[GMCD] バテン・カイトス~終わらない翼と失われた海~オリジナルサウンドトラック

2003年にGC用RPGとして発売された「バテン・カイトス」のOST「バテン・カイトス~終わらない翼と失われた海~オリジナルサウンドトラック」をゲット。
全57曲。再生時間は、トータルで2時間10分ほど。

ちなみに、ゲームは未プレイです。内容も、あまり良く知りません。
「またか」と言われそうですが、またです。

それなのにOSTを購入しようと思ったのは、「トラスティベル」の音楽絡みのネタが話題になると、大抵「バテン・カイトス」が引き合いに出されるから。
そのため、「トラスティベル」の曲が大好きなだけに、「バテン・カイトス」の曲はずっと前から気になっていました。
気になっていたけれど、なかなか聴く機会に恵まれず、現在に至ってるわけですが。

確かに、曲の雰囲気は「トラスティベル」に良く似ています。
オーケストラ調の曲が多めなところは、特に。
ただ、「トラスティベル」とは異なり、「バテン・カイトス」はエレキギターやエレキベース、ドラムセットなどを使用したバリバリにロック調の曲もそこそこあります。
その点も含めて鑑みると、「テイルズオブ」シリーズっぽさ、特にTOAっぽさも感じました。
なんというか、全体的には「テイルズオブ」シリーズと「トラスティベル」の中間というか。

ちなみに、上述している「バテン・カイトス」も「トラスティベル」も「テイルズオブ」シリーズの大半の作品も、コンポーザは共通して桜庭統さんです。
そりゃ、似るよね。どれもナムコ発祥のRPGだし。

曲は、すごく俺好みでした。
重厚に鳴り響く管弦楽の音といい、壮大なハーモニーといい、オケ曲好きにはたまりません。
特に「語りかける星々」が好きです。たぶん、エンディング曲かな。

ちょっと気になったというか、桜庭さんの曲ではよく感じることなのですが、「オケ調ヒャッハー!」と歓喜できる割には、曲が耳に残り難い気がします。
ゲームプレイしていれば、印象の残りやすさが変わってくるのかな。
もっとも「バテン・カイトス」はGCのゲームだから、今からプレイするのは難しいのですが。
Wiiで配信されてれば望みはあるけれど・・・配信されてるのかな?

そんなわけで、「2」のOSTも購入済みなので、これからワクワクしながら聴き倒します。
その前に、なんとなく「トラスティベル」のOSTも聴きたくなってきたので、そっちも少し聴いてるかも。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック