[GMCD] 30周年記念盤 スーパーマリオブラザーズ ミュージック

スーパーマリオブラザーズ誕生30周年記念CD「スーパーマリオブラザーズ ミュージック」をゲット。
CD2枚組みで、収録曲数は全73曲。
再生時間は、トータルで2時間30分ほどです。

FCでリリースされた初代「スーパーマリオブラザーズ」から、2015年9月時点での最新作「スーパーマリオ3Dワールド」まで、各作品から数曲セレクトして収録。
全曲収録されているわけではないので、その点は注意が必要です。
まぁ、曲数の少ない初代はともかく、その後ゲーム本体の容量増加とともに1作品あたりの曲数がどんどん増えてるわけだし、全曲収録なんてしていたらCDが何枚あっても足りないでしょうから、妥当な選択だと思います。

収録作品は、いわゆるアクションゲーム本編と捉えられているもののみです。
GBの「スーパーマリオランド」「スーパーマリオランド2」も、今回は本編として見なされたようで、対象に含まれています。
逆に、「Dr.マリオ」や「ヨッシーのクッキー」、「マリオカート」のような派生作品は含まれていません。
もっとも、マリオが登場している作品を全て派生作品として捉えてたら、一体何作あるんだよ?っていう話ですし。
それこそCD何枚あっても足りません。DVDやBDですら複数枚になりそう。

なお、ボーナストラックとして、最近発売されたばかりのスーパーマリオメーカーの曲も1曲だけ収録されています。

ちなみに、ぶっちゃけてしまうと、自分は「スーパーマリオブラザーズ」シリーズにそれほど思い入れはありません。
FCの「スーパーマリオブラザーズ」や同3は、専ら人がプレイしているのを見ていた程度。
GBの「スーパーマリオランド」と同2だけは、自分でプレイしたことのある数少ない作品です。
が、自分なりに結構がんばってみたけれど、難しくて途中で投げました。
それ以外の作品は、ほとんどプレイしたことも、プレイを見たこともありません。
だって、アクション苦手だし。
「スーパーマリオブラザーズ」の最凶の敵は、1-1の最初のクリボーだって信じてる。

それでも本作の30周年記念盤を買ったのは、ひとえに30周年記念盤だから。
アクション下手で自分じゃほとんどプレイしたことないけれど、やっぱりゲーム好きとしては、「スーパーマリオブラザーズ」は特別な存在なので。
なんかこう、不可侵領域というか、別格というか、そんな感じ。

そんな、ある意味罰当たりな自分でしたが、聴いてみたら思いのほか楽しめました。
序盤は「あー、こんな曲あったな」という懐かしさとともに、それ以外は「へぇ、こんな曲あったんだ」というゲーム音楽好きとしての興味とともに。
意外といったら何ですが、ゲームを知らなくても楽しめる良曲が多い気がしました。
ゲーム内で使用された曲の中から選りすぐったからかもしれませんが。
本作でたぶん初めて聴いたけれど、「スーパーマリオギャラクシー」や同2の曲が結構好みかも。
特に、「スーパーマリオギャラクシー2」の「新銀河帝国」がツボでした。
普通に格好良いというか、すごく生オケで聴いてみたい衝動に駆られた曲でした。

全体的に明るく、冒険心を掻き立てられるような曲が多いので、BGMにも良い感じでした。
作業用BGMにすると、作業がはかどりそう。

また、収録曲順が初代から最新作へリリース順に並んでいるので、順番に聴いていると音質の変遷の歴史も楽しめます。
FC時代のピコピコ音が、SFC、64時代あたりから徐々に豊かな音色になり、やがてフルオケにまで発展するという、壮大な変遷です。
FC時代からTVゲームで育ってきたような世代の身なので、その歴史になんとも言えない感慨深さを感じました。

2013年に発売された「Nintendo FAMICOM MUSIC」と異なり、曲は一曲一曲別々のトラックとして収録されています。
1トラックに1ゲーム分のBGMをメドレー形式にぶち込んだような形にはなっていません。
おそらく、「Nintendo FAMICOM MUSIC」発売当時にそのことを一部で批判されたのが、今回生かされたのでしょう。
個人的にも、一曲ずつトラックが別になっていたのはありがたい措置でした。

そんなわけで、スーパーマリオブラザーズ発売30周年記念として発売された本CD。
昔のゲームしか知らない自分でしたが、思いのほか楽しめたCDでした。
せっかくの30周年記念なので、ゲーム好きならば買って損はないかもしれません。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック