[GMCD] FINAL FANTASY IV ORIGINAL SOUND TRACK REMASTER VERSION

「FINAL FANTASY IV ORIGINAL SOUND TRACK REMASTER VERSION」をゲット。
CD2枚組みで、全57曲(ジングル込み)。再生時間は、トータルで1時間32分ほど。

SFC版FF4のOSTのリマスターバージョンという位置付けの本作。
確かに、20年ほど前に発売された原盤より、幾分音がクリアになっているような気がします。
ぼやっとした感じが無くなっているというか。
でもやっぱり音源はSFCなので、聴き比べでもしない限り、音質の違いはあまりはっきりしません。

それよりもはっきりした違いは、一曲あたりの再生時間。
「プレリュード」や「オープニング」など、原盤では途中でブツ切りになっていた曲が、最低でも1ループ分はちゃんと収録されるようになりました。
その分、原盤ではCD1枚だったのが、リマスター盤ではCD2枚組になりましたが。
まぁ、仕方ないです。

「エンディングテーマ」は、DS版OSTと同様に、3分割されています。
この点は、SFC版仕様に合わせるなら分割する必要ないんじゃない? とも思いました。
頭から連続再生しているときは3分割されていても特に問題ないのですが、ランダム再生するときにちょっと困ったことに。

で、今回「エンディングテーマ」が分割収録されたことにより気になるのが、将来発売されるFF6のリマスター盤の「妖星乱舞」と「蘇る緑」。
仮に「妖星乱舞」が4分割されたとしても、それはまぁ理解できます。
でも「蘇る緑」は分割して欲しくないです。ぜひとも21分一本勝負をぶちかまして欲しい。

ジングルは、DS版OSTで収録された曲の他に、「ギザールの笛」「ハミングウェイ」「デビルロード」が追加。
また、DS版では1曲にまとめられていたものが、それそれ別トラックに分解されました。

本作はSFC版のリマスターなので、DS版OSTにあった「月の明かり」や「オープニングムービー」は、当然収録されていません。
ついでに、8cmCD「ミニマムアルバム」収録曲も入っていません。

発売後に公式に発表された楽曲の一部欠損ですが、作業用BGMとして流しているなら聴き逃しそうだけど、ちゃんと聴いていると結構はっきり欠けているのがわかります。
「踊る人形カルコブリーナ」の冒頭1秒ぐらいが抜け落ちてます。
原曲を知らない人でもおかしいと感じられるレベルです。

公式サイトでディスクの無償交換を受け付けているようなので、気になる方は交換した方がいいかも。
俺は、Web申し込み+着払いで郵送が面倒(特に後者)なので、とりあえず交換は見送る予定。
そもそも原盤もあるからいっか、という感じ。

FF4のOST持ってなくて、これから買おうと考えている方は、リマスター盤の方がオススメです。
既に20年ほど前に発売された原盤を持っていて、それで特に不満のない人は、あえて買う必要は無いかも。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック