[ゲームRev] シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール

3DSのリズムアクションゲーム「シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール」をプレイ。
リズポが20,000ptを超えて、スタッフロールまで到達しました。
超えた時点でのプレイ時間は9時間ちょっと。

前作「シアトリズムFF」の続編にあたる本作。
基本システムは前作と同じなので、前作をプレイしている人はほぼ迷わずプレイできると思います。

前作と大きく異なる点は、

・シリーズモード、カオスの神殿モードの廃止
・クエストモードの導入
・ボタン操作の導入
・CEROの判定がB(前作はA)

あたりでしょうか。

クエストモードは、地図上に配置されたクエスト(リズムゲーム)をクリアしながらルートを進めていって、最奥にいるラスボスを倒すことを目的としたモード。
地図は何種類かあり、クリアすると、クリアした地図より高いLvの新しい地図が出現します。
途中でクリアできずにクエスト失敗しても、プレイした地図より低いLvの地図が出現します。
クリアした地図は、すれちがい通信等で他人に配布することが可能です。
前作のシリーズモードとカオスの神殿モードの代わりのようなものですが、より冒険している感の強いものになっていました。
地図の種類が豊富なので、かなりやり応えがあります。
それに、次に何の曲が来るのか気になって、止めるタイミングに困ることもしばしば。
今がGW真っ最中で良かったです。翌日が休みなら夜更かしOKなので。

操作方法がタッチパネルだけではなく、ボタン操作も追加されたのはうれしい改善でした。
前作はタッチパネルオンリーだったのですが、スライド時の操作開始→終了にかかる時間と判定のタイムラグが少し気になったので、今作はボタン操作のみでプレイしています。
FMSの長押し後のスライド以外は、おおむね良好でした。
上記の操作に関しては、長押し中にアナログスティックを上または下へ動かしているケースが多いので、その状態で左とか右へは動かすのが難しくて、ミスすることがしばしばありました。
一旦アナログスティックを中央に戻してから操作すればいいんですけど、そんな素早い操作、俺にはできません。。。

曲数は、前作以上に膨大です。
公式発表では221曲収録されているとか。
ナンバリングタイトルは1~14まで網羅。
その他にもX-2、XIII-2などの続編や、CCFF7、零式などのスピンオフ作品、さらにはFF USAやFFTも収録。
FFの名前を冠している作品を手当たり次第集めたような感じです。
まぁ、さすがにFF外伝(=聖剣伝説1)は収録されていませんでしたが

個人的には、FFTの曲が収録されたのはすごくうれしかったです。
曲が好きなのもあるけれど、まさか収録されるとは思っていなかった意外性から喜びもひとしお。
欲張りな要望だけど、可能ならFFT-Aなども収録して欲しかったです。
きっとスクエニのことだから追加配信してくれると信じてます。

難易度は、前作と同様に3段階用意されています。
基本と熟練は、俺でも結構楽にクリアできました。
この2つの難易度は前作より下がってるような気がします。
が、一番難しい究極は、前作より難しくなっているような。
俺のスキルでは究極の譜面をほとんどクリアできなくて、クエストモードで苦労しています。
究極の譜面が出てくるLv60以上のクエストが、なかなかクリアできません。
練習すれば、クリアできるようになるのだろうか・・・。

苦言を呈するなら一点だけ。
メニュー画面、セレクト画面のBGMやSEに比べて、リズムゲーム中のBGMの音量が小さいこと。
セレクト画面時のボリュームに合わせると、リズムゲーム時のBGMがよく聞き取れなくて、かといってプレイ中にボリュームを大きくするタイミングもなくて、苦労したことがしばしば。
特に、在来線の電車の中ではほとんどプレイ不可でした。全然聴こえない。
いっそセレクト画面とリズムゲームとのボリュームバランスが逆だったら良かったのに、と思うことが多かったです。

単純にリズムゲームとして見ると、譜面自体は正直なところ可もなく不可もないといったところ。
『最高に面白い』っていう感じではないです。
ただ、歴代のFFのBGMを使ったリズムゲームという点が最大の魅力で、FFの曲が好きな人ほどハマるゲームです。
FFの音楽が好きな人には、前作同様オススメです。

でも、このシステムを流用すれば、サガや聖剣伝説、キングダムハーツなどの各シリーズの曲でも、同じようなゲーム作れそうですよね。
ロマサガの曲は、本作で追加配信されることが決定していますが、魔界塔士SaGaの曲でリズムゲームやってみたいです。
# サガシリーズで一番好きなのが魔界塔士SaGaなんです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック