[GMCD] シェルノサージュ オリジナルサウンドトラック ~音と世界の受信記録 Sec. 2~

PS Vitaのゲーム「シェルノサージュ」の2枚目のOST「シェルノサージュ オリジナルサウンドトラック ~音と世界の受信記録 Sec. 2~」をゲット。
CD2枚組みで、全36曲収録。
そのうちの12曲はボーナストラックだそうです。
再生時間は、トータルで84分ほどになります。

シェルノサージュは、OFFLINE版を現在進行形でプレイ中です。
試練編第二幕をちまちま進めています。

1枚目が発売されていから随分時間が経ちましたが、ようやく2枚目が発売されました。
Genometric Concertも含めて、たぶん、これで全曲揃ったのではないかと。
全部揃うまで、長かったなぁ。

本作のコンポーザは、志方あきこさんの他多数。
前作のSec.1が志方さんだけだったことを考えると、今回は賑やかというか華やかというか。

曲調は、民族音楽調だったり、オケっぽかったり、時々デジタル色強めだったりロックっぽかったり、そんな感じ。
BGMに徹しているためか、全体的に大人しいという印象が残りました。
突出してインパクトの強い曲はほとんどありません。

ただ、悪くないです。
いろんな曲調の曲が詰め込まれていますが、そのどれもが小粒なりとも色彩があって、聴いていて楽しい良曲が多いです。
作業しながら聴いていて、ふと「あ、この曲いいな」と思わされることがしばしば。
聴いていて不快に感じた曲はなかったし、メロディやハーモニーの好きな曲が結構ありました。
Sec.1よりも聴いていて楽しかったです。

個人的には、おそらくボーナストラックと思われるDisc.2に好きな曲が多かったです。
Disc.2のコンポーザは阿部隆太さんと浅野隼人さんなのですが、お二方のどちらの曲もすごく良かったです。
浅野隼人さんは「Ar nosurge Genometric Concert side.紅 ~天統姫~」のインスト曲も書かれていた方で、それもすごく自分の好みの曲だったので、今後の活躍も気になります。
ガストといえば柳川和樹さんの曲も好みだし、ガストの曲の方向性が自分の好みと一致してて、物欲センサー刺激されまくりで嬉しい悲鳴が出まくりです。
ふ、懐が・・・・・・でも、曲が聴きたい・・・・・・うがー。

Disc.1の志方さんの曲も、全体的に好きでした。
曲によって色合いは様々なのに、どこか一貫性が感じられるという不思議さ。
そのためか、全体ループで聴いていて飽きませんでした。
特に「天涯星夜」が好きです。背後で薄く聴こえるコーラスがたまりませんでした。

思っていた以上に楽しめたOSTでした。
「アルノサージュ」や「アルトネリコ」シリーズなどのOSTの雰囲気に似ているので、そちらが好きな方にはオススメです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック