[GMCD] シェルノサージュ オリジナルサウンドトラック~音と世界の受信記録 Sec.1~

PS Vitaのゲーム「シェルノサージュ」のOSTがようやく発売されたので、ゲットしました。
全35曲収録。うち1曲はボーナストラック。
総再生時間は約73分。

いつものようにゲームは未プレイです。
ゲームはネットワーク環境が必須とのことなので、オンラインゲームに躊躇いを感じる身としては、ちょっと食指が沸かなくて。
アルトネリコっぽさを感じるので、興味がないわけではないのですが。

そんなこんなな理由により、アルトネリコっぽさを求めて先にOSTに手を出した次第。
ちなみに、同日発売だったボーカルアルバム「ジェノメトリックコンサート」のVol.1は購入済です。
OSTを思う存分聴き倒したら、そっちを聴き始めようかと。

OSTの曲調ですが、アルトネリコっぽいと言えばそれっぽいような、アルトネリコとは異なるといえば異なるような、そんな感じでした。
アルトネリコよりも曲によって雰囲気にバラつきがあるような気がします。
エスノ全開なものもあれば、荘厳なオケっぽいものもあるし、メカメカしいパキパキしたサウンドもあるし。

ただ、あまり気分を急き立てられるような、そういう攻撃的な曲はありません。
そういう意味では、一発で耳に残るような、強烈にインパクトのある曲はほとんどなかったです。
全体的にはテンポ緩めの、ゆったりした曲が多いかな。
でも、しばらく聴いていると身に染み込んでくるような、そういう曲は多いです。

「シェルノサージュ」のコンポーザは志方あきこさんが担当されているようです。
そう言われれば、エスノ調のコーラス入りの曲がちらほらとあったなぁ。

ゲーム未プレイなので、「シェルノサージュ」がどんなゲームなのか、ゲーム雑誌に掲載された情報以上のことは知らないのですが、「こんな雰囲気の曲もあるの?」と意外に感じたものも多かったです。
もっとほのぼのまったりした曲ばかりかと思っていました。
ところどころにシリアスな局面ぽい曲や、やや疾走感のある曲など、「お?」と思わせられた曲もありました。
どういうシーンで使われるのか、ちょっとゲームが気になったりもしたり。
面白いのかな、ゲーム本編。

曲自体はわりと自分好みなので、2枚目も出たらきっと買うと思います。
アルトネリコの曲の雰囲気が好きな人なら、結構いけるのではないかと。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック