[GMEV] Liebe und Wiedergeburt

昨日11月29日に開催された、イド ストリングアンサンブルとMelodies of Crystal(以下MoC)主催によるゼノギアスの演奏会「Liebe und Wiedergeburt」に行ってきました。
会場は、練馬文化センター 小ホール。
15:00開場、18:00終演でした。

ちなみに、演奏会のタイトルは終演後の今になっても読めません。
開場前のカゲアナを聞いてもわからなかったし、帰宅後にGoogle翻訳で再生してもさっぱり聞き取れませんでした。
まぁ、Google翻訳のおかげで日本語訳はわかりましたが。

MoC主催のゼノギアス演奏会は、2013年に開催された「SCHWINGT FREUDIG EUCH EMPOR」以来2回目。
前回の演奏会は別件と被ってしまって行けなかったので、今回こそはと意気込みつつチケットゲット。
チケット、販売開始5分で売り切れたとか。よく取れたな自分。

そのため、前回の演奏内容との比較はできないのですが、セットリストは前回と9割ほど同じ模様。
「氷の顎」「鋼の巨人」が本編に追加されていたり、アンコールの曲目が違っていたりなど、一部再構築されている部分もありますが、概ね同じっぽいです。
そういう意味では、演奏会のタイトルこそ違えど、2013年版の再演に近いです。
とはいえ、譜面まで同じなのかは、前回の演奏会に行けなかったのでわかりません。

ちなみに、セットリストはMoCの公式サイトに全て掲載されているので、そちらを参照してください。
アンコールまで全部載っています。
なお、アンコールの内訳は、「Lost...きしんだ かけら」や「夢の卵の孵るところ」などをメドレーにしたものでした。

演奏会全体は、全3部構成。
パンフレットに掲載されていた主催者コメントによると、曲の流れは、
  第1部:エピソードI~IV
  第2部:ラハン~ビリー加入
  第3部:シェバト~エンディング
とのことです。
エピソードI~IVを第1部に持ってくるあたりが、上手い構成だなと思いました。
というか、この構成を見て、ものすごくゼノギアスを再プレイしたくなりました。
10年以上前にプレイして以来、やってないしなぁ。トラウマが怖くて。

トラウマと言っても、有名なみんなのトラウマ「缶詰」よりも、個人的にはバベルタワーの方が怖いです。
何度やってもジャンプに失敗し続け、数時間リトライしまくったトラウマは、きっと一生忘れない。。。

アレンジ強度は、ゲーム音楽演奏会としては強めな方でしたが、MoCにしてはそれほど強くない印象を持ちました。
第1部はそこそこ強めにアレンジされていましたが、第1部より第2部の方が、第2部よりも第3部の方が、より原曲重視でした。

その編曲ですが、もうとにかく素晴らしかったです。
原曲の良さをそのままに、弦楽器+ピアノに違和感なく落とし込んだ点がまず見事。
そこに、弦楽器にできる表現の味付けが追加され、これがまた絶妙でした。
さらに、メドレー形式のときの曲と曲の繋ぎも見事でした。

そんな編曲に見事に応えた演奏も素晴らしかったです。
技術力も表現力も、めちゃくちゃ高かったです。完成度激高。

比較的原曲重視なアレンジだったためか、曲によっては演奏がすごく難しい曲もあったと思います。
原曲からして、変拍子多いし、そもそも変な拍子の曲多いし、そして転調もあるし。
曲が進めば進むほど難解な曲が多いのに、曲が進めば進むほど原曲重視で難解なままという、演奏者泣かせの曲構成だったのではないかと。
しかし、それを乗り越えて、見事に演奏しきったのが本当にすごかったです。
圧巻の演奏でした。

特に第3部は、息つく暇があるなら耳に集中したいと思ったほどの演奏でした。
「天上の楽園ソラリス」からエンディング曲「SMALL TWO OF PIECES」までの怒涛の展開が、本当に圧倒的でした。
「演出の都合上、第3部が始まったら途中入場不可」という事前告知がありましたけれど、それも納得の展開でした。

というか、第3部はほぼ切れ目のない演奏だったので、そもそもマナー的に途中入場できなかったかもしれませんが。

個人的に一番印象に残った曲は、「最先と最後」でした。

原曲は全編コーラスオンリー。
しかも、音の強弱というかニュアンスが最大の聴きどころなのに、そのニュアンスが非常に繊細で難しい。
特に後半の8回ループは、譜面上は全部ほぼ同じだけど、ループごとに主旋律と和音のバランスが少しずつ異なっていくという。
そんな「最先と最後」を弦楽器+ピアノだけでどうやって表現するんだろう、と演奏前から気になっていました。

一言で言えば、凄まじかったです。
弦楽器がコーラスみたいにちゃんと歌い上げていて、ニュアンスも原曲をほぼそのまま再現。
徐々に盛り上がっていく様には、鳥肌が止まりませんでした。
ゼノギアスの曲の中では「夢の卵の孵るところ」と1, 2を争うくらい好きな曲だったので、それをあんなに感動的な演奏にしてくれて、本当に感謝してもしきれません。

他に気になった曲といえば、戦闘曲全般。
どの戦闘曲も迫力があって格好良くて、テンションの上がりっぷりが半端なかったです。
一番は、やっぱり「覚醒」かな。
不穏な「予感」からの引きもあって、最高に盛り上がりました。

そういえば、「覚醒」の次の「神に牙むくもの」の合わせっぷりには、感心せざるを得ませんでした。
よく空中崩壊せずに合わせてきたなぁ、と。
やっぱり、MoCは個々人の演奏技術力が全体的にすごく高いです。

ゼノギアスと言えば外せない「飛翔」。
最初はゆったりした曲調で2ループほど演奏され、その後一転して原曲ベースで演奏。
その原曲ベースに切り替わった途端の「キターッ!」感が、半端なかったです。
あの疾走感、たまりません。

あとは、ちょっとクスリとさせられた「熱砂の街ダジル」。
楽器の側面を叩いて即席のパーカッションにするなど、ちょっとした工夫が見られて楽しかったのもあるのですが、全てはピンポイント缶が持っていきました。
1ループ目終盤にさしかかったところで、指揮の大澤氏がおもむろに足元から缶を取り出し、最後に一発「カンッ」。
確かにあの音は外せませんが、「あなたがやるんですかっ!」ってツッコミたくなりました。

というわけで、弦楽器とピアノだけで奏でられたゼノギアス演奏会でしたが、非常に楽しめました。
相変わらずのハイレベルな編曲と演奏で、チケットが5分で完売したのもわかる気がしました。
また再演されるなら、また足を運んでみたいです。
まぁ、徐々にチケットの競争率が上がりそうな気がするので、次回もチケット確保できるのかどうかが一番の問題ですが。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック