[GMCD] Linked Horizon / ルクセンダルク大紀行

Sound HorizonのRevo氏の別名義Linked Horizonのアルバム「ルクセンダルク大紀行」を聴き込み中。
初回限定盤なので全13トラック。総再生時間は71分になります。

収録曲に関する通常盤との違いは、

・通常盤にはないボーナストラック「ピコピコ戦闘曲メドレー」+ジングル的なインスト曲収録
・通常盤にはある「戦いの鐘[Long Version]」が未収録

通常盤にあって初回盤にない曲が存在することを、今さっき知りました。
CDのキャパシティの問題で、ボーナストラックを収録するには1曲削らざるを得なかったんでしょうが、初回盤の有利性が失われてるようで少し不満。
コンプするならどっちも買えってことでしょうか。むぐぐ。
それなら、初回盤=通常盤+ボーナストラック収録の別添CDにして欲しかったです。

収録曲に関する不満はともかく。
収録されている曲は、3DSのRPG「ブレイブリーデフォルト」(以下BDFF)のBGMのボーカライズもしくはアレンジ曲になります。
Sound HorizonやRevo氏の曲はアルバム1枚+シングル2枚しか聴いたことがないので、このCDはBDFFのアレンジ盤という位置付けで捉えています。
そんなわけで、「Sound Horizonの曲と比べて云々」とは語れません。
語れないけれど、良曲を『良曲』とは語れます。

ボーカライズにしろアレンジにしろ、原曲の雰囲気がかなり強く残っています。
ボーカライズは、原曲にボーカルが乗ったような感じ。
アレンジは、原曲のロングバージョンといったところ。
どちらも多少オリジナルのフレーズがありますが、あまり気にならない程度です。

聴く前は、原曲があまりに素晴らしかったので、そこにボーカルが乗ることに多少の不安もありました。
最初の1ループ目は、やはり多少の違和感は否めませんでした。
しかし、3ループ目あたりから慣れてきて、今ではスルメ曲になっています。
原曲が神がかっているから、スルメ曲になるのも致し方ないというもの。

ボーカライズ曲の歌詞は、ゲームのシナリオとかなりリンクしています。
なので、ゲームプレイ済み推奨です。
ゲームプレイしていなくても、ある程度は想像力で補完できそうですが、ゲームプレイ済みであれば、歌詞が描く物語に容易に浸れるのではないかと。
まぁ、「純愛 十字砲火」は、ゲームプレイ済みであってもなくても、問題なく聴けそうですが。

ゲームクリア済みの身としては、特に必殺技曲「君は僕の希望」「風の行方」「雛鳥」「愛の放浪者」と、街の曲をメドレーにした「ルクセンダルク紀行」の歌詞は、ゲームプレイした上で噛み締めて欲しいところ。
歌詞では表現しきれない深いものが、ゲームで描かれているので。

ちなみに、歌詞にネタバレは・・・あるようなないような?
「この部分が、これがあれでそういうわけだからネタバレ」って説明しなければ気付かない程度かな。
なので、深読みしなければ、ないと思います。たぶん。

ボーナストラックの「ピコピコ戦闘曲メドレー」は、BDFFの戦闘曲をファミコン風のピコピコ音にしてメドレーにしたものです。
戦闘曲は、通常戦闘曲からラスボス戦曲までほぼ網羅(必殺技曲除く)。
しかし、尺の都合でしょうか、各曲の1部分だけ抜粋されてピコピコ音アレンジされています。
まぁ、各曲フルでピコピコ音にしてメドレーにしたら、15分あったって足りないでしょう。
真終章のラスボス戦曲なんて、1ループ6分以上あるし。
8bit音が特別好きというわけではありませんが、うまくピコピコ音アレンジされていて、聴いていてたぎりました。
BDFFの曲はどれもメロディラインが立っているから、ピコピコ音にしても熱さは変わらないです。

BDFFのアレンジ盤ともいえる、この「ルクセンダルク大紀行」。
原曲の雰囲気をそのままに、良曲を良曲のままアレンジされています。
BDFFの曲が好きな方も、または熱くたぎる曲が好きな方にもオススメです。

ちなみに、ミニアルバムの「ルクセンダルク小紀行」(BDFF盤)も同時に聴きましたが、そっちも同様にオススメです。
大紀行と小紀行で被っている曲は、「希望へ向う譚詩曲 [Long Version]」のみかな。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック