[GMCD] WILD ARMS 2nd IGNITION ORIGINAL SOUNDTRACK

PSのRPG「ワイルドアームズ セカンドイグニッション」(以下WA2)のOSTを先日中古で衝動買いして、今一通り聴き終わりました。
CD2枚組みで、106曲収録。
再生時間は、トータルで2時間25分弱。

ゲームはプレイ済みですが、もう随分前にプレイしたっきりなので、細かい内容は忘れてしまいました。
焔の災厄と剣の聖女と主人公絡みの話が結構衝撃的だったことと、主人公が銃剣使いだったということぐらいしか覚えていません。
ゲームの内容ですらそんな状態なので、BGMにいたってはほとんど覚えていませんでした。
このOSTで久しぶりに曲を聴きましたが、「そういえばこんな曲あったような」と「こんな曲あったっけ?」が半々ぐらい。
はっきりと聴き覚えがあったのは、「どんなときでもひとりじゃない」と「夜空」ぐらいです。
とはいえ、聴き覚えがあった理由は、ヴォーカルコレクションCD「alone the world」で何度も聴いていたから、ですが。

ただ、ある程度は脳内に刷り込まれているためか、記憶にははっきりと残っていないのに、どの曲からも懐かしさを感じました。
特にフィールド曲。
あまりに懐かしくて、今、ついうっかりゲームアーカイブスでDLしてプレイし直したい衝動に駆られています。
いやまて落ち着け俺、他の積みゲーをプレイしてからだ。

曲は全体的に、なるけ節炸裂という感じ。
ほんのり民族音楽調の入ったインスト曲で、そしてどことなく勇ましい曲が多い印象を受けました。
一曲一曲は小粒ながらも良曲が多い気がします。
さすがなるけみちこさん。

それだけに、基本的に1ループしか収録されていないのが、残念と言えば残念。
1曲あたり大体1分前後なので、1曲1曲があっという間に終わります。
CD2枚に100曲以上を押し込んだので、尺の問題でそうせざるを得なかったのでしょうが。

あと、前述の「どんなときでもひとりじゃない」ですが、本作に収録されているのがショートバージョンである点には注意が必要です。
ゲームで使用されたものと同じもので、フルバージョンは収録されていません。
ゲームディスク2枚目のOP曲「Resistance Line」がフルで入っているだけに、これはちょっと納得がいきませんでした。
どうせなら、どちらもフルで収録するか、どちらもショートで収録してフルを聴きたい場合は「alone the world」を買ってくださいとするか、どちらかに統一してほしかったです。

そんなちょっと不満の多い本作ですが、個人的には「ワイルドアームズ2メドレー」は特筆すべき良点かと。
これは、WA2のBGMをメドレー形式にしてオーケストラアレンジしたものです。
選曲が良いところを押さえていて、聴き応えがありました。
オケ好きにとっては、非常に嬉しい限りです。
WA2好きの人にも、この曲だけは聴いてもらいたい、とすら思いました。
このOSTがDL販売されていれば単曲購入も可能だけど、現時点ではまだiTunesでもAmazonでも配信されていないみたいですね。うーん、勿体無いなぁ。

そういえば、WA2ではそもそも「荒野の果てへ」って使われていないんでしたっけ?
このOSTには収録されていなかったので、ちょっと気になりました。
確認のためにも再プレイしたいなぁ、という想いがあったりなかったり?

ゲームプレイ済みにとっては懐かしさ満載でありつつも、OSTの作りとしては不満も多かった本作。
曲自体は良かっただけに、すごく惜しいOSTだと思いました。
WA2好きやゲーム内BGMへの思い入れが強い方にはオススメかもしれませんが、OP曲目当ての方には「alone the world」の方をオススメします。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック