[ゲームRev] ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー

3DSのRPG「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー」(以下BDFF)を、終章、真終章までクリア。
プレイ時間は、終章クリア時点で80時間ぐらい。真終章クリア時点で105時間ぐらい。
途中でバトルとジョブLv上げが楽しくなって馬鹿みたいにLv上げしていたため、こんなプレイ時間になってしまいましたが、普通にプレイしていればもっと短いと思います。
なお、クリア時のLvは、終章クリア時で89前後、真終章クリア時でMAXの99でした。
これくらいで、どちらもラスボス楽勝でした。
どれくらい楽勝だったかと言うと、戦術とか深く考えずに突っ込んでも勝てるレベル。

宣伝文句にもなっているように、すごく王道なファンタジーRPGでした。
ターン制バトルシステムも、ランダムエンカウントも王道。
シナリオも、基本的に熱さと苦悩・葛藤、謎が入り混じった王道路線。
何から何までほぼ王道なだけに、逆に迷うことなく安心してプレイできた気がします。
一時期、王道路線ってだけで低く見られる風潮があったけれど、ちゃんと丁寧に作り込まれていれば、そんなの関係なく面白い作品ができるという、一つの証明とも言える作品です。

とはいえ、全てが全てありきたりなシステムかと言えば、そうでもなく。
新しいシステムの筆頭は、バトルの「ブレイブ」と「デフォルト」かと。
要するに、攻撃アクション回数の前借および貯蓄するシステムです。
バトルではBP(ブレイブポイント)というものがあり、「ブレイブ」するとBPが-1される代わりに攻撃アクションが1回増え、「デフォルト」すると攻撃できない代わりにBPが+1されます。
プレイ開始直後はこのシステムになかなか慣れなかったのですが、慣れてきたら戦術の幅が色々広がって、手放せなくなりました。
面倒くさい雑魚キャラは「ブレイブ」で攻撃アクションを前借りすれば1ターンで一掃できたり、ボス戦はBPを溜め込んで一気に攻撃したり。
非常に面白いシステムでした。

もう一つのBDFFの代名詞とも言えるシステム「ジョブシステム」は、FF5のジョブシステムとほぼ同じでした。
歴代FFシリーズでおなじみのジョブが多数出てくるので、そのあたりもFF5を彷彿とさせられた理由でしょう。
しかし、これが面白い。
各ジョブの特徴の方向性がどれもかなり異なるため、あのジョブはどんなものなんだろう、今度このジョブを試してみよう、となかなか興味が尽きず。
気がつくと、夢中になってジョブLvを上げていました。
プレイ時間が100時間以上にかさんだ理由は、このジョブシステムにあります。

一方、シナリオについては、全体的に王道ファンタジーでした。特に前半とラストが。
最近のRPGによく見られるような、奇をてらいすぎてプレイヤーを置いてけぼりにする小難しく意味不明な単語は、ほとんど出てきません。
一回見聞きしただけで状況が容易に理解できるくらい、プレイヤーに優しい展開です。
あえて覚えなければいけない単語をあげるとしたら、人名と地名ぐらいでしょうか。

とはいえ、王道に見えつつ所々にちょっとした捻りがあって、そこは新鮮さを感じました。
冒頭で、アニエスの旅にティズが同行したいと告げたとき、最初拒否されたところとか。
「え、そこで拒否られるの!?」と軽く衝撃を受けたことは、クリアした今でも忘れられません。

また、ARやともだち登録など一見無意味に思えた機能が、実はシナリオに組み込まれていたあたりも、驚愕した点でした。
しかし、一番の衝撃は、終盤のシナリオ分岐。
あの衝撃たるや、ここ最近プレイしたゲームの中でも最大級。
某キャラクターの台詞どころか、タイトルにまで含まれていた伏線が一気に収束し、深く合点がいったと同時に目が覚めるような衝撃は、しばらく忘れられそうにありません。
ただ漫然とプレイしていただけでは味わえない、勇気を出して行動した者にしか味わえない衝撃。
それを味わうためにも、最初は攻略サイトなどを見ないでプレイして欲しいです。
でないと、非常に勿体ない。

余談ですが、このBDFFのシナリオを手がけたのが5pb.の林直孝さんだからか、「タイムリープ」とか「ダイバージェンス」とか某ゲームでおなじみの単語がちらほら出てきて、その度にニヤニヤが止まりませんでした。
ジョブや魔法にFFっぽさが残っているのは、制作がスクエニだからわかるのですが。

もう一つ特筆すべき点は、なんと言っても音楽。
どの曲もすごく良い曲です。オケ調+ロック調で、重厚かつ熱い。
OSTのレビューで詳しく書きたいのでここでは簡単にしか触れませんが、とにかく音楽良過ぎ。
どの曲も、一度生で聴いてみたいです。

王道のようでいて、斬新なところもある、このBDFF。
とにかく面白かったです。
王道好きはもちろん、RPGが好きな人であれば誰にでもオススメできる作品です。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック