[ゲームRev] KINGDOM HEARTS Birth by Sleep

PSPのA・RPG「KINGDOM HEARTS Birth by Sleep」(以下KHBbS)のFINAL MIXではなく無印の方をプレイ。
とりあえず、主人公3人(テラ、アクア、ヴェントゥス)のシナリオを最後までクリアしました。
なんかラストエピソードなるものがあるそうなのですが、その条件を満たすために途中からやり直さなければならないと知った時点で、ちょっと力尽きました。

ちなみに、シナリオはテラ→ヴェントゥス→アクアの順にプレイ。
難易度は、テラのみスタンダード、他2人はイージー。
3人分のシナリオ全てクリアした時点でのプレイ時間は30時間弱でした。

俺のこれまでのKHシリーズ暦は、1, 2, CoMクリア済みで、他は未プレイといったところ。
BbSは発売時に妙に評判が良かったので気になっていたところ、昨年12月に廉価版が発売されたので購入した・・・わけでもなく。
ふと入ったBOOK OFFで1,500円だったので購入したのでした。

舞台が1よりも以前の話ということで、ストーリーはこれまでのKHシリーズの前日譚的な感じでした。
KH1や2に繋がる話もちらほらあって、クリア済みの身としてはそういうところでニヤニヤしながらプレイしていました。
この人ってこんなヤツだったのか、とか、だからアレがああなったのか、とか。

ただ、シナリオが全体的に幼稚な感じがして、あまり入り込むことができませんでした。
子供のヴェントゥスはともかく、テラやアクアといった良い年した人が、大真面目に「光の心が」とか「闇になんて負けない!」とか言い放っているのを見てると、どうにも背筋がむず痒くなってしまって、次第に居たたまれない気分になりました。
ラストエピソードまでプレイする気力が湧かない主な原因は、これです。
それと、話のノリはKH1, 2とそう変わりないのですが、KH1, 2に比べると中身の底が浅い気もします。

戦闘システムは基本的にKH1, 2を踏襲していたので、上手・下手はともかくとして、基本操作は最初からあまり戸惑うことなくプレイできたと思います。
その戦闘システムをベースに、CoMのデッキシステムの改良版が加わったような、そんなシステムでした。
最初デッキの操作方法が理解できなくて、Lvを上げて物理で叩いてどうにかしていましたが、2人目のシナリオをプレイするあたりからデッキの使い方を覚えて、それなりに使えるようになってました。
アクション性の強いシステムなので、強い技や魔法を使えるデッキは操作できた方が当然楽に戦えますが、デッキが使えなくても、Lvを上げて物理で叩けばどうにかなりそうです。

戦闘システムは飽きることなく楽しくプレイできました。
大量の敵に囲まれたところで大技ぶっ放して一気に殲滅できた時の爽快感がたまりません。
それだけに、シナリオはもう少しなんとかならなかったのかなぁ、と少し残念な気も。
これまでのKHを考えれば、まぁ、こんなもんかなとも思いもするのですが。うーん。

358/2は作業ゲーという話を良く聞くので、プレイしようかどうしようか迷っています。
3Dのシナリオはどんなんなんだろう。やっぱり、BbSと同じようなノリなんでしょうか。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック