[GMCD] アルノサージュ ~生まれいずる星へ祈る詩~ オリジナルサウンドトラック

PS3のRPG「アルノサージュ ~生まれいずる星へ祈る詩~」をゲット。
CD3枚組みで、全81曲収録。再生時間は、トータルで2時間51分ほど。

ゲームの方は、現在プレイ中です。ようやくキャスとイオンでザッピングできるようになったところ。
別のゲームと並行してプレイしているから、なかなか進んでません。

同時発売の「ジオメトリックコンサート」2枚も購入済みなのですが、アルトネリコの「ヒュムノスコンサート」のように、そっちを聞き始めるとなかなか止められなくなりそうな予感がしたので、先にOSTから開封。
で、OSTから開封したものの、曲が良過ぎて止められなくなった事案発生。
あれ、おかしいな。かれこれ2,3週間ほど経過してるけど、ループ再生が止まらないぞ。

全体的な曲調は、エスノっぽさに機械的な要素を少し加えたような感じ。
非常にアルトネリコ1の雰囲気に似ています。
なんとなく、色彩鮮やかというか華やかな印象があります。

前述の通り、曲がすごく良いです。
バトル曲もフィールド曲も、どの曲も本当に良曲。
幻想的で壮大で心を揺さぶるハーモニーが、俺の好みド直球です。

バトル曲といえば、「Minakata」と「Mikazuchi」の格好良さが異常。
特に、荒ぶるヴァイオリンとエレキギターが。
これ、生演奏で聴きたいなぁ。

OP曲「謳無き丘へ-Harmonics Pre=Ciel-」は、単体でも良曲だけど、ゲームのムービーと一緒に聴くと感動が増幅されます。
ゲーム開始前にOPムービー見て、何が涙腺を刺激したのかわかりませんが軽く泣かされました。

3曲ほどアルトネリコ1の曲のアレンジが収録されています。
どの曲も、原曲の延長線上のようなアレンジです。
聴き比べると違いがはっきりわかるのですが、雰囲気はそんなに変わっていません。
個人的には、「新緑の大地」のアレンジは嬉しかったです。
Webサイトで流れていた「新緑の大地」を聴いてアルトネリコの曲に興味を持ったので、特に思い入れが強くて。

Disc3の最後の方に、ボーカルなしの詩魔法BGMと、調合のBGM(All Cast Ver.)も収録されています。
調合の曲は、どれも一回聴くと頭に残り続けるんで要注意。
それにしても、デルタの低音ボイスは妙に目立つな。

というわけで、想定以上に楽しめたOSTでした。これは良いOST。
アルトネリコシリーズの曲が好きな人には、間違いなくオススメです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック