[TV] BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係

2014/06/06(金) 02:13:36 | カテゴリ:TV
このカテゴリにエントリ投下するの、すごく久しぶりだな。4年ぶりぐらい?

テレビ朝日の2014年春ドラマ「BORDER」、最終回まで鑑賞しました。
非っっっっっ常に面白かったです!
全然畑違いなネタばかり取り扱ってる本ブログにエントリを投下して語りたいと強く思うレベルで、すごくハマりました。
ハマり過ぎた挙句、最後の最後の結末がちょっと衝撃的というかショックだったからか、今キーボード叩いてる手が若干震えてるし、鼻すするぐらい泣いてます。
感動とかではなく、本当に純粋にショックで。
しかし、ドラマで号泣とか・・・・・・なんだよこれ・・・・・・なんだよこれぇぇ!

・・・・・・よし、少し落ち着こう、自分。うん、深呼吸。すーはー。

「TV」カテゴリが放置されていたことから分かる通り、自分はTV番組をほとんど見ないタイプです。
数年前ならそこそこ見ていましたが(カテゴリに「TV」があるのはその時の名残)、ここ最近は朝のニュース番組とアニメ以外は全くと言っていいほど見ていません。
TV見るよりゲームプレイしてる方が楽しいと思ってるくらいのゲーム好きなので、TV=ゲーム専用モニタという扱いでした。

そんな自分が「BORDER」を見るようになったそもそものきっかけは、GWの帰省でした。
実家に帰ると、毎日2時間ほど、コーヒーを飲みながら母が録画していたドラマ(大抵は2時間サスペンス)をダラダラと鑑賞するというのが、ウチの恒例行事。
そんなわけで、今年のGWの帰省時も母とドラマを見ていたのですが、その録画ストックに偶然あったのが「BORDER」の第3回。
「(第1回も第2回も)面白かったよ」という母の軽いコメントとともに見てみたら、確かに面白かったのです。
翌週も見てみたいな、と思う程度には。
ただ、この時点では、どっぷりハマるというほどハマってはいませんでした。
自分の性格上、一度ハマると見境なく関連グッズ(ノベライズとかBlu-rayとか)を片っ端から買いに走ってしまうので、それを自制するためにもハマらないように警戒していたような気もします。

とはいえ、なんだかんだ言いつつも先が気になって、第4回も見て、第5回も見て・・・・・・と、結局毎週見ていました。
でも、毎週見てはいるけれど、結構ヒドいながら見状態だったり。大抵、タブレットでゲームしながら見ていました。
今にして思うと、すごくもったいないことしてたんだな、俺。

そこから思いっきり階段踏み外して転げ落ちるに至った切欠が、今思い返せば2回ありました。
1回目はたぶん第7回OA後まもなくの頃。
ふと思い立ってPixivで検索かけてみたら、2次創作イラストが出るわ出るわ。
想像以上に多くてびっくりしたけれど、それらの熱い作品とキャプションに触発されて、自分の中のBORDER熱もじわじわ上がってきたのを覚えています。

もう一つの切欠は、第8回OA直後の抽選プレゼントの告知。
このとき初めて、コミックと小説の存在を知りました。
抽選に応募してもどうせ当たらないだろうし、万一当たったとしてもプレゼントの発送まで待てない、と5秒で見切りをつけて、数分後にはKindleでコミック2巻分と小説を購入していました。
で、その日のうちにコミック2巻分読んで、小説を3日で読み終わらせて、それでもBORDER熱が冷めないのでGyao!のストリーム配信の全話パックを購入したら、もうエンドレスループに突入。
これが決定打でした。

一度転げ落ちると早いな。うん。

このドラマの概要は、頭に銃弾を撃ち込まれた刑事・石川が、一度は心肺停止したものの奇跡的に蘇生、その事件がきっかけで死者と対話ができるようになった、というもの。
この概要自体はドラマが始まる前にネットニュースで知っていたのですが、そのときは「なにそのチート能力。ギャグか? コメディなのか?www」と鼻で笑っていました。

それが、今になってみればこのハマりよう。
3ヶ月前の自分はかなり罰当たりなことしてたと思います。本気ですまんかった。ジャンピング土下座余裕だし、いっそ土下寝するくらい深く謝りたい気分。

このドラマ、世界観といい、脚本・シナリオといい、演出といい、キャラクター設定やキャスト陣の演技力といい、音楽といい、どれもこれも自分の好みにドストライクでした。

まず世界観。
ゴールデンタイムの連ドラといえば、どんな題材であっても華やかであるという固定観念が頭の片隅にあったのですが、それを思いっきり吹っ飛ばされました。
ダークです。ネガティブです。暗いです。容赦ないです。
だが、それがいい。

取り扱われる事件は、基本的には殺人事件(結果的にそうじゃなかった回もあったけれど)。
とはいえ、昨今の刑事モノにありがちな、難事件と思われるような不可解な事件を颯爽と解決するようなものではなく、石川刑事を中心とした人間ドラマを交えた泥臭い展開で。
想像以上に重厚で、どの回も見応えがありました。
見応えがあったから、ストリーミング配信で何度リピート再生しても、そのつど楽しめました。

次、脚本・シナリオ。
刑事が殺人事件の被害者の声を聞けるなんてチートにも程があるだろ、と当初は思っていました。
ところがどっこい、これが全くマンネリ化せず、この設定を逆手に取ったような様々なシナリオが展開されました。
第3話では被害者が間違った犯人を伝えていたり、第5話では死者が記憶を無くしていたり。
また死者が自殺した加害者だったり、石川が死者から話を聞こうとするとことごとく邪魔が入ったりと、実に多彩。

そもそも死者から話を聞いて犯人が分かったとしても、バカ正直に「死者から聞きました」なんて言う訳にはいかないので、証拠固めをしなければならないのですが、それがまたたいへん。
周囲に違和感を感じさせないように、警察を犯人へと導かなければならない。
しかし、下手に時間をかけていると、被害者が増えたり、犯人が逃亡したりする可能性がある。
そういった石川の苦悩やジレンマも、見飽きなかった要因かも。

一話完結モノとはいえ、生と死、光と影、正義と悪の境界線上に立つ石川がどうなってしまうのか、という全9話かけて描かれた主軸があって、それについて先の気になる展開が繰り広げられていたのも良かったです。
その分、後半へ行けば行くほど石川の立ち位置が黒い方向へ揺れ動いて、ハラハラが止まらなくなりましたが。
その流れで、あの衝撃のラスト。余韻が強くて、しばらくぼーっとしてそうな気がします。
明日の仕事、全く集中できなくなりそう。

あと、会話のキャッチボールが良かったです。テンポが良くて面白い。
第5話の岡部と石川のボケ(天然)&ツッコミとか、石川と立花のドツキ合い(ただし、ほとんど一方通行)とか、因縁を付ける立花とそれをばっさり斬り捨てる比嘉とか、シリアスな場面が続く中での清涼剤でした。
特に、石川と立花の会話が最高でした。
立花が投げた言葉のボールを、石川は見送るか避けるか、たまに受け取っても即座にペシッと捨ててしまうような、そんな会話が面白くてたまりませんでした。

演出について。
彩度を抑えたダークな色彩の映像が世界観にマッチしていてすごく良かったです。
また、ちょこちょこと画の構図(死体を挟んで石川と死者が対面しているシーンとか)で境界を表していたり、そういうギミックも面白かったです。

それと、地味に感動したのが、クドカン回(第5話)の被害者・岡部の影。
他の回と違って昼夜問わず死者が出ずっぱりだった回だったのですが、昼間のシーンでも岡部の影がなるべく写り込まないように工夫されていたのがすごいなと思いました。
カメラワークで足元を映さないようにしていたり、木やベンチの影と重ねて消していたり。
他にも、細かい演出の妙が冴えていて、感動の一助になっていたと思います。

キャラクター設定とキャストについて・・・・・は、語ると長くなりそうだし、ネタバレにも触れそうなので追記に。
たぶん、ほとんど石川語りになると思います。

で、音楽。
川井憲次さんの音楽が、本当に素晴らしかったです。
特にメインテーマ(かな? 毎回クライマックスでかかってるあの曲)が、もうたまりません。
ストリングスが紡ぐメロディと心を深く打つ重低音、それと男声コーラスで奏でられたあの曲から、厚みと重みを伴った力強さと寂寥感、孤独感が滲み出ていて、耳に残って離れません。
一番の希望はあの曲を生演奏で聴くことなのですが、まぁ「相棒」ぐらい出世しないと難しいと思うので高望みはしません。
なので、OSTを出して欲しいです。
CD媒体での一般販売が難しいなら、iTunes等で有料配信でもいいです。
もしくは、Blu-rayやDVD BOXの特典として付けて欲しいです。
お願いですから、あの曲をいつでもどこでもじっくり聴けるように取り計らってください。ほんと、お願いします。

というわけで、毎週木曜日の楽しみがなくなってしまって、しばらく呆けていそうな予感しかないくらい、いろいろ衝撃的で面白かったドラマでした。
BORDERの制作に携わられたスタッフ・キャストのみなさん、ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。

最終回見るまでは「2期希望!!」なんて叫んでたけど(主にTwitterで)、今は半々くらいかな。
石川の物語をもっと見たいっていう欲求はあるけれど、下手に世界観潰されるなら見たくないような、これで終わりってのもスマートでいいんじゃないか? ていう、そんな複雑な気分。


これより下の追記は、キャスト語り兼キャラクター語りになります。
と言っても、TVあんまり見ないドラマ素人の自分視点なので、そんな深い語りにはなりません。たぶん。
それと、ネタバレにちょっと触れるかもしれませんので、この先を見る方は注意してください。

まだ続くのかよ! っていうツッコミは無しの方向で。
自覚はあります。でも続きます。



というわけで、キャスト語り兼キャラクター語りです。

このドラマに出演されていた俳優の方々は、ほとんど俺の知らない方ばかりでした。
普段TVをほとんど見ない人間なので、初めて見た方が多数だったかも。
古田新太さんだけは、10年以上前に見たTBSの連ドラのレギュラーだったので知っていましたが、他は「見たことあるような、ないような」という程度。
主演の小栗旬さんも、「名前は知ってるけれど、どんな人だったっけ?」っていう感じです。

なので、中の人の過去作と比べてどうか、といったようなことには触れません。
というか、触れられません。よく知らないから。
キャストというよりは、登場人物について語ることにします。


まずは、主人公の石川安吾。
常にクールだけど心の内は熱い、一度死んで生き返った刑事、ていう設定だけでご飯3杯はイケるくらい、俺のツボに光速で直撃でした
俺以上にTVを見ない友人にBORDERと石川について軽く説明したら、「あー、君の好きそうなキャラだねぇ・・・・・」って3分で納得されてしまったくらい、ツボでした。

冷静沈着で頭の回転が速く、「絶対に捕まえる」という刑事としての確固たる正義を持って犯人を追い詰める姿が、本当に格好良かったです。
その反面、チート能力を得たことで被害者の想いに直接触れることになってしまって、被害者家族の哀しみだけではなく、被害者本人の哀しみも背負うことになる。
正義感が強かったことが逆に仇になって、クリーンだった彼が最短距離で犯人に迫るため黒い手を使うようになり、暗い方へと傾いていく。
回を追うごとに、白と黒、光と闇、正義と悪の境界線上で揺れ動く彼から、次第に目が離せなくなってしまいました。
それでもきっと、正義感の強い彼なら最後の最後には踏みとどまってくれるに違いない、と思い込んでいたからでしょうか、本当に最終回のラストが衝撃的で。
ラストの越境シーンでの彼の言葉なき慟哭が、もう・・・・・なんだろう、言葉にするのが難しいな。
今更感満載だし、もはやムリかもしれないけれど、石川、マジで幸せになってくれ。
そして、誰か、彼を救ってくれ。

目といえば、石川(というか小栗さん)の目が、どの回でも印象的でした。
暗くて重くて鋭くて冷たくて孤独感があって、でも熱くて。
無情な死を遂げた被害者にはすごく優しくて。
そして、時折誰かに縋りたそうに、でもそれを力づくで抑え込んでるようにも見えて。
言葉数は少ないけれど、全て目で語っているところが、逆に胸を打たれました。

でも、あの上目遣いの睨みは、マジで怖いです。
あの視線だけで、人を殺せるんじゃないかってぐらい。
第7話以降は特にそう感じたし、第8話の犯人が判明したときの目とか、尋常じゃないくらい怖かったです。

そもそも、全話通して小栗さんの演技力がすごかったです。
石川が現実にそこにいる感が半端なかった。
立花との何気ない会話から、犯人を追い詰める際の緊迫した中で静かに爆発させる感情、被害者を思って涙を見せ、そして最後の慟哭まで、どれもこれもすごくて目が離せませんでした。
特に、記憶に新しいからかもしれないけれど、最終回の最後のあの嘆きは、こちらも息するのを忘れてしまったくらい迫力がありました。
もう、あれは本当に凄かった。
シナリオの影響もあると思うけれど、あのシーンの石川の表情も目の動きも何もかもがどうやら心底ショックだったらしく、だからこそ最終回見終わってからしばらくは鼻すするくらい泣いたし、手の震えが止まらなかったのだと思います。
いやもう、本当に、小栗さんすごいです。
言葉が陳腐でもどかしいのだけど、それしか出てこないです。

それと、時折挟み込まれるアクションが自然で、あまりのセンスの良さに感心しきりでした。
第7話の格闘シーンを筆頭に、第5話の犯人追跡シーン他、一瞬の逮捕術も滑らかで、どれも見応えがありました。
一番良かったのは第5話の障害物競走。
ものすごく簡単そうにひらひらと障害物を飛び越えてるけれど、あれすごいことやってるんじゃないかと。
同時に見せた立花のデス・ウィッシュ・アクションも、豪快故に強烈でしたが。

父親との確執とか、自殺した兄とか、第7話で高飛びした政治家のバカ息子と掃除屋の件とか、そもそも頭の弾丸は大丈夫なのか?とか、回収されていない伏線の多いキャラなので、続編を仄かに希望しているのですが、あのラストじゃ難しいよなぁ。
金城氏だったら、いい感じにどうにかしてくれるに違いない、と思いつつも、このままそっとしておいて欲しいという気もしていて。
ほんと、なんで全9回だったんだろう。
全12回ぐらいだったら、その辺の伏線が回収されていたんでしょうか。
もし来週から始まるW杯の影響で全9回になったのなら、本気で恨むぞW杯。


次、石川の相棒の立花雄馬。
ライバル意識を燃やして何かと石川に突っかかってくる立花は、最初ウザいヤツとしか見えなかったのですが、第4話あたりから憎めないキャラになりました。
というか、なんだかんだ言って真っ直ぐで良い人ですよね、立花って。
石川に突っかかってはくるけれど、事件に対しては邪魔しないし、むしろさらっと石川に協力してくれるし。
なんだかんだ言っても石川の身を案じてて、さりげなく気を使ってるのも、好感度高し。
石川と立花がコンビで動いてるシーンは、なんか和みました。

比嘉とのシーンも、何気に好きです。
石川・立花・比嘉の3人でわちゃわちゃしていれば、それだけで俺は幸せでした。


石川の上司である、市倉班長。
顔は怖いけど、心根は優しい、時に厳しく、時に甘やかす、無邪気に走り回る2人の”子供たち”を見守る良い”お父さん”でした。
第4話の、爆弾によって負傷した石川と立花の身を心配して怒りつつも、言うことを全く聞かない2人が現場に入るのを、最終的には許す展開は、どうしても子供と保護者にしか見えませんでした。
でも、この関係と距離感が好きでした。

それはともかく、市倉班長は理想の上司に近いかもしれません。
リーダーシップがあって、頼れる良い班長だったと思います。
まぁ、家庭感溢れるゴミ出し姿も似合ってましたけどw


レギュラー陣の中では紅一点、特別検視官の比嘉ミカ。
目力強いなぁ、というのが第一印象でした。
理知的なところは好感が持てるけれど、時々凄まじく感情的になるのがちょっと。
一般的な女性って、あんな感じなんでしょうか。

個人的には、最終回まで石川と比嘉の間で恋愛模様が描かれなくて本当に良かったです。
石川と比嘉の間にそんなのいらないと思ってます。
友人というか、戦友みたいな関係でいて欲しい。
で、立花も含めた3人でわーきゃーやってるくらいがちょうど良いです。


裏社会の人間その1、情報屋の赤井。
石川が協力を求めながらも内心では忌避しているという、微妙な距離感の赤井でしたが、個人的には結構好きなキャラでした。
飄々としているところも、石川と言葉遊び(交渉ごと)するところも、どれも結構好きでした。
第7話で暴走気味な石川を突き放すように止めようとしたり、最終話でこれ以上ないほどに傷つき落ち込んでいる石川をいたわったり、なんだかんだで石川寄りの人物だったような。


その2、S&Gの2人。
ほとんどEnterを押さないあのキーボードの叩き方はないなぁ、とか、ウィンドウの中身には何が書いてあるんだろう、とか、職業柄そっちの方に目が行ってしまいがちだったのですが、それはともかく。
この2人、すごく和むコンビでした。
言動が面白くて、出てくる度にどんなことをやってくれるのか、楽しみで仕方なかったです。
そんな2人の突拍子もない言動に面食らってどうしたらいいのか分からない様子の石川っていう構図も好きでした。
結構複雑な過去があるっぽいので、この2人でスピンオフの1つぐらいできそうな雰囲気。むしろ作って欲しい。


その3、便利屋スズキ。
ちょこちょこっとしか出てないのに強烈なインパクトを放つ異様なキャラで、それはそれで目が離せませんでした。
毎度、どんなキャラで登場するのかは、楽しみでした。
もうちょっと出番多くてもいいけれど、でもあのくらいがちょうどいい感じもします。
それにしても、特技有り過ぎです。盗聴だけかと思ったら文書偽造までとは、どんだけなんだ。


なんかまだ書き足りない気もしますが、最終回終わってから一気に書いたら少しすっきりしました。
まぁ、これから寝て起きた後にどうなってるかわかりませんが。
ボーダーロスを患って、ひたすらジタバタ悶えているかもしれません。

「BORDER」は、じわじわと強烈に魅了されたドラマでした。すごく良かったです。
Blu-ray BOXの発売日(9/26)まで先が長いので、穴埋めをどうしようかなと考えていますが、とりあえず7月にGyao!の課金が切れるまで、脳内に焼き付くまで繰り返し鑑賞しようかな。


余談ですが。
個人的に一番好きな回は第5話でした。石川と立花のアクションが素晴らしかったし、石川と岡部のやり取りがクセになるくらい好きです。舌打ちとか、「ガッカリですよ」「コメディ映画のような展開ですね」っていう会話とか。
でも、この回は他のシリアス回があって初めて映える回だと思うので、そういう意味ではちょっとアレかな。
他には、加害者がゲスト死者だった第2話、レギュラー陣が揃って吹っ飛ばされる第4話、石川が完全に敗北した第7話、とにもかくにも衝撃的だった最終話あたりが好きかも。
ちなみに、最終話は賛否両論ありますが、俺は好きです。
あのラストの衝撃は、しばらく忘れられそうにありません。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック