアクション下手な人でも、難易度調整すればなんとかなるくらい、間口が広く取られています。
パンチ連打でもコンボが繋がるので、それなりの爽快感も得られます。
ちなみに、俺は全て難易度をEASYにして、弱パンチ連打で最後までプレイしてました。
ダッシュとかジャンプとか、そんな高度の技は出せません。
ボコスカアタックとか、フィニッシュ技とか、俺にとっては異次元ワードです。

そんなこんなで、公式サイトでエリザベスさんに「ネタバレしたら”死の呪い”」と言われていますが、全く怖くなかったり。
ワンモアキャンセルもバーストも出し方がわからないから、間違えようもないし。
「ボコスカアタックを目にするとしゃがんでしまう」に至っては、ネタがわかりません。
そんなダメプレイヤーですが、ストーリーモードのクリアはできます。

ストーリーモードのストーリーですが、完全にP4の後日談です。
なので、P4プレイ済み推奨。
P3キャラも参戦している関係上、P3もプレイ済みの方が良いです。

キャラクターセレクトで選択したキャラ視点で、AVGのようなテキストを読み進めていくことが大半になります。
その流れの要所要所で、格闘ゲームが挟み込まれているような感じです。

物語自体は、ネタバレを回避のため詳細は語れませんが、全体的に「へー、ほー」という感じ。
P4ほどの重厚さはないけれど、格闘ゲームにしては深かったような・・・格ゲーはプレイしないので、P4U以外の格ゲーがどんなもんかわかりませんが。
あと、キャラクターの掛け合いが所々で面白くてツボでした。花村ルートの鳴上との会話とか。

最初にプレイしたキャラクターのシナリオは、結構楽しかったです。
が、一部キャラクターを除いて、どのキャラクターを選択しても基本的なストーリーの流れは変わらないため、さすがに3回、4回とプレイしていると、だんだん飽きてきます。
キャラクター同士の掛け合いや葛藤を見せることで、マンネリ回避しようと頑張ってる雰囲気はありましたが、やはり難しかった様子。

プレイしていて面白かったのは、完二ルートとクマルート。
他のシナリオがわりと真面目な話だったのに比べて、完二ルートは最初からバカっぽくて楽しかったです。まさにバ完二。
クマルートも、あのクマの天真爛漫さが繰り出すボケとツッコミが、気分転換には良かったです。
完二とクマは、別キャラをいくつかプレイしてから選択すると、面白さを分かってもらえそうな気がします。

なお、レッスンモードとストーリーモード以外は、ほぼプレイしてません。
弱パンチ連打しかできない人なのにネットワーク対戦なんて、恐れ多くてとてもとても。

格ゲーやACT苦手な人でもプレイできるような親切設計に助けられつつ、格ゲーに縁のない自分でも結構楽しめた作品でした。
楽しめたんですが、次回作も格ゲーなのはちょっと・・・。
いっそ、ストーリーで直球勝負するAVG希望。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック