[GMEV] 日本BGMフィルハーモニー管弦楽団 THE LEGEND OF RPG

ゲーム音楽のプロオケ団体である日本BGMフィルハーモニー管弦楽団の演奏会「THE LEGEND OF RPG」に行ってきました。
ついうっかり昼公演・夜公演両方のチケットが取れたので両方鑑賞。
会場は、文京シビックホール 大ホール。
昼公演は、開演15:00ちょっと過ぎ、終演17:30頃。
夜公演は、開演19:00、終演21:15頃でした。

「THE LEGEND OF RPG」というコンサート名の通り、演奏曲目は有名なゲームの曲ばかり。
演奏曲目がクロノ・トリガーにFF、DQと判明した時点で、行かないという選択肢は俺にはありませんでした。
まぁ、喜び勇んでチケット販売開始直後に購入したら、とんでもなくステージに近い席になってしまったのですが。

日本BGMフィルのコンサートは、アンサンブルシリーズに2回ほど行ったことがありますが、フルオケのコンサートは初でした。
前回のコンサートは平日開催だったので、泣く泣く諦めざるを得なくて。
前回行けなかった分、今回への期待は大きくて、どんな演奏をするのかすごく楽しみにしていました。

総じて言えば、楽しかったです。
プロオケということもあって個々人の演奏技術は高く、確かなテクニックに裏打ちされた迫力と丁寧さを併せ持った演奏を楽しめました。
一部楽曲以外は本コンサート用に独自アレンジされたものですが、その編曲も素晴らしかったです。
また、演奏者の演奏する様や、指揮の市原雄亮氏の指揮を目で見ることで、曲から受ける圧倒感が5割増。
生オケの魅力の結構な部分は、この「目で見て楽しむ」ところにあるのではないかと、今回改めて気付かされました。

ちなみに、市原氏の指揮、結構好きな方かも。
動きが大きくて分かりやすくて多彩で、見ていて楽しかったです。

とはいえ、諸手を挙げて大喝采を送りたいような演奏だったかと言えば、そうでもなく。
結構目立つところの音が抜けることが度々あるなど、プロオケらしからぬミスがちらほら。
それよりも気になったのは、一部パートが先走りしてしまい、リズムが合わなくなってなんだか気持ち悪く感じることがあったこと。
特に昼公演で多かったように感じました。

演奏とは外れるのですが、もう一つ次回改善して欲しい点は、MCの長さと話の内容。
作曲者など特別ゲストがいるのならば話は別ですが、そうではない普通のMCで10分はさすがに長いです。
5分を過ぎたあたりから、早く次の曲が聴きたくて少しイライラしました。
また、話の内容自体もイマイチで、それほど濃いゲームプレイヤーではなさそうな司会者が精一杯背伸びして「私ゲーム大好きです!」アピールしている様に、ちょっとイラッとしたり。
観客はライトよりコアなゲーマーの方が多いと思うので、そういうところはあっさり見抜かれます。
MCに入った後の観客席のざわつきから察するに、そういった点に不満を感じていたのは俺だけではなかったのではないかと。
MCの原稿書いた方は、もうちょっと練り直した方がいいと思います。

細かい点を突けば不満がないわけではなかったですが、演奏自体は全体的に非常に楽しめました。
演奏の大部分は丁寧かつ繊細、それでいて力強く迫力もあり、聴いていて心地良いものでした。
今後も定期的なコンサートの開催を期待しています。
次回のフルオケコンサートはぜひ、マイナーなゲームの曲も演奏して欲しいです。

昨日ニュースで流れたし、本演奏会の終盤に告知もあったのですが、直近では6/1にアンサンブルコンサートがあるそうです。
・・・・・・よりにもよって6/1とは。別イベントと完全に被ってて行けないじゃん。


これより下の追記は、セットリストと印象的だった曲ごとの感想になります。


本公演のセットリストは以下の通りです。
-----
ポケットモンスターシリーズより
1. 「オープニング」/ポケットモンスター 赤・緑
2. ポケットモンスター戦闘曲メドレー
【収録曲】
「戦闘!ゼクロム・レシラム」/ポケットモンスター ブラック・ホワイト
「戦闘!プラズマ団」/ポケットモンスター ブラック・ホワイト
「戦闘!チャンピオン」/ポケットモンスター ダイヤモンド・パール
「戦闘!アクア・マグマ団」/ポケットモンスター ルビー・サファイヤ
「戦闘!ともだち」/ポケットモンスター X・Y
「戦闘!チャンピオン」/ポケットモンスター 金・銀


クロノ・トリガーより「交響組曲クロノ・トリガー」
第1楽章「クロノとマール~遠い約束~」~「クロノ・トリガー」
第2楽章「やすらぎの日々」~「風の憧憬」~「時の回廊」
第3楽章「ガルディア城~勇気と誇り~」~「カエルのテーマ」~「魔王決戦」
第4楽章「世界変革の時」~クロノ・トリガーメドレー


ドラゴンクエストシリーズより
1. 「奇蹟のオカリナ~神に祈りを~奇蹟のオカリナ」/ドラゴンクエストVI 幻の大地
2. 「王宮のロンド」/ドラゴンクエストIII そして伝説へ…
3. 「勇者の仲間たち」/ドラゴンクエストIV 導かれし者たち
4. 「戦火を交えて~不死身の敵に挑む」/ドラゴンクエストV 天空の花嫁

ファイナルファンタジーシリーズより
【昼公演】
1. 「いつか帰るところ」/ファイナルファンタジーIX
2. 「風の追憶~悠久の風伝説~」/ファイナルファンタジーIII
3. 「ビッグブリッヂの死闘」/ファイナルファンタジーV
4. 「蘇る緑」/ファイナルファンタジーVI

【夜公演】
1. 「ザナルカンドにて」/ファイナルファンタジーX
2. 「反乱軍のテーマ」/ファイナルファンタジーII
3. 「ゴルベーザ四天王とのバトル」/ファイナルファンタジーIV
4. 「蘇る緑」/ファイナルファンタジーVI

アンコール
「片翼の天使」/ファイナルファンタジーVII
-----

これより下は、印象に残った曲ごとの感想になります。

ポケットモンスター戦闘曲メドレー
ポケモンは一作もプレイしてなくて、曲もほとんど知らないのですが、どの曲も格好良かったです。
ゲームの勝手なイメージから、ほんわかした感じの曲が多いのかと思っていましたが、どちらかといえばスタイリッシュな感じ。それでいて熱い。
熱いといえば、マリンバとティンパニの演奏が熱かったです。
どの曲だったかわかりませんが、マリンバとティンパニの早叩きがすごかった。

ちなみに、この曲のあとのMCで観客に「ポケモンをプレイしている人」と聞いたところ、昼公演では2人しか挙手がなかったそうですが、あれは訊き方がマズかったと思います。
「プレイしている」じゃ、現在進行形でプレイ中の人って訊いているようでしたし。
夜公演では修正されていましたが。

「交響組曲クロノ・トリガー」
このメドレーの中で「カエルのテーマ」が一番良かったです。特にオーボエのソロが。
この曲がものすごく好きなんだ、という想いが伝わってきました。
そして、編曲された方自身がこの「カエルのテーマ」のソロを担当されるという美味しいとこ取りっぷりを発揮。
いやまぁ、格好良かったから文句なんてないです。

「ガルディア城」から「カエルのテーマ」、そこから続く「魔王決戦」と、第3楽章はどこを取っても熱い展開でした。
ゲームで描かれる展開というか因縁を知っているからなおのこと、胸が熱くならないわけがない。
そして、「魔王決戦」と「世界変革の時」は何回聴いてもたぎります。

完全オリジナルアレンジだった「クロノ・トリガーメドレー」は、ゲームのエンディングテーマのように、この「交響組曲クロノ・トリガー」で演奏された曲のうちいくつかをメドレーにしたものでした。メドレー内メドレーです。
これがまたすごくうまい編曲で、感動しました。本当にゲームのエンディング曲のようでした。

「戦火を交えて~不死身の敵に挑む」/ドラゴンクエストV 天空の花嫁
ドラクエの曲はたぶん全て、「交響組曲ドラゴンクエスト」とほぼ同じだと思います。
ほんの少しのアレンジはあるかもしれませんが、素人が聴いても違いがわからない程度に同じです。

DQは4で止まっている身なので、5以降の曲はあまり知りません。
が、この「戦火を交えて~不死身の敵に挑む」は演奏の迫力が素晴らしかったです。
たぶん戦闘曲だと思うのですが、戦闘曲らしい熱い展開と、生演奏による鬼気迫る迫力がたまりませんでした。

「いつか帰るところ」/ファイナルファンタジーIX
フルート3本によるシンプルな演奏。
原曲が原曲なので、このシンプルさはアリだと思います。

「風の追憶~悠久の風伝説~」/ファイナルファンタジーIII
曲目を見て「こんなタイトルあったっけ?」と思いましたが、帰った後に調べたところ「FINAL FANTASY ORCHESTRAL ALBUM」の曲だったと判明しました。
曲自体は「ORCHESTRAL ALBUM」とほぼ同じで、「悠久の風」と「水の巫女エリア」のメドレー。
全体的な演奏は良かったのですが、ただ一点、「悠久の風」のメインメロディの、よりにもよって冒頭の1音を抜かすのはちょっといただけなかったです。

「ザナルカンドにて」/ファイナルファンタジーX
これもたぶん、「ORCHESTRAL ALBUM」とほぼ同じだったかと。
とはいえ、CDで聴いたときと生演奏では、迫力が全く違います。
生演奏の場合、演奏者が表現した切なさが身体に纏わりつくようにダイレクトに伝わってくるので、聴いていて胸の奥が痛くなりました。

「反乱軍のテーマ」/ファイナルファンタジーII
弦楽器+ティンパニによる、たぶん本コンサート用のアレンジだと思います。
ヴァイオリンやチェロ、コントラバスなどによって、代わる代わる演奏される「反乱軍のテーマ」のフレーズ。
シンプルな構成とは裏腹に、楽器ごとの音色の特性も生かされていて、非常に聴き応えのある演奏でした。

でも、どうせ合唱団がいるなら、「交響組曲ファイナルファンタジー」の「SCENE VII」をやって欲しかったなぁ、とも思ってみたり。

「蘇る緑」/ファイナルファンタジーVI
原曲ノーカット、各キャラクターのテーマ曲メドレーから「ファイナルファンタジー」までフルで演奏されました。
原曲に忠実なアレンジで、そのためか、聴きながらずっとエンディング映像が脳内再生されていました。
エドガー&マッシュ、セリスとロック、シャドウあたりのテーマのときにゲーム内容に思いを馳せてみたり。
それが極まったのか、崩れる塔から飛空艇で脱出に成功したあたりの演奏で、うっかり涙腺崩壊しかける事態に。
かろうじて耐えましたが、一時本気でやばかったです。

「片翼の天使」/ファイナルファンタジーVII
「蘇る緑」の演奏後の拍手喝采の最中に合唱団が登場された時点で、「無料プログラムのクレジット、有名どころの選曲、合唱団から察するに、アンコールは『片翼の天使』か」と推察したら、その通りでした。
曲自体は「Reunion Tracks」や「ORCHESTRAL ALBUM」収録のオケ版そのままです。
過去にもアマオケなどでこの曲を聴いたことがありますが、やはり生演奏の迫力は桁違いです。
この曲では、特に強くそう感じます。
欲を言えば、合唱にもう少し厚みが欲しかったなぁとも思いましたが、十分満足しました。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック