[雑記] 2014年もろもろ振り返ってみる

2014/12/31(水) 13:11:00 | カテゴリ:雑記
当ブログにおける年末恒例の今年一年総括エントリ。
今年、ブログを始めて10年目なので、たぶん10回目の総括になります。
いやはや、時の流れは速いものです。
でも、やってることは10年前とあんまり変わっていません。世の中そんなもんです。

なお、本エントリ内のリンクは、全て過去のエントリに繋がっています。

■ゲームこの1年
今年クリアしたゲームは、去年と変わらず10本。
大体1ヶ月に1本ぐらいのペースです。
俺のプレイするジャンルのメインがRPGだからか、そんなに数はこなせていません。

今年プレイしたゲームで印象的だったのは、F2Pの「勇者のくせにこなまいきだ。G」
テンポがよくて、育成要素もあって、非常におもしろかったです。
普段パズルゲームをやらない自分ですらハマってしまい、DLした翌日には「どっぷりモード」を購入してしまったほど。
あれは、いろいろと上手くできていたゲームでした。

それと、春先にプレイした「アルノサージュ」、世界観やシナリオが非常に自分好みでした。
「アルトネリコ」時代から、土屋D作品の練り込まれた世界観が大好きなのですが、今回もそれにぴったり合致。
「シェルノサージュ」未プレイでも、存分に楽しませてもらいました。
ちなみに、「シェルノサージュ」はOFFLINE版を今プレイ中。
発売日から2ヶ月以上経過していますが、いまだに「特別な真空管」の調合に手こずっています。

ファンの欲目による偏見が強いという自覚があるので客観的な評価ができないけれど、個人的に満足したのはP4U2
格闘ゲームとしての面白さは、自分の格ゲープレイ経験が皆無なのでなんとも言いようがないのですが、ストーリーモードのシナリオは楽しませてもらいました。
このP4U2とTVアニメの影響で、P4熱が現在進行形で再燃中です。

■ゲーム音楽この1年
今年、当ブログにレビューを投下したゲーム音楽のアルバムは26本。
相変わらず、バカみたいに手当たり次第聴きまくっています。
ゲームの初回限定版に付属の音楽CDなどはレビューしていないので、実際はもっと聴いていますが。

今年一番良く聴いていたアルバムは、「アルノサージュ」のOSTジェノメトリックコンサート(歌曲集)。
これは声を大にして言いたいのですが、「アルノサージュ」の曲はもっと評価されていいと思ってます。
ギャルゲーっぽさが目立っちゃってプレイヤーが絞られがちですが、音楽も本当に良いのでオススメです。
民族音楽っぽい曲が好きな方ならなおのこと、オススメです。

ブラウザゲームだし、全曲クラシック音楽のアレンジだけど、「百年戦記ユーロ・ヒストリア」のOSTも良かったです。
クラシック音楽好き+光田康典さんの曲が好きな自分にはたまりませんでした。
有名どころのクラッシックの曲ばかりを使っているので、クラシックをあまり知らない方でも楽しめると思います。

まだレビューを投下していませんが、今聴き込み中のFF14のOSTがかなり良い感じです。
風の噂で神曲揃いだと聴いていましたが、確かにその通りかも。


■ゲーム音楽系イベントこの1年
ゲーム音楽の演奏会のレビューは、今年17本。
レビューを投下していない演奏会もあるので、実際に足を運んだのはもう少し多いです。

ここ数年でゲーム音楽の演奏会の数が格段に増え、演奏会がブッキングすることも珍しくなくなりました。
おかげで、ブッキングした場合にどちらを選択するか頭を悩ませることが、今年は多かったような気がします。
まるでRPGやADVで選択肢を目の前にしたような気分を、時々味わっていました。

今年開催された演奏会で最も印象的だったのは、Game Symphony Japanの第一回演奏会
何もかもが完璧で、演奏会後は感動と興奮のあまり、感想がなかなか言葉にならなくて苦労したくらい。
第一回演奏会から半年ほど経過しましたが、あのときの興奮はいまだに忘れられません。

それと、ファミコンバンド(FCB)の第12回演奏会も素晴らしかったです。
無料コンサートとは思えないほどの演奏、演出の数々。
FCBの演奏会はいつも時間が長くなるなるのですが、それが長いと感じられないくらい面白かったです。
知らないネタがあっても、問題なく楽しめました。

記憶に残っちゃうけれど残しちゃいけないような、色んな意味で強烈な印象を残していったのが、GAMEバンドのSPコンサート
演奏会に行かれた方なら、この複雑な心境を察していただけると思います。そんな演奏会でした。


■その他この1年
例年よりも、TVアニメやドラマをよく見てたような気がします。
特に、2014年春期のドラマ「BORDER」にはどっぷりハマりました。
オンデマンド配信で各回10回ぐらい繰り返し見た上、Blu-rayのBOXとOSTまで購入したくらい。
あれは本当に面白い作品でした。
かといって続編やって欲しいかと問われると、気分的には賛成半分・反対半分。


というわけで、今年の振り返りは以上です。
それでは、良いお年を。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック