[GMEV] 東京ファンタジックブラスバンド 10周年記念コンサート

ゲーム音楽専門のアマチュア吹奏楽団「東京ファンタジックブラスバンド」(以下TFB)の10周年記念コンサートに行ってきました。
会場は、タワーホール船堀 大ホール。
開場12:30の開演13:00、終演が15:40頃。

大ホールにある750席の座席は、開演直前にはほぼ埋まっていました。
ひょっとすると、入れなかった人がいたかもしれません。

10周年記念コンサート、ということで、過去の演奏会で演奏された曲のうち人気の高い曲を選んで、全3部構成のセットリストにしたとのこと。
そのためか、どこを切り取ってもメインしかないような曲構成になっていました。
DQにFFにMOTHER2にクロノトリガーって、どんだけいいとこ取りなんだよ! 行くしかないじゃん! て感じです。
それは、開場前にホール前に出来上がっていた長蛇の列に現れていたんじゃないかと。

演奏技術は、曲によって音外れやバランスの悪いものがあったりして、完成度MAXということはなかったです。
「逆転裁判1~3メドレー」は、軽い演出があったためか、途中、若干分解しかけていたところもちらほら。
でも、曲によってはちゃんとまとまりがあって、何より演奏者から熱意が強く伝わってきて、素晴らしい演奏だった曲もありました。
「クロノ・トリガーメドレー」「FFメドレー」は、かなり調和の取れていて、かつ迫力のある演奏でした。
この2曲で、俺は大満足です。

なんだかんだで、TFBの演奏会はかれこれ3回目の参加だったのですが、次回の演奏会があれば、きっと参加すると思います。


これより下は、今回の演奏会のセットリストと、曲ごとの雑感になります。



セットリストは以下の通りです。

-----
[幕前演奏]
・パーカッションアンサンブル:スーパードンキーコングより バナナジャングル
・混成五重奏:レイトン教授 VS 逆転裁判

[第一部]
1. ゼルダの伝説より メインテーマ
2. ドラゴンクエストより ドラゴンクエストメドレー
3. MOTHER2より MOTHER2メドレー

[第二部]
4. サクラ大戦より ゲキテイ(檄!帝国華撃団)
5. スーパーマリオより スーパーマリオ1~3メドレー
6. スペランカーより スペランカーメドレー
7. 逆転裁判より 逆転裁判1~3メドレー

[第三部]
8. クロノ・トリガーより クロノ・トリガーメドレー
9. ファイナルファンタジーより ファイナルファンタジーメドレー

[アンコール]
10. ドラゴンクエスト2より この道 わが旅
11. ことばのパズル もじぴったんより ふたりのもじぴったん
-----

以下、印象的な曲ごとの雑感になります。

・パーカッションアンサンブル:スーパードンキーコングより バナナジャングル
演奏開始直後、パーカッション(とピアノ)しかいないことに驚き、そして演奏を聴きながら徐々に、曲として迫力のあるものになっていることに再度驚きました。
パーカッションだけで、こんなにちゃんとした演奏になるなんて、知らなかったです。
シロフォンやグロッケンなど多数の音階のある打楽器も存在するから、確かに出来なくはないと分かるけれど、目からウロコ状態でした。
パーカッションのみの演奏というのは初めて聴いたので、非常に斬新で、面白かったです。

1. ゼルダの伝説より メインテーマ
「ゼルダの伝説」自体は未プレイだし、メインテーマの原曲ちゃんと聴いたことないけど、格好良くて好きです。
この曲、オーケストラでも吹奏楽でも、どっちでも結構いける曲だと思う。
かなり調和の取れた演奏で、胸熱でした。

2. ドラゴンクエストより ドラゴンクエストメドレー
俺のDQ暦は4で止まっているので、DQ4までの曲しか知りません。
そんな俺にとって全く馴染みのない曲がメドレー全体の半分ほどあったので、シリーズ作品を幅広くカバーしたメドレーになっていたんじゃないかと思います。
さすがに「LoveSong探して」や「遥かなる旅路」はわかったけれど、後半はほとんどわかりませんでした。

メドレー自体は思っていたより長かったです。
7, 8曲ぐらい入っていたかな。

4. サクラ大戦より ゲキテイ(檄!帝国華撃団)
別の楽団でこの曲が演奏されたときも思いましたが、吹奏楽との親和性が激高だと思います。
誰か、歌ってくれても良かったかも。

5. スーパーマリオより スーパーマリオ1~3メドレー
「1~3」とパンフには書いてありましたが、正確には「1&3」です。2の曲はありませんでした。
スーパーマリオブラザーズは、自分があまりにACT下手だったため自分でプレイしたことはほとんどなくて、専ら友人たちのプレイを脇から見てただけでしたが、それでもBGMの刷り込みは著しく、今回聴いていて本当に懐かしかったです。
特に3の曲は滅多に演奏されることがないので、なおのこと。
タヌキとか地蔵とかあったなぁ、笛で瞬間移動とかあったあった、そういや長時間空飛ぶアイテムなんてものもあったっけ、などとしみじみしました。

そうそう、ゲッソーの演出はGJでした。
ついでに、1の海中ステージの曲は、本気で編曲するとド直球の円舞曲になると思い知らされました。
確かに3拍子でワルツっぽいもんなぁ、原曲。

8. クロノ・トリガーより クロノ・トリガーメドレー
クロノ・トリガーの曲ってあちこちの演奏団体が演奏しているので、個人的にはそろそろ飽きてもおかしくないのですが、「クロノ・トリガー」や「魔王決戦」、「世界変革の時」を聴くと変わらず血が騒ぐのはどういうことなんだろう。
というわけで、毎度のこととはいえ、今回もたぎって仕方がなかったです。
ストーリー進行に合わせたメドレー構成で、後半になればなるほど熱い曲が並ぶわけで、後半になればなるほどたぎりまくりでした。

ふと思ったけれど、「世界変革の時」は演奏会でよく聴くけれど、「ラストバトル」はあまり聴かないような。人気の差?

9. ファイナルファンタジーより ファイナルファンタジーメドレー
「FFメドレー」と銘打たれていますが、FFシリーズ作品のうち4~6の曲で構成されたメドレーでした。
かなり聴き応えのあるメドレーだったと思います。
終盤の「FF6『決戦』」~「FF5『ビッグブリッヂの死闘』」~「FF6『アリア』」が、本当に素晴らしかったです。

一曲あたりの再生時間が長いラストバトル曲やエンディング曲は、さすがにメドレーに入っていませんでした。
あと、ゲーム終盤で聴ける曲も無かったかも。
FF6の「仲間を求めて」が聴きたかったなぁ。

「アリア」は女性ボーカル付きだったのですが、その方の歌声がすごく良かったです。
張りのある歌声といい、金管楽器に負けない声量といい、うまくバランスが取れていて感動しました。
感動のあまり、軽く涙ぐんでしまったほど。
これは、本当に良い演奏でした。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック