[ゲームRev] いけにえと雪のセツナ

PS4/PS VitaのRPG「いけにえと雪のセツナ」のPS4版をクリアしました。
プレイ時間は、サブイベントほぼ未着手で、おおよそ20時間ぐらい。
クリア時のLvは戦闘メンバー全員44で、自分にとってラスボス戦がちょうど良いぐらいの難易度でした。

今年2月の発売時から、「古き良き時代のRPG」というような宣伝文句で気になっていたゲームでした。
ただ、発売後の評判が可もなく不可もなくという感じだったので、これまで購入をためらっていました。
そのうちに「いけにえと雪のセツナ」のBGMの好評を小耳に挟み、そして気が付けばコンサート決定。
その流れでOSTを買って聴き込んでいたところ、TGS開催合わせでPSストアにてキャンペーン価格販売がつい最近開始されました(10/2まで)。
これはもう、プレイするなら今しかないだろ! というノリでPS4のDL版を購入した次第です。

実際にプレイしてみたところ、確かに懐かしい雰囲気をあちこちから感じました。
特に戦闘周りのシステムが、かなり「クロノ・トリガー」のそれに近いです。
マップからシームレスに戦闘シーンに切り替わるところや、ATB・連携などの機能、戦闘中にキャラがちょこちょこ動くところは、いずれも「クロノ・トリガー」で見た機能。
「そういえば、こんな感じの戦闘システムだったなぁ・・・」と、バトルの度に懐かしい気分をしみじみと味わっていました。

グラフィックは3DCGだけど、基本的な操作感は昔ながらのRPGです。
アクション要素も、最近のRPGにしては珍しく、ほとんどありません。
おかげで、操作に苦労することはありませんでした。
焦らされることもないし、何度やっても上手くいかなくてイライラすることもないし。
アクション要素が苦手な身としては、すごくプレイしやすいゲームでした。

唯一、刹那システムでややアクションを要求されるけれど、それほどシビアではないので大して困りませんでした。
発動させると便利だけど、必須ではないという程度。

また、属性攻撃で敵を仕留めると、その属性に対応したアイテムをドロップするという仕組みは、最後まであまり気にせずプレイしてました。
そのため、手に入らなかったアイテムが多数あるのですが、コレクターではないし、気にしなくてもクリアできました。

古き良き時代のRPGの様式美に頼っているところがあるため、チュートリアル的なものがやや少なくて、そこは少々不親切かも。
SFC時代のRPGをプレイしたことがない人や、本作で初めてゲームをプレイする人にとっては、基本操作を覚える手間が増えるかもしれません。
と言っても、それほど複雑なシステムはないので、プレイしていくうちに覚えられると思いますが。

一点、地味に困ったことと言えば、宿屋システムがないこと。
HP・MPを一発で全員全回復させるには、道具(コテージ)を買ってフィールドマップかセーブポイントで使うしかないことに、しばらく気付きませんでした。
資金はコテージ買うより武器に回したい貧乏性には、ちょっと辛かったです。
無くなってみて初めて理解した、宿屋システムの重要性。

システムが王道RPG路線なら、ストーリーも王道RPG路線でした。
捻った展開はそれほど多くなく、話は結構ストレート。
ストレート過ぎて若干やらされている感もありましたが、王道ゆえの安定感もありました。
ファンタジー的世界観が好きな人であれば、抵抗感なくすんなり入り込めるかと。

本作の特徴の一つは、世界観というか世界そのもの。
とにかくあたり一面白い雪の世界です。
屋内以外で雪の降らないところがないレベルで、ずっと雪の世界が続きます。
雪国に住んだことのある方ならわかると思いますが、あの真冬特有の白と黒で描かれた景色が、上手い具合に再現されています。
樹木から雪が落ちるところとか懐かしくて、それだけで「おっ!」と思った雪国生まれ。
真夏にプレイしていたら、画面見ているだけで涼しく感じられたかもしれません。

そのモノトーンで描かれた雪の世界に、ほぼピアノオンリーのBGMが神がかり的に見事にマッチしていたのも特徴的。
雪の景色とピアノの澄んだ音色が、これほど絶妙に合致するとは思っていませんでした。
OST単体で曲を聴いていたときも染み込むような美しい旋律が印象的でしたが、これにグラフィックが合わさることで互いの良さを引き立て合い、美しさ倍増。
これは、BGMが一部で評価されたのもわかる気がします。

全体的にそこそこ楽しくプレイできたのですが、あえて不満点を挙げるとすればボリューム不足なところでしょうか。
最近のRPGにしては珍しく、短時間(20時間程度)でクリアできます。
キャンペーン価格で購入したのでそれほど強いボリューム不足感はなかったのですが、フルプライスだとちょっと物足りなく感じたかもしれません。

ただ、話はサクサク進むし、Lvも後半になればなるほど簡単に上がっていくし、苦痛になるほど長いダンジョンもないしで、全体的にはストレスなく遊べました。
ドハマりするほどの神作ではないけれど、構えず気楽に昔懐かしのRPGを楽しめる良作だったと思います。
王道ファンタジーが好きな方であれば、遊んでみて損はないかと。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック