[GMCD] エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー オリジナルサウンドトラック

「ACE COMBAT 5 The Unsung War」のOSTを、iTunesで購入。
iTunes配信版の曲数は、全部で91曲。
再生時間は4時間長。
ちなみにiTunes配信版は、CD版より1曲少ないようです。
Amazonの商品紹介で照らし合わせてみたのですが、最後の1曲がiTunesに入っていません。
これ、CD版だけのボーナストラックかな。

購入のキッカケは、9月末のGame Symphony Japan 第二回演奏会でした。
そこで演奏された「The Unsung War」があまりにも素晴らしくて、感動して、いつかOST買うぞ! と決意。
それから1ヶ月ほどして、積みCDを一通り聴き終えて、念願のOSTを買う絶好の機会が到来したのですが、ちょうど私事都合によるひどい金欠状態とマッチング。
5日ほど迷いましたが、どうしてもGSJ2ndでの感動に我慢できなくて、OST購入を決めました。

iTunes版なのは、CD版より安かったからと、iTunes版にない曲をAmazonで試聴したところ自分の好みな感じじゃなかったからです。
あと、最近ゲーム音楽CDを収納している棚の空きスペースが無くなってきたので、なるべくデジタル配信版に切り替えていきたいっていう事情も。

全体的な曲調は、オーケストラ。
個性の強い曲はあまりないけれど、聴いているとジワジワと心に染み込んできます。
理性で抑えられているのに、少しずつ感情に訴えかけられてくる感じ。
曲の展開が飛び抜けてドラマティックというわけではないのだけど、聴き終わった後は余韻がなかなか離れません。
聴き込めば聴き込むほど、ハマるOSTでした。

曲の性質から、作業用BGMにちょうど良いかも。
耳当たりが良いので邪魔にならず、作業が捗りそう。

一番好きな曲は、GSJ2ndで生演奏も聴いた「The Unsung War」。
静かな和音から始まって、低音と男性コーラスの重い響きに続き、そこに女性コーラスや他楽器音が少しずつ重なっていき、サビで盛大に爆発する展開が、すごく興奮します。
力強くも哀愁の漂うメロディラインも胸にぐっときます。
このメロディラインを使った曲は他にもあったけれど、それらも含めて好きです。

それにしても、こんなに壮大な曲、ゲーム中ではどこで使われているんだろう。
ゲーム未プレイだし、STGは馴染みがないから、皆目見当が付きません。
この曲が流れるシーンだけ見てみたいなぁ。

そんなわけで、「ACE COMBAT 5」はシンフォニックな曲が好みな方にはオススメの作品でした。
ゲームを知らなくても、結構聴けると思います。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック