[GMCD] エスカ&ロジーのアトリエ~黄昏の空の錬金術士~ オリジナルサウンドトラック

ガストから発売されたRPG「エスカ&ロジーのアトリエ~黄昏の空の錬金術士~」(以下エスロジ)のOSTを一通り聴き終わりました。
CD3枚組で、全96曲収録。
再生時間は、約3時間6分。

エスロジは「アトリエ」シリーズ中唯一アニメ化された作品(2016年1月時点)だそうで、そのアニメを見ていたので、ゲームは未プレイですがストーリーだけはなんとなく知っています。
といっても、アニメはきっと細かいエピソードが端折られていると思うので、大まかな話の流れだけですが。
それに、アニメでどんなBGMが使われていたか覚えていないので、アニメを見たからといってそれがゲームのOST視聴に影響を及ぼすかと言えば、そんなことはないような気がしました。

そんなわけでゲームの方のOSTですが、曲の雰囲気はアーシャによく似ています。
曲の統一感はあまりなくて、強いてあげれば全体的にほんのり民族音楽調だったりアコースティック感があるくらい。

ただ、アーシャに比べると、大人しい印象を受けました。
心にドカンと来るような、インパクトのある曲が少なかったです。
BGMとしては正しい形だと思いますが、ゲーム未プレイでOSTだけ聴いていると全体的にあまり記憶に残らないというか。
とはいえ、ゲームをプレイすれば印象が変わるような気もしています。

そんなわけで、感想を一言で言ってしまうと、悪くないけれどアーシャのOSTに比べると今一つ。
それだけに、逆にゲームプレイしてみたくなりました。
ゲームプレイ後に聴いたら、印象が変わりそう。

今回エスロジのOSTを聴いて明確に気付いたのですが、柳川和樹さんの曲が結構自分のツボにハマりやすいかもしれません。
「アルノサージュ」のOSTを聴いたときから薄々感じていたのですが、柳川さんの曲がかなり好みです。
「あ、この曲いいな」と思うと、大抵柳川さんの曲だったりしました。
今回のOSTで言えば「Kitchen Dance」と「双翼」が特に好きで、流れると思わず作業の手が止まってしまうことがよくあったのですが、どちらも柳川さんの曲でした。

柳川さんの曲以外では、「The Pen and the Sword part3」が好きです。
聴いてると胸が高鳴る感じが、とても良かったです。
ちなみに、同名で「part2」はあるのですが、「part1」が見当たりません。
前作アーシャのOSTに収録されているのかと思って探してみたけれど見当たらず。探し方が悪いのかな。

ボーカル曲は、チリヌルヲワカさんの「ミルク色の峠」と「甘いご褒美」が収録されています。
ただし、前者はOP sizeということでショートバージョンです。
アーシャのボーカルアルバム「Twilight Hour」の収録曲同様に、今回も独特の雰囲気を全力で発していました。
個人的にはあの暗くて不穏な雰囲気はわりと好きなので、ゲーム関係なく曲単体で聴けば、2曲とも結構好きな曲です。
とはいえ、「甘いご褒美」はOSTの収録位置的におそらくED曲と思われますが、EDであの不穏な雰囲気はどうなんだろう、という疑問も抱きました。
それとも、ED曲じゃないのかな。
もしかして、ゲームでは意外とマッチする曲なのかな。
うーん、やっぱりゲームプレイしたいなぁ。

そんなわけで、ゲーム未プレイでは全体的に印象の薄いOSTでしたが、でもゲームをプレイしてから聴きなおすと印象の変わりそうな予感もしました。
また、小粒ながらも良曲もあって、それらがゲーム中でどのように使われているのか気になります。
いつか、できれば今年中にゲーム本編をプレイしたいところです。
とりあえず、懐と相談します。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック