[GMCD] Re:Birth II -連- "SaGa" BATTLE ARRANGE

伊藤賢治氏が作曲されたサガシリーズの曲をセルフアレンジしたアルバム「Re:Birth II -連- "SaGa" BATTLE ARRANGE」をゲット。
収録曲数は全10曲。
再生時間はトータルで約48分。

今回で3枚目の「Re:Birth II」シリーズ。
古くはサガ2から、新しいのはサガフロ、ミンサガまで、前作同様新旧幅広い作品からピックアップされています。
とはいえ、サガシリーズ+バトル曲縛りで3枚目ということもあってか、若干ネタ切れ感を感じました。
DSリメイク版サガ3の曲や、ロマサガ3の「バンガード発進!」が含まれているところが特に。
いや、格好良かったんですけれど。

そもそも「バンガード発進!」ってバトル曲だったっけ? と思ったりもしましたが、前作にロマサガ1の「下水道」があるので、それっぽければバトル曲でなくてもアリなんだな、と自己解決。

曲調は、これまでのシリーズ作品同様にハードロック。
原曲の主旋律とほんのり雰囲気を残しつつ、ほぼ完全にハードロックに生まれ変わっています。
どの曲も、結構激しいです。
ライヴで生バンド演奏を聴いたらかなり盛り上がりそうな感じに、激しいです。

前作との曲の雰囲気の違いは、あまりなかったような。
強いて上げるなら、音が若干重量級だったような気がします。
なんとなくですが、一音一音に少し重みがあるような感じがしました。
あと、コーラスが印象的でした。
前作、前々作にコーラスの入ってた曲あったっけ? 後で確認してみようかな。

バンドサウンドが最近特に苦手になりつつある自分ですが、それでも「燃える血潮~Save the world」、「バンガード発進!」、「激情の律動」は結構好きです。

「燃える血潮~Save the world」は、先日開催されたサガ1, 2全曲演奏会の余韻を引きずっているせいもあるのですが、いつ聴いてもこの曲はたぎります。
特に「Save the world」の冒頭は「来るぞ、来るぞ!」感が満載で、ゾクゾクします。
ロックサウンドになってますます激しく格好良くなって、この曲が流れると思わず作業の手が止まってしまいます。

「バンガード発進!」は、「ロックサウンドになるとこうなるのか!」という驚きの印象が強く残っています。
そして、なんだかすごく格好良い。
特に後半が好きです。渋くて格好良いです。
原曲も好きですが、これはこれでアリだと思いました。

「激情の律動」は原曲の延長線という感じで、アレンジはあまり強くありませんでした。
中盤に各楽器によるアドリブの連続が入っているところが大きな違いで、他はかなり原曲に近かったです。
原曲同様ギターやストリングス、コーラスの主張が強め。
そしてフラメンコっぽさも健在。
そのためか、バンドサウンド苦手な自分でも、比較的聴きやすかったです。

サガシリーズ曲をロックサウンドにアレンジということで、予想していたこととはいえ、やっぱり全体的には自分の好みとは少し合わない感じでした。
けれど、中には「あ、これ好きかも」と思える曲があったので、悪くなかったかなとも思います。
サガシリーズの曲が好きで、ハードロック調が苦手でなければ、オススメです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック