[GMCD] X'mas Collections II music from SQUARE ENIX

スクウェア・エニックス(というか旧スクウェア)作品のBGMのアレンジ曲集「X'mas Collections II music from SQUARE ENIX」をゲット。
収録曲数は11曲。再生時間はトータルで45分ほど。

2010年に発売された「X'mas Collections music from SQUARE ENIX」の続編にあたる本作。
アレンジの方向性は、前作と同様にタイトル通り「クリスマス」です。
ベルを始めとしたパーカッションやピアノ、弦楽器を多用した、煌びやかな楽曲が多数揃っています。
原曲がカッコいい曲もしんみりした曲も、見事にクリスマスサウンドに化けています。

原曲は、メジャーな作品からの楽曲が半分、マイナーな作品からの楽曲が半分といったバランス。
クロノ・トリガーやサガフロ2、FFシリーズの曲はどれも聴き覚えがあるので、「クリスマスアレンジするとこうなるのか・・・」と原曲との違いを楽しめました。
一方、マイナーなものは本当にマイナー。
デュープリズムやガンハザード、the 3rd Birthdayなど、すごくマニアックな選曲です。
とはいえ、そんなマニアックさを吹き飛ばすほどの良い曲で、原曲がどうということは関係なく、ただ単純に「この曲いいな」と思えました。
デュープリズムのアレンジ「DEWPRISM」とガンハザードのアレンジ「焦燥」は、このアルバムの中でかなり好きな曲です。

中には、Nanaa Mihgo's(FF11発祥のバンドでしたっけ?)によるオリジナル曲や、出展が「聖剣伝説 (Future Project)」となっている曲のアレンジがあったり。
というか、聖剣の次期プロジェクトすら未発表なのに、曲を晒すどころかそのアレンジの方が先に世に出るって、どうなんですか、ねぇ?
変化球にもほどがあるだろ。
だが、そこがいいw

今回のアレンジアルバムの中で個人的に一番インパクトがあったのが、FF11「Awakening」アレンジの「闇王さんのクリスマス」。
どうしてこれを選んだのかっていうツッコミ待ちとしか思えない選曲ですが、ちゃんとクリスマスしてます。
びっくりするくらいクリスマスしてます。大事なことなので(ry
闇王さんが完全にネタキャラ化してるような気もしますが、そこはそれ。

あとは、FF4「少女リディア」のアレンジも好きです。
クリスマスっぽくはないのですが、オケ好きのツボ刺激されまくりでした。
中盤から終盤に向けての盛り上がりが鳥肌級です。
ついでに、アレンジャーが古代祐三氏というところも注目ポイント。

曲風が完全にクリスマス仕様だから、この時期以外に聴くと季節外れ感満載なので、聴くならこの冬のタイミングで聴いて欲しいアルバムです。
スクエニ(特に旧スクウェア)の曲が好きな人にはオススメです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック