[GMCD] LIGHTNING RETURNS: FINAL FANTASY XIII オリジナル・サウンドトラック

ものすごく今更感満載ですが、FF13の続編の続編「LIGHTNING RETURNS: FINAL FANTASY XIII」のOSTをようやく全曲聴き終わりました。
CD4枚組みで、全74曲。再生時間はトータルで5時間超え。

ゲームは未プレイです。
無印FF13は一応最後までプレイしたのですが、中盤以降からゲーム内の独自単語が何のことを指しているのか理解できなくなって、結局ストーリーがさっぱりわからないままEDに到達してしまったので、それ以降の続編は未プレイです。
無印13の内容を理解してなくても13-2やライトニング・リターンズがプレイできそうなら、ちょっと興味はあるんですが。
システムと音楽は良かったし。

というわけで、OSTは続編の分も購入して聴き続けてます。
今回も、曲はどれもいい曲です。
最近のゲーム音楽でよく聴く雰囲気音楽ではなく、ちゃんとメロディが立っているので、聴き応えがあります。
個人的には13-2より好きかもしれません。

全体的にはオケ調が強い印象。
無印FF13のメインコンポーザーが浜渦正志氏だった流れからか、全体的にキラッキラしたオケ調が強いです。
でも、個々の曲を聴くとロック調だったりエキゾチックだったりアンビエントっぽかったり、様々な曲があります。
ただ、なんとなくですが、どの曲も醸し出される空気感に共通項が含まれているようで、あまりバラつき感は強くなく、むしろ統一感を感じます。
今回もコンポーザにバラつきがあるのに、妙な統一感が保たれていて、なんか不思議。

コンポーザは、浜渦正志氏の他に、鈴木光人氏や水田直志氏なども参加されています。
鈴木光人氏の曲は、BEMANIやアレンジ曲の印象で、なんとなくエレギやドラムがバンバン入り乱れる激しい曲を書く人というイメージだったのですが、本作の曲を聴いて少しイメージ変わりました。
結構、重厚でしっとりした曲やトリッキーな曲も書ける、カバー範囲の広い方なんだなぁ。

それにしても、FF13にちなんでラストバトル曲を13分に収めた、というのは、なんとも粋なはからいでした。
そういう小ネタは大好きです。好感急上昇です。

一部の曲はシアトリズムFFCCに収録されていたので、そっちで先行して聴きましたが、シアトリズムFFCCに収録された曲はLR:FF13の中でも飛び抜けてトリッキーな曲ばかりだったっぽい。
それだけに印象が強くて、人気があって、収録されたんでしょうか。
確かに、聴いていて面白いというか、クセになる曲でした。人気が出た理由もわかった気がしました。

でも、他の曲もかなりレベルが高いです。
「ウィルダネス」のような重厚な曲は、自分にとっては超好物でした。

今回、LR:FF13のOSTを聴いて、ゲーム本編への興味が少し強くなりました。
それくらい、曲が良かったです。
もっとも、LR:FF13やる前に、FF13-2やらないといけないんですが・・・そして積みゲーの山が高くなる・・・。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック