[GMCD] Ciel nosurge Genometric Concert Vol. 1 ~契絆ノ詩~

PS Vitaの「シェルノサージュ」のボーカルアルバム「Ciel nosurge Genometric Concert Vol. 1 ~契絆ノ詩~」をゲット。
全5曲、再生時間はトータルで約20分。

「アルトネリコ」のヒュムノスコンサートのイメージで購入しましたが、想定外の曲数でした。
全5曲て。ミニアルバムのレベルですか。
5曲で1,890円という価格設定が、高く見えるか低く見えるかは、たぶん人によると思います。

曲は、ほぼ全てエスノ調。
「アルトネリコ」のヒュムノスでおなじみの、ボーカルが二重、三重に重なってる多重エスノです。
多重エスノが醸し出す重厚さと壮大さは、相変わらず。
力強いハーモニーに圧倒されます。

それにしても、このアルバムに収録されている曲も、やっぱり歌える気がしません。
日本語の他に「シェルノサージュ」独自言語?が混ざってて、それがまた「アルトネリコ」以上に難解です。
というか、プログラム言語っぽいのも歌詞なんでしょうか。
どうやって歌ってるのこれ?

もっとも、そういう言葉が織り交ざってることで、幻想的な雰囲気を作り出しているので、むしろ詩は意味不明な方が良いかもしれません。
ブックレットに曲解説があるから、詩の意味がわからなくても問題ありませんし。
ただ、曲解説はゲーム本編の知識が多少必要かもしれませんが。

歌い手さんは、志方あきこさん、霜月はるかさんといった、「アルトネリコ」でお馴染みの方々。
それと、新顔の城南海さん。
城さんの歌声は、最初こそ新鮮な感じがしましたが、志方さんや霜月さんの歌声と遜色ない力強さがあって、すぐに慣れました。
特に違和感はなかったので、合っているんじゃないかと思います。

総じて言えば、「アルトネリコ ヒュムノスコンサート」の面影を色濃く残したアルバムでした。
「ヒュムノスコンサート」が好きな方にはオススメです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック