[GMCD] FINAL FANTASY V ORIGINAL SOUNDTRACK REMASTER VERSION

FF5のOSTのリマスター盤「FINAL FANTASY V ORIGINAL SOUNDTRACK REMASTER VERSION」を購入。
全67曲収録。総再生時間は、およそ2時間9分。

FF4のリマスター盤に続いて、FF5のリマスター盤も購入したわけですが。
FF4の場合は旧盤と比較したときに明らかな改善点が見られましたが、今回のFF5は違いがほとんどわかりません。
追加曲はありません。旧盤と同じ曲数です。
また、1曲あたりのループ数が増えたということもなさそうです。
再生時間も、旧盤とほぼ一緒でした。

心持ち、音質はクリアになったような気がします。
が、”心持ち”程度なので、気のせい・錯覚と言う可能性もあります。

というわけで、明確な違いはパッケージぐらいでしょうか。
パッケージは大きく異なり、旧盤はケース2つにそれぞれ1枚ずつCDが入っていて専用の箱に収納するタイプでしたが、リマスター盤はよくある2~4枚組用のCDケース1個にまとめられています。
それと、初回生産限定盤用(かな?)のBOXは、かなりがっしり作られています。

リマスター盤とはいえ音質に明確な違いがほとんどないためか、その分、計り知れない懐かしさがありました。
「ビッグブリッジの死闘」は、アレンジされたものや生演奏は聴く機会が度々ありましたが、原曲を聴くのはものすごく久しぶりで、あまりにも懐かしくて、でも今でも色褪せない格好良さに、軽く宇宙の法則が乱れる程度には悶えました。
他にもそういう曲がちらほら。
「ファイナルファンタジー」(FFのメインテーマ)は、何気にFF5版が一番好きです。

曲自体にはほぼ違いが無いので、FF5のOSTを既に持っていて今でも十分CDが生きている状態であれば、ムリに買う必要はないと思います。
これからFF5のOSTの購入を検討されている方で、原盤至上主義ではないならば、リマスター盤の方がいいかも。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック