[GMEV] リトルジャックオーケストラ 第10-2回演奏会

ゲーム音楽専門のオーケストラ楽団「リトルジャックオーケストラ」の第10-2回定期演奏会に行ってきました。
場所は、ティアラ江東 大ホール。
開場13:00、開演は予定より10分遅れの14:10。
終演は15:55頃でした。

関東に10年に一度の大寒波襲来で大雪警報が発令されるほどの大雪の中での開催でした。
まぁ、こんな10cm程度の雪など、元・特別豪雪地帯民の敵ではないわ! 俺のゲーム音楽熱で溶かしてやるっ!!
・・・・・・っていう意気込みで会場に向かったのですが、地下鉄はフツーに動いていたので、フツーに到着しました。
うん、地下鉄すばらしい。

そんな大雪だったため、会場に来られなかった方も多数いたようで、席はちらほら空いていました。
1, 2割ほど空席だったような。
遅れて来られた方も結構な人数いらっしゃいました。
これはもう、仕方ないです。どうしたって自然には勝てません。

逆に言えば、8割ぐらいの方はこの大雪の中でも来られたってことなので、それはそれですごいことではないかと。
それだけ、リトルジャックオケが愛されてるってことでしょうか。

今回演奏された曲は、「交響組曲ドラゴンクエスト3」オンリー。
あのCDの内容が、ほぼそのまま演奏されました。
とはいえ、そもそも原曲が広がりのある雄大な曲ばかりなので、やはり生演奏はCD音源とは迫力が違います。
音の力をダイレクトに受け取ることになるので、終始圧倒されっぱなしでした。

リトルジャックオーケストラはアマチュアオケなので、過去に聴いたことのあるプロオケの演奏に比べると、演奏技術的にはやはり若干劣るところがあります。
時々、音が外れたり、音のバランス調整が不十分だったり、など。
でも、そんなことどうでも良くなるくらいの熱演で、格好良く素晴らしい演奏会でした。

曲の性質上、管楽器が目立つことが多いのですが、その管楽器が特に良かったです。
オーボエの深みのある演奏と、トロンボーンの低音が印象的でした。

一点だけ、ほんのちょっとだけ残念だったのは、アンコールに「ロトのテーマ」がなかったこと。
雪で遅れてしまったため「ロトのテーマ」を聴きそびれてしまった方も多かったと思うので、機転を利かせて欲しかったです。
まぁ、そもそも俺がもう一度聴きたかったというのもあるんですが。

次回のリトルジャックの演奏会は、今年の8/24とのことです。
演奏曲目のDQ9はプレイしていないからともかく、メインテーマ特集が気になるので行ってみたいところ。
もっとも、それ以前に、チケット争奪戦に勝たなければならないのですが。


これより下は、本演奏会のセットリストと、曲ごとの感想になります。


今回の演奏会のセットリストは以下の通りです。
-----
[第一部]
1. ロトのテーマ
2. まどろみの中で
3. 王宮のロンド
4. 世界をまわる(街~ジパング~ピラミッド~村)
5. ローリング・ダイス
6. 冒険の旅
7. ダンジョン~塔~幽霊船
8. 戦いのとき

[第二部]
9. 回想
10. 鎮魂歌~ほこら
11. 海を越えて
12. おおぞらをとぶ
13. ゾーマの城
14. 戦闘のテーマ~アレフガルドにて~勇者の挑戦
15. そして伝説へ

[アンコール]
16. ドラゴンクエストIII そして伝説へ・・・より「おおぞらをとぶ」(再演)
17. ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君 より「ドルマゲス~おおぞらに戦う」
-----

以下、印象的だった曲の感想になります。

1. ロトのテーマ
DQを代表する曲。何回聴いても飽きないから不思議。
金管のファンファーレが本当にカッコいい。
生演奏で聴くと、もうたまりません。

5. ローリング・ダイス
この曲の感想は一言。
マリンバすげぇ! とにかくすげぇ!!
生で叩いているところを見ると、その手の動きに圧倒されます。

6. 冒険の旅
DQ3の中では一番好きな曲だったので、一番たぎりました。
冒頭とラストの音の伸びが、すごく気持ち良かったです。
金管が主旋律を勇壮に響かせた後、一転して弦楽器が一抹の寂寥感を伴って奏でるあの展開は、生で聴くと本当にゾクゾクします。

11. 海を越えて
伸びやかな音が印象的でした。
指揮の志村氏の伸びのある動きも印象的でした。

14. 戦闘のテーマ~アレフガルドにて~勇者の挑戦
このメドレー、いつ聴いても反則技だと思います。
これでたぎらないワケがないです。
まず、「戦闘のテーマ」の冒頭で音の圧力に圧倒。
そこからの勢いのある展開に緊張感を抱きつつ、「アレフガルドにて」のどことなく物悲しいメロディへ。
そこから急転直下、激しく叩きつけるような音の嵐の「勇者の挑戦」。
そんな音に圧倒されたせいなのかよくわかりませんが、「勇者の挑戦」の中盤から終盤にかけて、「ロトのテーマ」の冒頭1小節がちらっと流れるあたりでなぜか感極まって泣きかけました。

15. そして伝説へ
あっという間のエンディング。
この曲にたどり着くまでの演奏が素晴らしかったので、この曲に関しては「聴きたい」という欲求と、「もっと聴いていたい」という寂寥感がせめぎあって、感動しつつも寂しさも感じました。
もう一回、頭から聴きたくなりました。

17. ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君 より「ドルマゲス~おおぞらに戦う」
演奏が始まって少しして「何の曲?」と思いながら聴きました。
曲目を知ったのは、演奏会終了後、ロビーに掲載されていたアンコール曲紹介の張り紙からでした。
随分アグレッシブなラーミアだなぁ、と感じながら演奏を聴きましたが、そういうことでしたか。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック