[本] STEINS;GATE 永劫回帰のパンドラ

2012/12/29(土) 21:22:38 | カテゴリ:
たきもとまさし「STEINS;GATE 永劫回帰のパンドラ」(MAGES.)読了。
本日より3日間開催されるコミックマーケット83で、先行販売されたものをゲットしました。

今回もあらすじは割愛。
ゲームのトゥルーEDルートや前作のネタバレに触れそうだからです。
公式サイトにあらすじが掲載されているので、そちらを参照してください。
決して、冬コミに始発から参加して疲れきってあらすじ書く気力がないとか、そんな理由じゃないんだからなっ。

本作は、秋に発売された公式外伝小説「STEINS;GATE 閉時曲線のエピグラフ」の続きになります。
当然、ストーリーは前作を読んでいることが前提です。
前作を読んでいないと、Amadeusや比屋定真帆などゲーム本編にはなかった要素で躓いて、初っ端から話の内容についていけないと思います。

「パンドラ」のストーリー構成は、大きく分けて2つのパートに分かれます。
サスペンス色の強いオカリン・真帆パートと、ラボメン+αの人間模様が綴られているダル・鈴羽パート。
それらが交互に語られているような感じです。
今のところ、その2パートはそれぞれ独立して動いていて、あまり接点がないように見えるのですが、そこは次巻に期待かな。

全三巻予定の第二巻だから、「エピグラフ」で撒いた種を育てるのが「パンドラ」の役割かと思っていたのですが、あまりそうでもなかったような。
公式サイトのあらすじではAmadeusが超重要アイテムっぽく書かれていたけれど、むしろ別のものの方が重要アイテムとして目立ってました。
また、前作終盤のあの事件についても、あまり触れられず。
なんというか、「エピグラフ」で撒いた種を育てるフリをして、「パンドラ」でも別の種を撒いて自家栽培しちゃったよう感じ。

この話の流れを次巻で収束させるのでしょうけれど、撒いた種の量を考えると、ちゃんと回収できるのかが少し不安。
もし綺麗に回収できたなら、コンバインで収穫するかのごとくの怒涛の展開になりそう。
なので、次巻に関しては期待半分、不安半分です。

ただ、すごく先の気になる展開で終わってるので、そこは気になって仕方がないです。
あのシュタゲらしい展開には、内心「キターッ!」と一気に興奮しました。
次巻はよ。


ついでに、付属のドラマCD「人工械機のパンデミア」についてのレビューも。

録り下ろしのドラマCDの内容は、Amadeus上に構築されたラボメンガールズ+比屋定真帆のAIでいろいろ遊んじゃおう、というもの。
全編通してコメディです。
再生時間は、約35分。

今回は、ダルの凄まじい活躍っぷりが注目点かと。特に前半。
ダル、本当に良いHENTAIキャラだなぁ。
中の人が、現在OA中の某「サイコ○ス」の主役級キャラと同じ人だということに、すごいと思う反面、若干複雑な気分でもありますが。

前作「エピグラフ」付属のドラマCD「斜影曲面のエピキタシー」と同様に、この「人工械機のパンデミア」も「パンドラ」とは全く関係ない内容です。
ついでに、「斜影曲面のエピキタシー」との繋がりもほとんどありません。
あるとすれば、真帆が普通にラボメンの中に混ざっているくらい。

ちなみに、「パンドラ」のシリアスっぷりが吹き飛ばされるほどのコメディタッチなので、「パンドラ」読了直後に聞くのはあまりオススメしません。
むしろ「パンドラ」読む前に聞いた方がいいかも。
特にオカリンのギャップが激しくて、「パンドラ」読了直後にドラマCD聞いたとき、あまりのテンションの差に少し戸惑いを覚えました。

以下、ドラマCDの感想を箇条書きします。

・ダルのリア充っぷり炸裂! ただし対AIに限る。
・まゆりの萌郁に対する百合セクハラ。
・紅莉栖の「ドHENTAI!」は、我々の業界ではご褒美d(ry
・あれ、そーいやオカリン出てこないなぁ、と思ったら、いきなり出てきた!
・つか、どっから出てきた!?
・ダルにペナルティを考えさせるとか、普通に危険過ぎる。
・ダルのチート級のハイスペックには今さら驚きはしないけれど、さらっとAmadeusを起動できてしまうオカリンもそれなりにスペック高いと思う。
・オカリンの外道っぷり。
・ラフテー、おいしいよね。
・萌郁さんがすごく喋ってるΣ
・鈴羽の武器語りw
・オカリンって、冴えてる時とボケボケっぷりの差が激しい。分かりやすい罠に嵌められてるなぁ。


というわけで、この外伝小説も、予定では次巻「無限遠点のアルタイル」で完結のはず。
正直なところ、もう一巻増えるという世界線もあるんじゃないかと思っていたりするのですが。
ともあれ、ドラマCDともども、今後の展開が楽しみです。


これより下は、「永劫回帰のパンドラ」のネタバレトークになります。


オカリンは、素の状態だと普通に格好いいなぁと思います。
本作を読んで、その印象がさらに増しました。
優しいし、紳士だし。紅莉栖やダルほどではないにしても、それなりに頭脳明晰だし。

ダルも良いスーパーハッカー+良い父さん+良いHENTAIっぷりを発揮していて、好感度が急上昇しました。
メイクイーンのシーンと、オフィスで襲撃を受けたあたりシーンの、ダルの輝きっぷりが異常。

一方、萌郁さんのポジションは、あーやっぱりか、という印象。
β世界線上でも敵同士ってのは、やっぱり切なかったです。

椎名かがりについては、本作でもちょこっとしか触れられていなくて、結構やきもきしてます。
かがりの行方も素性も、今後の展開にどう絡んでくるのか。
「な、なんだってーっ!!」的展開になることを期待。

「中鉢論文」の元になった「牧瀬紅莉栖論文」がPCに残っている、という着眼点には、うまいところを突いたなと感心せざるを得ませんでした。
PCに残っていると言うことは、さらにその原型が紅莉栖の脳内にあるわけで、そうなると今後Amadeusの存在感が急上昇するのかな、と予想。
オカリンに、紅莉栖のPCは破壊できても、紅莉栖のAIを破壊することはできるのか、ていうところも気になります。
もしくは、身体を張ってAI紅莉栖を守ることになるのか?
まぁ、世界線変動率が変わったらしいし、そもそもそういう展開になるのかどうかもわかりませんが。

ラストのリーディングシュタイナー発動で終わる展開は、やられたの一言に尽きます。
これはもう、次巻が気にならないわけがありません。
どんな世界線に変わっているのか。何が原因で世界線変動率が変わったのか。
撒かれた伏線との絡みも気になります。

作中の時間がどうやら2010年12月あたりらしいというのは判明しましたが、オカリンは誕生日を祝ってもらえたのか、頭の片隅でチラッと気になりました。
・・・うーん、それどころじゃないか。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック