[GMCD] Ar nosurge Genometric Concert side.紅 ~天統姫~/side.蒼 ~刻神楽~

PS3のRPG「アルノサージュ ~生まれいずる星へ祈る詩~」で流れる歌曲(詩魔法)を収録したCD「Ar nosurge Genometric Concert side.紅 ~天統姫~」と「Ar nosurge Genometric Concert side.蒼 ~刻神楽~」をゲット。
収録曲数は、「天統姫」が16曲(そのうちキャス編バトル用の詩魔法が7曲)、「刻神楽」も16曲(そのうちイオン編バトル用の詩魔法が7曲)。

ちなみに、ゲームはつい先日クリアしました。
ゲームプレイ進行中にこれら2枚のCDをまとめて聴き始め、クリアしてからも聴き続けています。

ゲームプレイしながら聴いていたときは、まだゲーム中で流れていない曲も数多かったせいか、「アルトネリコよりインパクト強くないな」と思っていました。
しかし、ゲームクリアした今は、どれもスルメ曲になっています。
ヒュムノスコンサートはゲームをクリアしても思い入れがあまり変わらなかったのですが(元から高かったせいもあるかも)、ジェノメトリックコンサートはゲームクリア後に印象が変わりました。
歌詞の内容がゲームのシナリオに直結している曲が多いからかな。
ゲームシーンを思い出しながらリピート再生しています。

曲調は、エスノとオケがそれぞれ4割ずつ、他はメタルだったりノイズだったりヒーリングだったり様々。
アルトネリコ1, 2と比べると、いろいろな曲調があります。
アルトネリコ3の一部楽曲並みにぶっ飛んだ曲はなかったですが。

今回、土屋D作品初参加の南條愛乃さんとOrigaさん。
南條さんの声はメリハリが効いていてクリアで真っ直ぐだから、サージュ・コンチェルトの曲調にはあまり合わないんじゃないかと思っていました。
しかし、ゲームをプレイしてキャスの性格を把握したら、全然違和感がなかったです。
今となっては、キャスの歌声は南條さん以外考えられません。

Origaさんの歌声は、サージュ・コンチェルトの雰囲気とも、カノンのハスキーな声ともすごく合っていました。
歌声が幻想的で力強くて広がりがあって、何より美しいです。
特に高音ヴォイスの伸びがすごかったです。
2曲しかないのが勿体無く思いました。

他、志方あきこさん、霜月はるかさん、みとせのりこさんは、相変わらずの素晴らしい歌声でした。
この3方は、土屋作品には欠かせない存在になってますね。

「天統姫」、「刻神楽」ともに、アルトネリコのヒュムノスが好きな方にはオススメです。
できれば、ゲームをプレイしてから聴いた方が、より曲に浸れると思います。


これより下の追記には、印象的な曲ごとの雑感を記載します。

【Ar nosurge Genometric Concert side.紅 ~天統姫~】
01. f'aux me-morie
シンプルで神秘的な、美しい調べのインスト曲。
今作のインスト曲は、どれも良曲です。

03. Class::EXPAJA;
オーケストラ+東京混声合唱団を起用した、勇ましくて厚みのある曲。
パーカッション(特にバスドラ)がすごく格好良いです。
これ、生演奏で聴けたら、もっと迫力あって格好良くなりそう。生で聴きたいなぁ。

04. Class::AR_NOSURGE#RE:Incarnation;
前曲とは打って変わってシンプルな、ヒーリングっぽい曲。
ライナーノーツの土屋氏のコメントを読んで、シンプルさに納得。
2サビ~間奏~大サビにかけての盛り上がりが素晴らしいです。
間奏がすごく大嶋啓之さんらしさを感じました。

久しぶりに、大嶋啓之さんのがっつりエスノな新曲聴きたいなぁ。「天路歴程」みたいな。

05. Hidra Heteromycin
霜月はるかさんの攻撃的な曲。
なんていうんでしょうか、こういう曲調。ゴシックメタル?
オケメタルというほどオケっぽさはなかったです。
エレキギターやベースが入り乱れつつも、ヴァイオリンなどの楽器やコーラスも混じって、すごく濃厚。
全体的に、なんとなくサンホラっぽいなと思いました。

あと、最後のサビで流れる霜月さんの高音ボイスの伸びが聴きどころ。

06. Class::DISTLISTA;
霜月はるかさんの幻想的な曲。
いつもの霜月さんの曲という感じで、前曲から続けて聴くと、なんだか安心します。

07. Class::EXSPHERE_NOSURGE;
アルトネリコ3に引き続き、今回もラスボス(前半)担当のみとせのりこさん。
そして、今回の曲も怖いです。
非常にノイジーな曲で、アルトネリコ3の「Xaaaci」とベクトルは同じです。
3分35秒あたりからは、ヘッドホンで聴いてると呪われそうです。

08. Ar-ciel Ar-manaf
EDらしく、優しい歌。
間奏後からがすごく好きです。特にラスト。
ちなみに、タイトルに「Ar-ciel」とあるけれど、惑星アルシエルのことではないっぽいです。

【Ar nosurge Genometric Concert side.蒼 ~刻神楽~】
01. 彼方
イントロのようなインスト曲。
おまけかと思ったら、普通に良い曲で驚きました。
前半ののどかな感じがたまりません。

02. Class::CIEL_NOSURGE;
すこぶる民族音楽調。和風です。
志方あきこさんの真骨頂というか、とにかく志方節が炸裂しています。
その分、他の曲に比べて少しクセが強いかも。

03. Class::XIO_PROCEED;
エスノ調の強い、疾走感のある曲。
冒頭と中間に幻想的でゆったりした感じの部分もありますが、サビの疾走感は聴いていて気持ちいいです。
アルトネリコシリーズで聴いた志方あきこさんの曲に雰囲気が似ていて、そういう曲が好きな人にはハマりそう。

04. Lxa ti-cia
この曲の歌詞、惑星ラシェーラの言葉ではなく、アル・シエラ(星語)っぽいです。
理由は、ゲームプレイするとわかります。

05. ラシェール・リンカーネイション
今回のジェノメトリックコンサート紅・蒼で、この曲が一番好きです。
ラスボス戦(後半)で流れたときは、バトルしながらBGMに合わせて口ずさんでいたくらい、好きな曲です。
奇のてらった所のないド直球で壮大な弦楽曲なのですが、だからこそハーモニーの美しさが映える曲で、抵抗なくすんなりハマったのだと思います。
しかも、弦楽+混声合唱というだけでも壮大なのに、ゲームのシチュエーションや演出が合わさると、もう、壮大の規模が宇宙レベル。
これ、本気で生で聴きたいです。ぐぬぬぬ。

移民船ソレイルで生きるもの全てによる合唱がメインだからか、志方さんのソロが少ないです。

06. em-pyei-n vari-fen jang;
曲名、読めません。
歌詞も全て契絆想界詩なのかと思って歌詞を見たら、契絆想界詩+ロシア語でした。
まぁ、どちらにせよ、聴いても歌詞がわからないという点では大差ないので、聴く分には問題ありませんでしたが。

静かで落ち着いているけれど、芯が力強い曲です。
なんだろう、このどっしりした力強さ。大地みたい。

07. yal fii-ne noh-iar;
この曲名は、ゲームプレイしていれば読めると思います。前半でよく連呼されていたし。

前曲に少し華やかさを追加したような曲調です。
そこはかとなく民族音楽っぽさも感じるけれど、全体的にはオケ曲。
Origaさんのボーカルとオケの演奏のためか、曲の広がりが半端ないです。

08. この世界のあなたと、あのセカイのあなたへ
歌詞を見たら、日本語と契絆想界詩と星語が混ざっていて、それだけですごいと思いました。
こんな歌詞、リアルレーヴァテイルの志方さんしか書けないよ。
歌詞といえば、歌詞の一部にゲーム中盤のネタバレを含んでいるので、ゲーム未プレイもしくはゲームプレイ中の人は見ない方がいいかも。
歌詞自体は契絆想界詩だから、聴くだけならば問題ないけれど。

09. -K
エピローグっぽいインスト曲。
ピアノの物寂しい調べから続く壮大なオケがすごく美しい。
ジェノメトリックコンサートは歌曲がメインだから、インスト曲は蔑ろにされそうだけど、この曲も本当にオススメです。

13. Hymmn::TOKIKAGURA_TENTOUKI;
イオン(志方あきこさん)とネイ(霜月はるかさん)のデュエット曲っぽいですが、これ、ゲーム中で使われてましたっけ?

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック