[音楽] 志方あきこ / Turaida

2013/11/23(土) 13:34:37 | カテゴリ:音楽
志方あきこさんのオリジナルアルバム「Turaida」の初回限定版をゲット。
収録曲数は、本編が11曲、初回限定版に付属のボーナストラックCDが10曲。
再生時間は、本編が約49分、ボーナストラックCDが約23分。

志方あきこさんのオリジナルアルバムは、前作「ハルモニア」が2009年発売だったので、かれこれ4年ぶりになります。
あれ、もうそんなに経ってたのか。あんまりそんなに経った気がしません。
この4年の間に、シングルCDがちらほら発売されていたり、ゲームやアニメなどに楽曲を提供されていたり、それらの関連CDが出たりしていたからだと思うのですが。

曲調は、全編通してほぼエスノ調。
いつも通りの多重エスノで、志方節が炸裂しています。
アラビア風だったり、和風だったり、いろいろな民族音楽調の曲を楽しめます。
民族音楽調の曲が好きな身としては、もうたまりません。

そういえば、本作収録の「祈りの果てのひとふりの」を初めて聴いた時、アラビアンな曲調といい、雨の降らなさを歌った歌詞といい、「RAKA」の「晴れすぎた空の下で」が瞬間的に閃きました。
「晴れすぎた空の下で」の続編にあたるのでしょうか、この曲。

そんな民族音楽バリバリな中に、カッコいい曲もちらほら。
「萼 -utena-」が出だしからカッコよくて、本編収録曲の中でもかなり好きな曲です。
他の曲に比べると、やや男性的な感じ。

ボーナストラックは、タイアップ曲集になっています。
タイアップされたときのバージョンのまま収録されているので、ほぼショートバージョンです。
OVA「テイルズ オブ シンフォニア」のED曲や、過去CDにフルバージョンが収録されている「うみねこのなく頃に」や「朱隠し」のショートバージョン、本編CDにフルが収録されている「Arcadia」や「Leyre」の放映バージョンが収録されています。

個人的には、OVA版TOSの世界統合編のどこかで流れた「歪」が聴けた点がうれしかったです。
これ、フルバージョンはどこか別の作品に収録されているんでしょうか。

それと、「透明ノスタルジア」がツボ直撃でした。
タイトル通りノスタルジックな曲。
ほんわかした感じと切ない感じの絶妙なバランスと、サビの盛り上がりがすごく好きです。
この曲、ボーナストラックに収録されているのが、フルバージョンなんでしょうか。

ちなみに、これまでのアルバムでは「アルトネリコ」の「謳う丘」のアレンジ(というかロングバージョン)が収録されていましたが、本作に「シェルノサージュ」のそれ版はありません。
ほんのり期待していたけれど、さすがにないか。ほんのり残念だけど、仕方ない。

ついでに、OVA版TOSのED曲のの1つ「誰ガ為ノ世界」も収録されていません。
こっちはOVAで採用されたのがフルバージョンだったから、ミニアルバム「白夢の繭 ~Ricordando il passato~」を聴けってことでしょうか。

そんなこんなで、久方ぶりの志方あきこさんのオリジナルアルバム。
すごく堪能しました。
志方あきこさんの曲が好きな方は、問答無用で聴くべし。
そうではないけれど、民族音楽調の曲が好きな方も、とりあえず聴いて損はないかと。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック