[ゲームRev] 勇者のくせにこなまいきだ。G

PS Vitaのダウンロード専売のPZL「勇者のくせにこなまいきだ。G」をプレイ。
通常面の最終ステージまでクリアしました。
最終ステージクリア時点のプレイ時間は約17時間。

プレイのきっかけは、去年の冬コミ初日早朝の待機列で開場を待っていたときに、左斜め前方にいた人がこれをプレイしていて、それをちらっと見たときに面白そうだったから。
「勇者のくせにこなまいきだ。G」の存在もプレイ画面も知っていたし、基本無料ということも知っていたのですが、素早い操作を要求されるパズルゲームということで二の足を踏んでいたところ、そんなきっかけで一歩踏み出せた次第。
基本無料というのも、プレイのきっかけとしては大きいかも。

とりあえずプレイしてみようと、3連休の1週間前にDLしてプレイ開始。
無課金だと一度に最大3回しかプレイできない仕様なので、毎日ちまちま進めていました。
が、この3連休のうちの1日だけぽっかり時間が空いてしまったので、一気にプレイしようと無期限プレイの権利を購入。
それからどっぷりプレイして、昨夜ようやく最終ステージをクリアしました。

ゲーム自体は至ってシンプル。
積み上げられたブロックを壊した隙間にその上のブロックを落としたりスライドさせたりして、同じブロックを3つ並べて消していくだけ。
アイテムがあったり特殊ブロックがあったりもするけれど、基本的にはそんな感じのゲームです。

シンプルなんだけど、連鎖が発生したときの爽快感はたまらないです。
その爽快感があったから、一気にプレイしようという気になったのかも。
パズルゲームの爽快感、超重要。

全8ステージあって、各ステージに8面、全部で64面。
先に進むごとに難易度が上がります。
ちなみに、64面全てクリアしたら、エンディングの後に裏面が登場しました。やっぱりか。

育成要素もあります。
といっても、極めようと思わなければそんなに苦労しないです。
それなりに育成していれば、とりあえず先のステージに進めます。
逆に極めようとすると、ちょっとたいへんかも。

難易度は、育成をそれなりにこなしていれば、詰まることなくサクサク進められる感じです。
パズルゲーム得意じゃない俺ですら、8-7まではすんなり行けました。
8-7までなら、たぶん10時間ぐらいでたどり着いています。

が、8-8になって初めて何回やってもどうにもならない事態に陥り、その時にようやく本気で育成に取り組み始めました。
8-8クリアするだけで、残りの7時間ぐらい費やしてます。

基本無料のアイテム課金なので、プレイ回数や補助アイテムなどは課金することで強化できます。
とはいえ、俺が購入したのは「どっぷりモード(無制限プレイ権)」だけ。
945円でゲームを買い取ったようなものですが、ゲームのクオリティを考えると高くはないです。むしろ安いかも。

プレイ回数は他にも「あっさりモード(1日10回プレイ権)」と「しっかりモード(1日24回プレイ権)があるけれど、どれを選ぶかはプレイスタイルによるかも。
ぶっちゃけ1日3回は少な過ぎるし、プレイ1回分回復するのに8時間もかかるので、ゲームモード系アイテムはどれか買った方がストレス感じなくて済む分得なんじゃないかと。

久しぶりに手を出したパズルゲームでしたが、すごく楽しかったです。
ちょっと時間が余ったときの暇つぶしにはちょうどいい感じ。
「勇なま」シリーズ好きには特にオススメかも。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック