[映画] 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語

2013/11/24(日) 18:31:53 | カテゴリ:映画
劇場版「魔法少女まどかマギカ」の新編を鑑賞。
今日2回目を新宿バルト9で見てきました。

ものすごく今更感満載な気もしますが、鑑賞記念に感想を投下しておきます。
なるべくネタバレ回避の方向で行きたいけれど、あまり自信がないので、これより下はネタバレを気にしない方か鑑賞済みの方推奨です。

「新編」は、TVアニメの流れから続く、完全続編のオリジナルストーリーになっています。
アニメ見てないと、たぶんストーリーを全く理解できないのではないかと。
世界観やキャラクターなどは、観客が知ってる前提で作られています。

一応TVアニメは鑑賞済みだったので、大まかなストーリーは1回目の鑑賞時から理解できました。
最終的にどうなったのか、という状況把握ぐらいはできたと思います。
とはいえ、ストーリー展開が難解だったからか、途中の流れに関しては頭の中で大量の「?」が舞い踊るという結果に。
早過ぎる後半の展開についていけてないところが多々あり、そのせいか細かいところで「ん、なんで?」っていう疑問が残りました。

が、今日2回目見たら、「?」が「!」に変わりました。
「あー、そういうことなのか」と、目からウロコがぽろぽろと。

1回目を見る前から「2回目が見たくなる」とあちこちで言われていたのを知っていましたが、本当にそう思います。
1回見ると2回目が見たくなるし、2回見ないと理解し辛い点が多いです。特に後半。

終わり方は、まぁ、脚本が虚淵氏というところからお察しください、としか言いようが。
なんだか続編作る気満々な感じでしたが・・・好評だったら続編作りそう。

でも、この展開も、見方によってはハッピーエンドな気がしないでもないです。
根底からすっきりさっぱりの気持ち良いエンディングでは、決してないですが。
ただ、メインキャラたちが誰も不幸になっていない、ある程度理想の形に収束しているって考えると、悪くないんじゃないかと。
ただし、1匹除く・・・・匹って数えていいのか、あれ。

ちなみに、大雑把なストーリーについてはWikipediaにまとめられているので、そっちを参照した方がいいかも。
ラストまで記述されているので、ネタバレにご注意を。

それにしても、TVアニメで大活躍した「ワルプルギスの夜」もそうだけど、魔女空間のワチャワチャした感じとか、舞踏会チックなところとか、断頭台とか、ちらちらとベルリオーズの「幻想交響曲」を髣髴とさせられる描写が出てくるのが、妙に気になって仕方ない。
「ワルプルギスの夜」だけなら偶然って考えられるけれど、断頭台が出てきたあたり、狙ってやってるのかなぁ。

完全新作のまどマギでしたが、端的に言えば面白かったです。
というと、若干語弊があるか。
言い知れぬ魅力というか、人の興味を引き付ける力というか、そういう謎な引力が感じられる作品でした。
決着の付け方に賛否両論あるかもだけど、俺はこれもアリだと思います。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック