[ゲームRev] ブレイブリーデフォルト フォーザ・シークウェル

3DSのRPG「ブレイブリーデフォルト フォーザ・シークウェル」(以下BDFtS)を、終章、真終章ともにクリアしました。
BDFFのクリアデータを引き継いで、最初からLv99の状態(ただし非全ジョブマスター)でプレイして、難易度NORMALのプレイ時間は44時間ほど。
途中で全ジョブマスターのためにジョブレベル上げをしていた時間が10時間程度あるので、シナリオを進めるために費やした時間は実質35時間強というところ。
それでも、思っていた以上にかかりました。

2012年10月に発売された「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー」(以下BDFF)の改良版である本作。
メインシナリオは、BDFFと同じです。
基本1本道のシナリオだし、BDFF発売からまだ2年も経っていないので、正直もう一回プレイするのはちょっと辛かったです。
特に、5章と6章は。
BDFFで何回もやったシナリオだけに。

ただ、7章と8章は追加サブイベントが盛り沢山で、そこは結構楽しめました。
アスタリスク所持者たちの人間関係を掘り下げるイベントが目白押しで、ほろりと感動させられたり、熱くたぎるシーンもあったり、かと思えば「お前ら、なにやってんの?」と画面に向ってツッコミを入れることもしばしばあったり。
BDFFのアスタリスク所持者たちの人間関係は、思わせぶりなところがありつつもあまり深く掘り下げられなかったので、今回BDFtSで十分描かれていたことは、すごく良かったと思います。
おかげで、アスタリスク所持者の面々が(一部を除いて)誰も彼も愛おしいです。
あの召喚士メフィリアや魔人ヴィクトリアですら、サブイベントを見たら可愛く思えてしまったほどでした。

一方、BDFFのときから下衆かったアスタリスク所持者は、追加サブイベントによってさらに下衆くなってるので、そこも楽しかったところでした。
BDFFではおとぎ話の悪役に感じるようなムカつきだけだったのですが、BDFtSではわりと本気で一発殴りたくなりました。

実質周回プレイでシナリオ進行が少しかったるかったのですが、それでも真終章のラスボス戦の流れは2回目でも熱くてたぎりました。
BGMも、何度聴いてもカッコいいし。
このラストバトルは、後世まで語り継がれてもいいレベルだと思います。

真終章といえば、EDのラストも少しだけ変わっていたような。
BDFFではどっちとも取れる思わせぶりなラストだったけれど、BDFtSでは明確にばったりしてて、BDFFで初めてED見たときよりも衝撃が強かったです。
まぁ、その直後、発売が決定しているセカンドに繋がるスペシャルムービーを見て、その演出に納得しましたが。
BDFFのラストのままでは、スペシャルムービーへの繋ぎが弱かったような気がします。

終章と真終章の両方をクリアして見られるスペシャルムービーですが、自室で見ることをオススメします。
OPと同様のARムービーなのですが、OP以上に3DS持ってぐるんぐるんします。
しかも、ある方向に向かないとムービーが進まなくなるっぽい箇所があるので、ぐるんぐるん必須です。
そのため、人目のあるところで鑑賞すると、完全に怪しい人になります。
ぜひ自室でお楽しみください。

システム面の改良ですが、エンカウント率の調整はすごくありがたい機能でした。
レベルが一定以上に上がると敵が出てこなくなるゲームや、一定数の敵を倒すとエンカウントしなくなるゲームは過去にいくつかありましたが、エンカウント率を任意で調整できるゲームってあまりないような。
少なくとも、俺の記憶を探っても、今のところ思い当たりがありません。
今回、エンカウント率調整に触れてみて、なんでこれまでなかったんだろうと不思議に思ったくらい、超便利な機能でした。
Lv引き継いでの周回プレイが可能な場合のデファクトスタンダードになればいいなぁ、これ。

便利な機能が追加された一方で、戦闘で実装された機能「ブレイブリーセカンド」はあまり使いませんでした。
というか、最後までイマイチ使い方がわかりませんでした。
時間を止めて全員で一斉にタコ殴れるかと思っていましたが、そうではなかった模様。
ダメージ量の限界突破は魅力的だけど、なくても真終章のラスボス倒せたので、お世話になることはほとんどありませんでした。

これからブレイブリーデフォルトに触れる人ならば、追加機能・追加サブイベント盛り沢山な分、BDFtSの方がオススメです。
BDFFをプレイ済みの場合は、よほどのBDFF好きではない限り、わざわざフルプライスで買ってまでやるほどではないです。
今年8月に廉価版が出るようなので、それ待ちでも十分かと。
ただ、BDFFにしろBDFtSにしろ、RPG好きならば一度はやって損はないゲームだと思います。

で、ブレイブリーセカンドの続報はまだですか?

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック