[GMEV] コスモスカイオーケストラ 第6回定期演奏会

12月7日に、ゲームやアニメ、TV番組の劇伴音楽を演奏するオーケストラ楽団「コスモスカイオーケストラ」の第6回定期演奏会に行ってきました。
会場は、神奈川県民ホールの大ホール。
開演は17:00で、終演が19:30過ぎでした。

今回で3回目のコスモスカイオケ。
日曜日開催で開演時間が遅かったけれど、チケットは予約数に達したとのこと。
そのわりには、開演すぐの時間帯は空席がちらほら。
どこかの電車、遅れていたんでしょうか。

アマチュアのオーケストラの無料演奏会としては、高い技術力を誇るコスモスカイオーケストラ。
音が外れたり、音のバランスの悪いところもちょっとありましたが、全体的には今回も素晴らしい演奏で魅せてくれました。
特に第3部の演奏が良かったです。
調和の取れた演奏と、ゲームへの熱意が特に強く感じられて、圧倒されました。
かと思えば、第2部では笑いも盛り込まれていて、最初から最後まで飽きることがありませんでした。

コスモスカイオケの特徴は、アレンジだと思います。
本編最後のBDFFはほぼ原曲通り、第2部のTV番組のテーマ曲メドレーは原曲重視でしたが、他のゲーム音楽はアレンジ強め。
アレンジは人によって好みが分かれるかもしれませんが、コスモスカイならではのアレンジで、次にどんなアレンジで来るのか楽しみでした。

今回は、映写機を導入し、曲と曲の合間などに映像の演出がありました。
静止画だけではなく、アマチュア楽団とは思えないほど力の入ったイメージ映像で、耳だけではなく視覚的にも楽しめる構成でした。
特にOP映像とBDFFの映像がすごかったです。

粗の目立つ演奏もあったけれど、ゲームをはじめとした曲に対する凄まじい愛情に後押しされた、熱い演奏会でした。
次回は2015年10月12日、八王子オリンパスホールで決定したとのこと。
都合をつけて、ぜひ参加したいです。

でも、できれば開演時間はもうちょっと早めでお願いします。

これより下の追記には、今回のセットリストと曲ごとの雑感を記します。


セットリストは下記の通りです。
-----
[プレコンサート]
聖剣伝説1メドレー

[1st stage]
00. 本日のお品書きメドレー
01. ポケットモンスターメドレー(「ポケットモンスター赤・緑、金・銀」より)
26 ばんどうろ/戦闘! ジムリーダー(ジョウト)/ワカバタウン/エンジュシティ/こうそくせん/戦い(VS ジムリーダー)/マサラタウン/戦闘! チャンピオン
02. 交響詩 聖剣伝説2, 3(「聖剣伝説2」「聖剣伝説3」より)
Not Awaken/Meridian Child/天使の怖れ/闇の奥/少年は荒野をめざす/君は海を見たか/危機/嵐の孤児/Powell-Swivel(Another Winter)/未知への飛行/Can You Fly Sister?/予感/子午線の祀り/Nuclear Fusion/Sacrifice Part Three/Religion Thunder

[2nd stage]
03. ユニコーン(「機動戦士ガンダムUC」より)
04. Blind Justice(「beatmania IIDX 14 GOLD」より)
05. 24時間ショウ・タイム! -音楽は宇宙を救う-

[3rd stage]
06. 法廷組曲 -逆転裁判5-(「逆転裁判5」より)
逆転裁判5・開廷/尋問~モデラート 2013/尋問 ~アレグロ 2013/成歩堂龍一 ~異議あり! 2013/追求 ~追いつめまくれ
07. 組曲 ブレイブリーデフォルト(「BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY」より)
第1楽章:希望へ向う序曲
第2楽章:光と影の地平~戦いの鐘~勝利の歓び
第3楽章:虚ろな月の下で
第4楽章:地平を喰らう蛇


[アンコール]
08. 彼の者の名は(「BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY」より)
09. プレリュード~ファイナルファンタジー(「FINAL FANTASY」シリーズより)

[お見送り曲]
10. 風が吹いた日(「BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY」より)
-----

これより下は、印象に残った曲ごとの雑感になります。

聖剣伝説1メドレー
弦楽アンサンブル形式の聖剣伝説1のメドレー。
Rising Sun、果てしなき戦場、マナの使命、聖剣を求めて、があったことは解ったのですが、詳細は不明。
戦闘2と最後の決戦もあったっけ?
小規模だけど、結構しっかりした演奏でした。

02. 交響詩 聖剣伝説2, 3
全体的にメリハリの強い演奏だった印象でした。
アレンジはリズミカルで、原曲のような流れる感じではなく、一音一音がはっきりしていたように思います。
曲の繋ぎがすごく難しそうでした。
それと、「天使の怖れ」などのピロピロしている部分の演奏、ちょっと不安定だったけれど、すごく頑張っている感じがしました。

曲の流れは、なるほど交響詩かという構成。
聖剣伝説2, 3の冒頭からラストまでを良いとこ取りして凝縮し、ドラマティックに再構成したような、うまい構成でした。

03. ユニコーン
原曲知らないけれど、エキゾチックな曲調やパーカッションがすこぶる自分の好みでした。
これは原曲が気になる。

04. Blind Justice
原曲の雰囲気は出ていたけれど、ちょっと音がごちゃごちゃしていて、まとまりに欠けたアレンジでした。
もうちょっとスマートな感じでも良かった。
CCMさんによるコーラスは最初からあったけれど、歌詞を歌うことは後半のみ。
前半から歌って欲しかったです。

05. 24時間ショウ・タイム! -音楽は宇宙を救う-
演奏者が全員黄色いTシャツ姿だったことから始まる、怒涛のツッコミラッシュ。
メドレーの最初は「サライ」から。「サライ」は小さい頃にものすごく好きで、CD買ったなぁ、としみじみ思い出しました。司会の方が歌っても良かったのよ。
オールナイトニッポンのテーマ曲、MCのセルフエコーが全部持って行きました。
紅蓮の弓矢、まさか生演奏を聴く機会が得られると思わなかったので、これは嬉しかったです。ボーカルはなかったけれど、脳内補完余裕でした。
相棒OP曲も、生演奏に感動。ドラマはあまり見ていないけれど、意外と耳に残ってるもんなんだな、と実感。
風林火山、自分が出身地的に謙信派なので演出ののぼりには複雑な気分を抱きましたが、曲はすごく良かったです。重厚で壮大で、格好良かったです。

06. 法廷組曲 -逆転裁判5-
作曲者の岩垂徳行氏自身がアレンジしたものが演奏されました。
そのアレンジが、素晴らしかったです。
原曲を最大限に残しつつ、演奏にムリのない編成。
アマチュアとプロの差を見せ付けられた気分でした。

そのためか、ハーモニーが一番整っていたように思います。
聴いていて、すこぶる気持ちよかったです。

カプコンの山崎Dが休日返上して、「追求」に歌詞を付けて下さったそうです。
よく聴き取れない部分があったので、歌詞全文知りたいです。

07. 組曲 ブレイブリーデフォルト
ひたすら熱い演奏でした。
「希望へ向う序曲」や「戦いの鐘」はもちろん、「虚ろな月の下で」すら奥底を感じられました。
それが「地平を喰らう蛇」で爆発。
必殺技メドレーから「希望へ向う序曲」などのテーマに繋がっていく一連のフレーズが特に。
なんかもう、圧倒的な迫力でした。
音が直接身体に当たって物理的に感じ取れるような、生演奏でないと体験できない圧倒さでした。

アレンジは、コスモスカイオケにしては珍しく控えめで、結構原曲に忠実でした。
原曲が完成形に近いから、アレンジが難しいのかな。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック