[ゲームRev] AKIBA'S TRIP

PSPのアクションアドベンチャーゲーム「AKIBA'S TRIP」を、PS Vitaでプレイして1周目クリアしました。
難易度はイージーで、クリア時点のプレイ時間は17時間。

本作をプレイしようと思ったキッカケは、同じアクワイア制作のスマホゲーム「ロード・トゥ・ドラゴン」です。
かれこれ2年ほどプレイし続けているのですが、可愛いキャラ絵に反したエグいキャラ設定や世界観が面白いゲームです。
その流れで、同じアクワイア制作の「AKIBA'S TRIP」が気になっていました。
一見バカゲーっぽく見せておいて、実はエグいのかな、と。

そんな時に、2016年夏に500円というキャンペーン価格でDL販売。
500円なら、例えハズレでも懐的にはあまり痛まないなと思い、ここぞとばかりに購入しました。

実際プレしてみた感じでは、フルプライスだったら正直物足りないけれど、500円にしては面白かったです。

アクションゲームなので、アクション性はそこそこあります。
が、難易度設定をイージーにすれば上中下段攻撃の区別が取っ払われるので、ものすごく簡単になります。
攻撃ボタン連打しかできないようなアクションセンス最底辺でも、どうにかなるくらいには。
Lvがさくさく上がるし、強い武器もさくさく作れるので、困ったときの「Lvを上げて物理でフルボッコ」も有効です。

ただ、たぶん、イージー以外の難易度だとちょっと小難しいかもしれません。
上中下段攻撃を使い分けなければならないのが、俺には面倒くさいというか、ぶっちゃけムリです。

あと、アクションの予備モーションが長めなので、インパクトまでのタイミングを掴むのが少し難しかったです。
アクションボタンを押して武器を振りかぶったところで、敵の攻撃を食らってキャンセルされることがよくありました。
アクションゲームならばそこも含めて楽しめれば良かったのですが、何分アクションが苦手なので。
そういうタイミングの計算を直感的かつ器用にできないから、アクションが苦手なんだと思うのですけれど、こればかりはどうしようもありません。

本ゲームの特徴の一つでもある脱衣アクションは、連続で決まると爽快感を味わえます。
敵も脱衣アクションを仕掛けてきて、やられると逆にイラッとしますが、それもまたこのゲームの面白さかと。
当初はこのシステムのためにずっと”イロモノゲーム”という印象を持っていましたが、システム的には面白いものでした。

ただ、やっぱりこの脱衣システム故に、少々セクシャルな表現が強かったです。
作中で脱衣システムの必要性は語られているものの、それでも結構アレな感じでした。

シナリオは、ラストはまぁ熱い展開になるけれど、そこに至るまでの間にややバカゲーっぽい悪ノリがあります。
そこを楽しめるかどうかによって、シナリオに対する評価が変わるかもしれません。
自分は、若干抵抗はあったものの、楽しめなかったわけでもない、という感じ。
そこが、フルプライスでは高く感じただろうけれど、500円だったから楽しめたところだったかも。

ちなみに、シナリオのエグさについてですが、あるにはあるけれど、「ロード・トゥ・ドラゴン」ほどではなかったです。
展開がシリアスなところもあるけれど、真面目な展開のはずなのに不真面目にも見えるシーンが多い気がしました。
そういう点でも、良くも悪くも悪ノリが多い印象です。

プレイ時間は17時間でしたが、メインシナリオだけを追うならば、10時間ほどでクリアできたかも。
シナリオのボリュームは、控えめに言ってもかなり短いです。
サブイベントもそれほど数豊富というわけでもなかったし。
ただ、マルチエンディングらしいので、そこでボリューム不足を補っているっぽい感じです。

そんなわけで、いくつか目立つ欠点があったものの、そこそこ面白かった作品でした。
フルプライスでは高いけれど、自分が買ったときの値段の倍ぐらいは楽しめたと思います。
それほど時間はかからないので、価格次第ではプレイするのもアリだと思います。

ところで、続編の2はどんな感じなんだろう?
本作がそこそこ面白かったので、2がちょっと気になっています。
システム的な欠点が解消されてるのならば、頃合いを見てプレイするのもアリかな。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック