[ゲームRev] ペルソナ4 ザ・ゴールデン

PS VitaのRPG「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」を真EDクリア。
難易度はNORMAL。プレイ時間は約123時間。
クリア時のPTのレベルは、ほぼ全員99。
12月の時点で主人公他4人ほどがLv99カンストしていました。

本作は、PS2の「ペルソナ4」をPS Vitaに移植した作品になります。
が、単純な移植ではなく、かなりの追加要素が加えられています。

個人的に一番大きな追加要素は、足立コミュでした。
PS2版プレイ時に心の底から切望した足立コミュが、P4Gで念願叶って軽く発狂しかけました。
前半のコミュシナリオは、素晴らしくウザかったです(←褒め言葉
そして後半。12月以降の追加イベントとか、P4Gで追加された○○○EDとか、3/20の手紙の追加部分とか、本当に開発スタッフGJです。

もう一つの追加コミュ、マリーコミュも良かったです。
最初、ちょっとアクの強いツンデレに「なんだコイツ」と苦手意識が勝っていたのですが、真ED2の後日談の斜め上っぷりにあっさりやられました。
なんなんだあの娘、つつくと意外と面白いぞ。

それ以外の既存コミュシナリオは、PS2版と同じだったと思います。

コミュが追加されたことで、ペルソナも追加されています。
ペルソナのデザインは、一部「デビルサバイバー2」で見たものがちらほら。

メインストーリーは、PS2版とほぼ同じ。
追加された1, 2月分のシナリオ以外、大きな違いはありません。
というわけで、プレイ時間が120時間越えしていますが、これでもメインストーリーはさらっと流したつもり。
PS2版を3周ぐらいプレイしていて、さらにアニメも全話試聴済みなので、今さらじっくりやる気はあまりなく。
あ、例外的に12月だけはじっくり堪能しました。いつプレイしても、12月は外せません。

PS2版では12月が終了すると3/20まですっ飛ばされたのですが、P4Gでは1, 2月分イベントが追加。
さらに、ダンジョンが一つ追加されました。
とはいえ、追加ダンジョンは他のダンジョンと比較にならないほどクセが強いので、あまりじっくり堪能する気が起きず、さくっとクリア。
正直、ちょっと面倒くさいダンジョンでした。

追加イベントは、この他にもざくざく。
海水浴や花火、ジュネス屋上ライブ、正月、スキー旅行やバレンタインなど、かなりの数のイベントが追加されています。
ここまで追加されていると、移植のレベルを超えているというか。

日常にできることも増えています。
これまでは釣りや読書、バイトぐらいでしたが、川釣りに加えて海釣りが可能になり、さらに家庭菜園、虫捕りまで。
コミュも増えて、日常にできることも増えて、主人公のリア充っぷりもうなぎ上りです。
さすがに忙し過ぎだろ主人公。少しは休め。

釣りといえば、釣りシステムがPS2版と変わっていて、難しくなっていました。
アナログコントローラの微妙な動きが必要になり、神経を使うシステムになっています。
連打ゲーだったPS2版は楽だったなぁ、と思い馳せることも少なくありませんでした。特に、海ヌシ様釣りの時は。

ダンジョン探索やバトルシステムは、基本PS2版と同じかと。
ただ、ダンジョンをうろついてるシャドウが可愛くなくなったのが、ほんのり残念です。
PS2版のダンジョンにいた、ふわふわ浮いてる丸いシャドウが何気に好きだっただけに。

あと、ネットワーク機能を用いた救援信号システム。
最初の頃はかなりお世話になりましたが、後半、りせのペルソナが育ってきたあたりから、ほとんど使わなくなりました。
また、P4Gプレイヤーの少ない時期にプレイ開始したためか、救援信号を呼びかけても1人か2人ほどの返信しかなくて、密かに切ない思いをしたこともしばしば。
この救援信号、今後日が経つにつれて、あまり意味を成さなくなっていくんじゃなかろうか。

元々メインストーリーが面白い作品なので、アニメから入ったプレイヤーには無条件でオススメです。
追加要素がこれでもかっというほどに盛り沢山なので、PS2版でハマったプレイヤーにもオススメの作品になっています。
自分自身、PS2版もそれなりにやり込んだつもりでしたが、それでもP4Gはかなり楽しませてもらいました。

でも、一周100時間越えしてると、2周目プレイはちょっと躊躇ってしまうところ。
刈り取るものから最強の武器・防具を巻き上げたり、最強のボス戦や2周目以降限定ペルソナなど、P4Gで改めてやってみたいことはあるんですが。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック