[アニメEV] Persona4 the Golden ANIMATION ジュネス新春ゴールデン感謝祭

2015/01/25(日) 23:24:57 | カテゴリ:雑記
TVアニメ「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」(以下P4GA)のイベント「ジュネス新春ゴールデン感謝祭」に行ってきました。
会場は、東京国際フォーラムのホールA。
開演は予定の17:00より5分遅れ、終演は19:30頃でした。

[2016/01/26 一部加筆修正しました。]

本イベントは、P4GAのBlu-ray・DVD第1巻~第3巻に封入された応募券で応募された中から抽選による招待制のイベント。
とはいえ、P4GAのネタに限られていたわけではなく、広義のP4のイベントという感じの内容でした。
事件ネタがあったり、ラブリーンが出てきたり、主人公の7股ネタがあったりしたので。
P4GAで繁茂に見られた極端なマリー推しは、イベント中ではあまりありませんでした。
むしろ、マリーの影が薄かったような。

イベントの内容は、朗読劇とトークコーナー、ライヴの三本柱。
それらがサンドイッチになったような編成でした。

出演者は、特捜隊メンバー8人全員+マリー+足立、さらにシークレットゲストで堂島家の2人。
ライヴパートでは、平田志穂子さんだけではなく、川村ゆみさん、Lotus Juiceさんも登壇されていました。
メインキャスト(ライヴのヴォーカリスト含む)が一人も欠けることなくフルで勢揃いするなんて、もう二度とないんじゃないかというくらいに、とにかく豪華でした。
今回の上を行くには、あとはもう、マーガレット姉さんの登場ぐらいでしょうか。

個人的には、堂島さん(石塚蓮昇さん)の登場が一番のサプライズでした。
シークレットで登場されるといいなぁ、ぐらいの夢は見ていましたが、まさか本当に登場されるとは思っていなかったので。

各コーナーの細かいレポートのような感想のようなものは追記に回すとして、ひとまず全体的な感想から。

朗読劇とキャストトークでは全力で笑わされ、ライヴパートでは大いに盛り上がり、すごく面白いイベントでした。
まぁ、ライヴ以外は結構グダグダでまとまりない感じでしたが。
だが、それが良い(きっぱり

キャスト陣の和気藹々っぷりに良い感じで脱力感を感じつつ、ほぼずっとネタ合戦になっていて、ひたすら笑い続けていたような気がします。
おかげで、今、腹筋が筋肉疲労起こしてて、帰路の最中からずっと腹の調子が悪いです。
いやまぁ、イベントに対する満足感でかなり充実した気分を味わえたので、名誉の負傷みたいなものですが。

そういえば、舞台の大道具がかなり凝っていて、ジュネスの屋上がかなり細かいところまで再現されていました。
青空の背景とか丸テーブルとか、クイズコーナーのゲスト用の台とか早押しボタンとか、P4GAはお金のかけるところがどこか間違ってる気がします。良い意味で。

というか、あの白い丸テーブルと椅子って、もしかして東京国際フォーラムの備品でしょうか?
毎年GWに開催される某イベントで見たものと似ていたので。

今回のイベントで、ペルソナシリーズに関する新情報とかは特にありませんでした。
何か出ないかな、とほのかな期待を抱いていたのですが、少々残念。
そろそろ弾が出尽くされた感もあるので、仕方ないかなとも思いますが。

というわけで、P4の声優イベントは初参加だったのですが、終始笑いっぱなしで非常に楽しめました。
参加できて、本当に良かったです。
次があるのかどうかは全くの未知数ですが、あれば是非参加してみたいところ。

完全な蛇足だし、イベント内容とはあまり関係ないのですが、開場直後に入場したら周りにほとんど人がいなくてポツンとしていたところ、斜め後ろの見知らぬ方に声をかけられて、15分ほどペルソナ談義で盛り上がったのが地味に楽しかったです。
イベントの性質上、お互いにP4好きだとわかっているので、このような交流にはワクワクしました。
こういうことが稀に発生するのも、イベントの醍醐味かもしれません。
まぁ、自分からは人に話しかけられないチキンなので、あんまり機会に巡り合うことがないのですが。


これより下の追記は、各コーナーごとの感想のようなレポートのようなものになります。
ざくざく手当たり次第書いてたら、相当長くなってしまいましたので、ご注意を。



これより下は、コーナーごとの感想になります。
うろ覚えな部分もあるし、まとめられる自信がないので、箇条書きで。
それと、自分が大の足立好きなので、気が付くと足立寄りな感想になってしまうかもしれません。


1. 朗読劇 (1)
・5分でわかる(?)ペルソナ4、というか、華麗なる2周目番長、というか。
・ペルソナ4の事件パートを5分程度で描く、という、ジェットコースターどころの騒ぎではない解決の速さ。
・たぶんP4知らない人が見たら、何がなんだかわからなかったと思う。速過ぎて。
・花村、千枝・雪子あたりまでは少々丁寧に描かれていたけれど、その後のシャドウ描写の雑っぷりがw
・ただし、完二についてはよくやったと言いたいw
・足立以外は大体イザナギさんが即効解決。アメノサギリもワンパンで撃破。
・足立だけ物理(殴)でフルボッコ。
・あまりのフルボッコに足立「誰か、警察呼んで~!」→いやお前だろ、までが多分テンプレ。
・さすがにイザナミは伊邪那岐大神を召喚。でもやっぱり一撃。
・EDは鳴上の「Never More」(鼻歌バージョン)をバックに仲間たちが各々の台詞を言いかけるも、鳴上完全スルー。
・そりゃさすがに、みんな総ツッコミだよ。

2. ライヴパート (1)
・P4GAのOP曲「Next Chance to Move On」をバンド形式でフル演奏。
・第一巻買ってないから初めてフルで聴いた。
・平田さんの声の伸び、相変わらずいいなぁ。

3. キャスト自己紹介
・クマ(山口勝平さん)が、「キラッ☆」ポーズ(ピースサインの指2本を目元に当てたポーズ)をしたものだから、その後に続いて登場されたキャストの方々もそれに習うことに。
・登場後の自己紹介で、クマより先に登場されていたキャストの方々が、同じポーズしていた。
・勝平さんが熊田コス、真殿さんが足立コスで登場。沸く会場。
・50前後にしてコスプレに目覚めたおっさん2人w
・ちなみに、真殿さんの足立コスはYシャツの第1ボタンを外してネクタイを緩めて着崩した感じだったので、P4U2の足立っぽかった。
・花澤さんかわいい。お茶目。
・キャストが全員、血液型B型かAB型だったという事案発生(この後にシークレットとして登場された石塚さんだけがA型だった)。

4. マヨナカアンケート
・事前にTwitterで募集をかけていた質問にキャストが答えるというコーナー。
・司会進行は、浪川さんと森久保さん。
・他のキャストの方々は、白い丸テーブル3つに分かれて座るという形式。
・だったが、各テーブルごとで雑談で盛り上がってしまい、全然司会者2人の話を聞かないというB型気質発動w
・1つ目の質問は、「キャストがオススメするP4GAの面白いシーン」。
・回答は、堀江さんが「クリスマスイベントで、全員倒れているシーン」。関さんが「海水浴イベントで、完二が全裸になってしまったシーン」。あー、なるほど。
・2つ目の質問は、「女性キャストの方へ、P4の男性キャラの中で選ぶなら誰が一番良いか?」。
・謎のキャベツ(足立)人気。
・小清水さんの足立推しの理由「いじりたい」に、妙な納得感。
・このとき、堂島さんが登場済みだったら、堂島さんが一番人気だったと思われ。
・3つ目の質問は、「ご自分のシャドウはどんな感じか?」。
・司会進行に回答が振られ、浪川さんがステージ中央+ピンスポットライトで「勝平さんのボールペンの芯を盗んだのは自分」と告白。
・が、その直後、マヨナカ影ラジオでも伏せられていた浪川さんの性癖(「歯を噛むのが好き」というもの)が勝平さんによって暴露され、コーナー自体がフェードアウト。
・ちなみに、このコーナーあたりから、小清水さんの笑いのツボが頻繁に発生。勝平さんが暴露したネタに大爆笑していた小清水さんは、次の朗読劇の冒頭でもしばらく笑いを抑えることができず。
・ああ、なんか、リアル雪子がそこにいる・・・・・・w

5. 朗読劇 (2)
・端的に言えば、足立殺人(?)事件。
・断崖絶壁で囲われた無人島にある堂島家で、血(?)塗れで倒れている足立が発見され、事件をラブリーン(菜々子)が解明するという話。
・というわけで、ここで菜々子(神田朱未さん)と堂島さん(石塚蓮昇さん)がシークレットとして登場・・・・・・したものの、堂島さんはラブリーンの杖の声という役。
・ちなみに、ラブリーンの助手は直斗で、ラブリーンが意味不明な技を発動するごとに直斗の説明が入るという仕様。
・回想シーンで頻繁に入るキャベツ(野菜)推し。
・2階で汚れたクマの赤い毛を花村がペンキで塗りなおしていた、という時点で大方の真相は読めていたけれど、さらにその裏があったとは。
・とりあえず畑に埋められる足立。生首ww
・人が埋まると、その生命力でキャベツが生える畑とか、地味に怖いよ。
・食べさせると死者をも生き返らせられるくらいのキャベツ万能説。
・徹頭徹尾いろいろと荒唐無稽過ぎて、ツッコミが追いつかない。
・と思ったら、菜々子の夢オチでした。
・でも、菜々子の夢にちゃんと足立が(不憫な役回りとはいえ)登場していたという点に、なんとなくほっこり。

6. 朗読劇 (3)
・鳴上と女性キャラが2人で雪山の山小屋で遭難したら、という小ネタの連続。
・千枝、雪子、りせ、直斗+男性キャラという各バージョンに続いて、最終的に悠の天然タラシっぷりを女子キャラ(マリー含む)がフルボッコ。
・でも、男子高校生って、実際こんな感じだよね。
・とりあえず脱ぐ鳴上。
・よくこれだけの脱衣ケースを考えたな脚本。
・そして、安定の足立のぼっちオチ。
・しかし、ちゃっかりフィギュアの宣伝してたあたり、タダでは転ばない足立。

7. マヨナカ横断ミラクルクイズ
・劇中の「マヨナカ横断ミラクルクイズ」のリアル版。
・司会進行は、勝平さんと釘宮さん。
・他のキャストは、2人一組になって回答者席へ。組み合わせは、浪川さん+森久保さん(行くぜ、相棒!)、堀江さん+小清水さん(緑と赤)、関さん+朴さん(ふんどし探偵)、真殿さん+花澤さん(キャベツとポエム)、神田さん+石塚さん(チーム堂島)。※()内はチーム名
・クイズの内容は、P4GAに1シーンに関するもの。
・第1問がマリーのポエム(「堕天使の詩」)の穴埋め、第2問がシルエットクイズ(ライブイベントで、客席に飛び込んだ後の花村と完二)、第3問が足立の意外な特技とは?、で第4問が菜々子が手に持った看板に書かれた文字(「やさい畑」)を当てる問題。
・最初から全力で大喜利状態で、ほぼグダグダに。
・勝者は、関さん+朴さんペア。賞金の金22gと、副賞として「ナマカワダイスケ」への出場権をゲット。
・と言いつつ、「ナマカワダイスケ」は、クイズの司会2人を除いた他の方々は全員参加だったけれど。
・このコーナー以後、朴さんが離席(腰痛がひどくなり、動けなくなったとのこと)。

8. ナマカワダイスケ
・完全アドリブ演劇。お題は「ペルコン」=ペルソナ4で合コン。
・関さん主導の発言により、男性陣は全員家族(浪川さんと関さんが異母兄弟の息子、石塚さんが父、真殿さんが祖父、森久保さんがペット)という設定に。
・座席順により森久保さんの自己紹介が一番最後で、それまで関さんが家族設定を全部決めていたから、森久保さんも自分の設定待ちしていたら、設定が飛んでこなかったという展開が面白かった。
・しかし、設定に困った挙句のペット(サル)設定って・・・w
・真殿さんが農家という設定になり、一番前に座っていたお客さんからリアルキャベツを借りてまで、猛然とした謎のキャベツ推しに。
・というか、一番前の席の方、なんでリアルキャベツ持ってたんだ?
・そして、女性陣ドン引き。そりゃそうだ。
・リアルキャベツに負けた石油王・浪川さんw
・ペット仲間として森久保さんに引きずり込まれた勝平さん(このコーナーには本来参加せず)が、ちゃっかり女性陣側に納まるという。
・客席の投票により、男性陣から一人告白する展開になり、話の流れでなぜか石塚さんから勝平さんへ告白というシチュエーションになってしまい、真殿さんから手土産として渡されたキャベツを片手に告るも、あっさり断られる。
・最後は安定の「世の中クソだな」オチ。
・というか、以前のマヨナカ生テレビでもそうだったけど、「世の中クソだな」ってオチの台詞としてすごく使いやすそう。
・このコーナーでの一番の驚きどころは、関さんが一度も脱がなかったという点。キレイな関さん、久しぶりに見た。

9. ライヴパート (2)
・演奏曲目は、P4GAのED曲「Dazzling Smile」、P4A第1クールのED曲「Beauty of Destiny」、P4A第2クールのOP曲「key plus words」の3曲。
・P4Aの曲の演奏前から、川村さんとLotus兄貴が登場。
・2/5に開催されるペルソナライブの前夜祭的なノリで、大いに盛り上がった。
・可能ならばP4GAの鳴上vs足立戦曲「Ying Yang」やってほしかったけれど、さすがに難しかったか。
・P4の曲ってノリが良くて耳当たりもいいから、来月のライブ行けるなら行きたかった。平日ムリ。

10. エンディング
・足立好きとしては、「クソガキは何度でも調教してやる」を生で聴けた時点でいろいろ満たされました。ありがとうございますっ!
・ラストは、キャスト「ペルソナ4 ザ」→客席一斉に「ゴールデン!」で〆。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック