[ドラマCD] DJCD テイルズリング・ヴェスペリア COMIC MARKET 84 LIMITED

コミックマーケット84のフロンティアワークスブースにて、TOVの新作CD「DJCD テイルズリング・ヴェスペリア COMIC MARKET 84 LIMITED」をゲット。
今年の夏コミは本気でヤバイ。企業ブースが特にマジヤバイ。40度越えってなんぞそれ。

ここ数回、コミケが開催される度に発売されてきた「DJCD テイルズリング・ヴェスペリア」。
今回も構成は過去のDJCDと同様、ドラマパート1本+ラジオパート1本。
ただし、今回はドラマパートがかなり長いです。
4トラック分、計50分ほど。
代わりに、ラジオパートは若干短めかな。
と言っても、27分ほどあるけれど。

ドラマパート「カロルとパティの一攫千金!?」は、まぁ、タイトル通りのよくあるネタです。
なので、中盤でオチがわかります。
全体的には、ギャグでもなく、シリアスでもなく、なんというか・・・ほのぼの?
特に爆笑部分もなく、かといって特別に感動する部分もなく。
ギルド「凛々の明星」のとある日の日常って感じです。

いつもと違うのは、いつも以上にツッコミどころ満載なところでしょうか。
とりあえず、TOVメンバーの大人組(16歳以上)はダメ人間ばっかだってことは理解しました。
ユーリもマトモそうなこと言ってるけれど、経理関係全般を12歳に押し付けてる任せてる時点でどこかおかしい。
社会的にバランスの取れたマトモな大人が、フレンしかいねぇ。。。

PTメンバーは全員登場。
カロルとパティが若干出番多めで、フレンとラピードの出番が少なめ、後は比較的均等に登場かな。
フレンの出番少な目ではあるものの、個人的な事情によりフレンの第一声にはいつも吹いてしまいます。
C84の別ブースで入手したあるドラマCD(このエントリの一つ前を参照)を先に聞いてると、中の人繋がりの別キャラとのギャップの激しさに、どうしても吹かずにはいられないというか・・・モゴモゴ。
すごいね、中の人の演技の幅の広さ。


ラジオパートは、いつもの通り「ギルドの首領を目指せ!」。
今回は「リタ、最後の戦い3 -完結編-」というサブタイトル付き。
3回目の”最後の”戦いで、完結編だそうです。
・・・・・・え、完結? マジで??
・・・・・・あ、なるほど、次作は「完結編・その後」になるんですねわかります(ぉぃ

出演者はいつもの4人です。MCは中原さん。ゲストは鳥海さん、森永さん、竹本さん。
いつもの4人で、いつも通りワイワイガヤガヤやってる感じです。
そして、いつも通りのオチ担当・森永さん。
本当にブレないですね。ここまでブレないと、ある意味才能なんじゃないかと。

今回は、前作の「C83 LIMITED」のネタがちらほら見受けられました。
聞いていなくても問題ないですが、事前に聞いていると吹きます。

今回もお題が3つあるのですが、2つ目のお題「大喜利『こんなユーリ・ローウェルはイヤだ』」が一番面白かったです。
みなさん言いたい放題なんだけど、的確にイイところを突いてくるのがなんともw
想像すると非常に笑えます。


ラジオパートがああいうオチになったので、ぜひ次回C85でもDJCDを出して欲しいです。
あの人の席がどうなっているのかが、すごく気になります。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック