[GMCD] WILD ARMS the 4th Detonator ORIGINAL SOUND SCORE

「ワイルドアームズ」シリーズの4作目「WILD ARMS the 4th Detonator」のOSTをゲット。
たまたま立ち寄ったB○OK OFFで、定価の半額ぐらいで棚に並んでいたので、なんとなく衝動買いしていました。
CD4枚組みで、全81曲。
再生時間は、トータルで約4時間25分。

WAシリーズは、2, 3, AFプレイ済み。
というわけで、4はプレイしていません。
ゲームプレイ済みならいざ知らず、さすがに未プレイで4枚組OSTは聴き込むのは、時間がかかります。。。

未プレイなのに聴いてみようと思ったきっかけは、なんとなく漠然と、なるけ節が聴きたくなったから。
そんなときにWA4のOSTが目に留まったので、ふらっと購入した次第。

とはいえ、WA4のBGMはこれまでのWAシリーズとは異なり、なるけみちこさんだけの作品ではありません。
他に甲田雅人さん、清水信之さん、鈴木隆太さんが参加されています。
甲田さんのお名前は別の作品で見かけたことがありますが、他のお2人は初めてかも。

そのためか、これまでのWAシリーズのBGMと、少し方向性が違うような印象を受けました。
どこがどう違うのか、と言われると困るのですが。
西部劇っぽい民族音楽色がかなり薄れて、少しメカメカしさが強くなってるような?
これまでの特色が薄くなったからか、わりと普通にOSTだなぁ、という印象を持ちました。

とはいえ、結構カッコいい曲が揃っている気がします。
作業用BGMとして流していて、ふと曲に意識を向けたときに、「あ、この曲カッコいいな」と思ったことがしばしば。
後半だけでなく、前半や中盤にもそういった曲が多々ありました。

それと、ちょっと変わってる曲が多い印象も残りました。
パーカッションの使い方とか曲の展開とかが、他のゲーム音楽とちょっと違っていて、そこが面白くもありました。
「不夜城 ギャラボベーロ」や「奈落より顕現」あたりがそれに当たって、そんな曲が流れてくるとふと手が止まってしまいます。

これまでのWAシリーズのイメージでOSTを聴くと、「なんか違う」という感触を持つかもしれません。
が、シリーズ関係なしに一つのゲームのOSTとして聴けば、悪くないと思います。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック