[ゲームRev] 風ノ旅ビト

PS3のダウンロード専用ゲーム「風ノ旅ビト」をプレイ。
とりあえず、1周目のスタッフロールまで見ました。
1周目プレイに要した時間は、およそ2~3時間。

半年ほど前に体験版だけはプレイしていて、その時から最後までプレイしてみたいと常々考えていました。
が、積みゲー消化を優先して「風ノ旅ビト」を後回しにしていたら、あっという間に半年経過。
半年経つと、操作方法を忘れますね。
思い出すのに、少し時間が必要でした。

とはいえ、何をやってもOKな、自由度の高いゲームなので、しばらくコントローラをゴリゴリいじってるうちに、操作方法を思い出しました。
なんか、砂地を滑ったり、変な音出したり、札みたいなので飛んだり、着地に失敗してゴロンゴロンしたりするゲームだったなぁ、みたいな。

本作は、操作キャラをコントロールしながら、ところどころに遺跡っぽいものが見える広大な砂地を、ただひたすら先に進むだけのゲームです。
アクション性が強いけれど、それほど高度なテクニックは必要ないです。
超アクション下手な俺でも最後まで到達できたくらいなので、難易度は低めかと。
そもそもゲームオーバー自体がないっぽいです。
どんなに高いところから落ちてもゴロンゴロンと転がるだけで死なないし、敵っぽいヤツにタックル食らっても弾き飛ばされるだけ。
どんだけ丈夫なんだお前、と操作キャラに対して思ったことも、一度や二度ではありません。

まぁ、操作キャラが砂地をゴロゴロと派手に転がる様が面白くて、何度も高いところから落ちてもらってたりしましたが、そこはそれ。

ゲーム中、会話は一切ありません。
「次はあそこへ行け」みたいな指示もありません。
思わせぶりな遺跡が多数点在していますが、バックボーンが語られることもありません。
全て、音と映像から読み取って、脳内補完する必要があります。
そのため、プレイヤーの想像力・妄想力が試されます。

最初はコントローラを適当にポチポチ操作しながら、やれることを習得。
そのうち段々と、何をすべきなのかが見えてきます。
最終目標がなんとなく見えてきたあたりから俄然面白くなってきて、気がついたら一気にクリアしていました。
この辺のバランスというか、不思議な引力が魅力的なゲームだったと思います。
特に、中盤の遺跡群に突入するあたりと、雪山からラストにかけては、胸が熱くなる展開でした。
言葉はないけれど、感動しました。

あと、音楽がすごく良かったです。
なんとかっていう有名な賞にノミネートされたそうですが、それもわかるような気がしました。

特徴を挙げたらキリがないほど特徴の多い本作「風ノ旅ビト」。
気がついたら結構のめり込んでプレイしていたと思います。
巷で話題になったのも肯けるゲームでした。

・・・・・・およ? 途中から出てくる操作キャラに似たキャラって、NPCじゃなかったの!?

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック