[GMEV] MUSICエンジン 第一回演奏会

11月12日に、ゲーム音楽の管弦楽団「MUSICエンジン」の第一回演奏会が開催されたので、行ってきました。
会場は、三鷹市芸術文化センター 風のホール。
14:00に開演し、15:45頃に終演しました。

今回のプログラムは、オール・エストポリス伝記II(以下、エストII)。
一般的にはマイナーかもしれないけれど、一時はそのOSTに5桁のプレミア価格が付いていた(その後、2006年にI, II, よみがえる伝説のBGMを網羅したOSTが発売されたら落ち着いた)という、知る人ぞ知るゲームタイトルです。
ゲーム自体も、一部でとても評判の高いタイトルです。

と力説してみたはいいものの、自分自身のエストIIへの思い入れは、正直あるようなないような?
なんとも複雑な経緯があったりします。

エストポリス伝記はIもIIもゲーム雑誌に掲載されていた記事から存在は知っていましたし、いい感じに厨二心をくすぐられてプレイしてみたいと興味を魅かれたゲームでした。
が、当時ゲーム禁止の実家住まいだったので、プレイすることは叶わず。
抑圧された結果、雑誌記事ばかりをひたすら読み込みまくってこじらせた、という過去があったりなかったり。

で、その後幸いにしてゲーム自体をプレイする機会に恵まれたのですが、実は途中で挫折しました。
Iはクリアしたのですが、IIは途中で止めてしまった覚えがあります。

それと同じ頃にBGMの評判を耳にしていたので、曲だけでも聴いてみたいと思いはしたものの、OSTの価格が高騰していてとても手の出せる金額ではありませんでした。
しばらく悶々とする日々が続いていたのですが、2006年についに再販盤が発売されて購入。
そのため、OSTで曲は一通り耳にしたことがあります。

が、曲自体はそれほど強く印象に残らなくて。
「うん、普通にゲーム音楽だ」とさらっと聴き流してスルーしてしまいました。

そんな体たらくなのに、今回の演奏会に足を運ぼうと思った理由は・・・何なんでしょう?
自分でもよくわかりませんが、曲に対する評価の高さが気になったことと、実家住まいのときに妙な方向へこじらせたことが、たぶん影響したのではないかと。
気が付いたら、チケットを確保していました。

今回の演奏会を機に予習を兼ねて改めてOSTを聴き直したのですが、じっくり聴いてみると結構良い曲が多いことに気付きました。
特にバトル曲が総じて格好良くて、「なんだこれ、なんで俺スルーしちゃったんだろう」と不思議に思ったくらい。
今回の演奏会がなかったら、エストIIの曲を聴き直すことはなかっただろうし、格好良いバトル曲に気付くこともなかったかもしれないと考えると、良いキッカケを与えてくれたMUSICエンジンに感謝したい気持ちがあります。

とはいえ、ゲームは中途半端、曲に対してそれほど強い思い入れもない、単にこじらせただけの自分が演奏会に足を運んだところでついていけるかどうか、開演前までは不安しかありませんでした。
あまりに不安が強かったので、少しでも楽しむことができればそれでいいか、と思い込むことで、気持ちを演奏会へ強引に向かわせたような気がします。
そんな事情もあって、当初はブログに感想を投下するつもりもありませんでした。

それが一転して、こうして感想を書きたいと思えたのは、ひとえに演奏が素晴らしかったから。
なんというか、むちゃくちゃ格好良くて、本当に楽しかったのです。
予習として原曲を一通り聴き込んでいたものの、ゲーム内容についての知識はほぼ皆無の自分でしたが、まさかこんなに楽しめるとは思っていませんでした。
ついていけるか不安とか、期待してないとか、散々なことを思っていた半日前の自分を殴りたい気分です。

楽器構成は管弦楽。
といっても管楽器はフルート・オーボエ・トランペットのみと少なめ。
他は、弦楽器4種とエレキギター、打楽器(ピアノ、ドラムセット含む)。
総勢20人ほどの中規模な構成でした。

編曲の程度は、かなりの原曲重視。
いや、「重視」というよりも「忠実」と言った方が正しいかもしれません。
楽器演奏に落とし込む上で必要なアレンジがあったり、数ループ演奏する曲はちょこっと展開に工夫を入れるなど、所々に強いアレンジが見られたものの、それはごくわずか。
全体の9割はほぼ原曲再現だったと思います。
それでいて、生演奏という強みを生かして緩急やメリハリを明確に付けることで、原曲よりもよりドラマティックになっていた印象を受けました。
もしエストIIがPS4あたりに移植されて音源が生録になったら、きっとこうなるんじゃないかな、という感じの編曲でした。

それほど原曲に忠実だったので、原曲との違和感はほぼありません。
違和感の入り込む余地がないくらいの再現度でした。

あまりに原曲に忠実だったので、開演してすぐの頃は不安が更に強くなったのですが、2曲目あたりであっさり解消されました。
ゲームを知らなくても十分に曲を楽しめるくらい、演奏が素晴らしかったし、曲も素晴らしかったです。
むしろ、ゲームを知らないからこそ、純粋に曲を楽しめたかもしれません。
感覚的には、絵や物語の付いていないクラシック音楽を聴いているときと似た感じです。
「なんかこの曲、聴いてて気持ちいいなぁ」とか「なにこの曲、超たぎる!」とか、完全にゲームと切り離して、音を鑑賞していました。
それを許容できるくらい、一つ一つの曲が曲として独り立ちできていた、ということかもしれません。

それと、曲名がわかりやすく想像しやすいのも、置いてけぼりを食らわずに済んだ要因だったかも。
「大地」⇒フィールド曲かな、「バトル#X」⇒どう見てもバトル曲です、「洞窟」「迷宮」⇒汎用ダンジョン曲かな、「蒼海」⇒海上に出たときの曲?、「未来へ」⇒曲順的にエンディングかな、などなど、RPG好きにとってはとてもわかりやすい。
曲の雰囲気だけでなく曲名からも容易にあれこれ想像できて、自分の中でイメージを補完できたのも、純粋に楽しめた一因でした。

演奏は、どの曲も音の響きや流れが綺麗で格好良くて、ひたすら聴き惚れていました。
全体的に、演奏技術力がハイレベル。
トランペットは主に高音域で限界に挑戦して失敗していたことが多かったように感じましたが、でもここぞというところではしっかりと音を支えていて、些細なミスが気にならなくなるぐらい格好良かったです。

まぁ、演奏技術力が高いのは、演奏者一覧を見て納得でしたが。
別の楽団(Melodies of Crystalなど)で活躍されている方が何人か登壇されていて、そりゃ演奏上手いわけだとしみじみ実感。
誰が参加されているとか前情報無しにパンフレットの演奏者一覧を見たので、「え、え、何この豪華なメンバー」と軽く混乱したりもしましたが。

話は変わって、開演前のプレトークについて。
当初、エストIIのBGMを担当された塩生康範氏だけが登壇される予定だったところ、開催前日に急遽、ディレクターの宮田正英氏、開発元のネバーランドカンパニーに所属されていたサウンドの中島亨生氏の登壇も決定。
3人でエストシリーズの開発裏話をされていました。

エストポリス伝記は、そもそもPC98で制作されていた作品だったとのこと。
宮田氏が独立して間もなく、4, 5人で集まってRPG作りたいという話になり、PC98でプロトタイプを開発して売り込みを行っていたそうです。
そうしたところ、開発が正式に決まったときに「SFCで出さないか」という話になって、SFC用のゲームとして開発された、という経緯を語られていました。
ちなみに、プロトタイプ版は音楽も含めて全部破棄されたそうです。

曲制作にあたって、宮田氏から塩生氏へ渡されたBGMに関する仕様書がひどいものだったそうで。
「街」とか「村」とかしか書かれていなくて、「これは仕様書じゃない、曲リストだ!」とクレームを入れたという話をされていました。
エンディング曲に至っては「泣ける曲」としか指定されていなかったとか。それはひどいw

その他にも、昔のゲーム開発現場あるある的な、赤裸々な裏話を楽しそうに披露されていました。
結構濃い話も多くて、理解が追い付かない部分もありましたが、興味深く面白い話でした。

というわけで。
エストIIの曲の良さが十二分に引き出された今回の演奏会。
感想を端的に言えば、どの曲もめちゃくちゃ格好良かったです。
すっごく、格好良かったです。
本当に、格好良かったです。
大事なことなので、何度でも言えます。めちゃくちゃ格好良かっt(以下エンドレス

開演前はゲーム知らないからと不安に思っていましたけれど、まさかこんなに心を鷲掴みにされるとは思いもしませんでした。
個人的には、ものすごく満足しましたし、満足以上のものをもらった演奏会でした。
世の中には、自分の知らない良い曲・良い演奏が、まだまだたくさんあるんだなぁ。
「ゲーム知らないから」の一言で切り捨てるのは勿体ないということを、今回の演奏会を通じてしみじみ実感しました。

第二回演奏会の日程は既に決まっているそうです。
2017年4月1日に開催予定で、演奏曲目は「ルドラの秘宝」他、とのこと。
アンケート用紙に「MUSICエンジンで聴きたい曲」を記入する欄があったので「ルドラの秘宝」を含むいくつかのゲームタイトルを書き込んだら、早速1つ叶いそうです。
あとは、スケジュールを死守せねば。


これより下の追記部分は、今回の演奏会のセットリストと曲ごとの感想になります。
本文書く前に追記部分を先に書いたら、なんだか「格好良い」を連呼する感想になってしまいました。
読み直して「語彙力とは・・・」と思わずにはいられませんでしたが、でも格好良かったのだから仕方ないじゃないか、と開き直ることにしました(←今ココ


セットリストは以下の通りです。
-----
M1 審判の時/鳴動
M2 旅立ち/街/大地
M3 洞窟/迷宮/バトル#1
M4 城/最強の男
M5 塔/神殿/戦慄
M6 絶望/バトル#2
M7 安らぎ/別れ
M8 ウエディング・ベル/式の後

M9 予言者/夢遊の笛/港町
M10 村/レクサス・シャイア研究所/天下の大盗
M11 千尋の海底/静寂なる世界/蒼海
M12 万丈の山/蒼穹の彼方に
M13 封印の望楼/壺中のの天地/虚空島
M14 最終決戦/最終バトル
M15 四神/バトル#3
M16 予言者/地上を救う者/未来へ/プリフィアの花

[アンコール]
Battle#3(サウンドトラック・アレンジバージョン)
-----

これより下は、印象に残った曲ごとの感想になります。

M1 審判の時/鳴動
「鳴動」は、OSTで聴いたときから「この曲、妙に長いな」と思っていましたが、生演奏でも同様のことを感じました。
ループする度に多少アレンジは異なったけれど、同じフレーズがかなり長時間(6分ほど)続くので、「鳴動」の終盤あたりではちょっと飽きてきました。
それでも、終曲部近くでティンパニが入ってきたあたりから、何かが起こりそうな雰囲気が出てきて、軽く鳥肌が立ちました。

M2 旅立ち/街/大地
原曲でも格好良かった「大地」が、生演奏でもやっぱり格好良かったです。
個人的には、この「大地」を素晴らしい演奏で聴けた時点で、今回の演奏会には満足していたような気がします。

ここまでわりと穏やかな曲が続いていたところからの、ずっしりとした勇ましさのある「大地」がきて、良いアクセントになっていました。
また、タイミング的にも「大地」の力強さをより一層引き立てる絶妙な曲順だったと思います。

M3 洞窟/迷宮/バトル#1
原曲ではあまり印象に残っていなかった「洞窟」と「迷宮」が、今回の演奏ではすごく格好良く聴こえました。
あの地味な原曲がこんなに化けるのかと、内心でかなり驚きました。
このあたりから、「今回の演奏会は、良い意味で期待を裏切ってくれそうだぞ」と感じ始めたように思います。

そして、「バトル#1」。
原曲以上に格好良い演奏でした。
「洞窟」や「迷宮」が予想外に格好良くて、さらに「バトル#1」は期待以上に格好良いとか、なにこの耳が天国な状態、素晴らし過ぎです。

M6 絶望/バトル#2
「バトル#2」がめちゃくちゃ格好良かったです。
もう、すごくたぎりました。
特に、ピアノとヴァイオリンのデュオになって以降の展開が胸熱でした。
それまでは全員合奏でガンガン行こうぜ感満載な激しい演奏だったのが、急にピアノとヴァイオリンというシンプルかつしっとりとした演奏に一転。
そこにドラムが加わって、そして再び全員合奏になったときは、心が震えました。
これは、上手い曲展開だったと思います。

M10 村/レクサス・シャイア研究所/天下の大盗
「レクサス・シャイア研究所」と「天下の大盗」という、エストIIの中でも特にユーモラスな曲がここに集められたようです。
ユーモラス故に印象に残りやすいのか、原曲をわりとしっかりと覚えていて、あの原曲が生演奏でこうなったのかと比較しながら聴けた曲でした。
それに、聴いていてほっこりする楽しい曲でもありました。
シロフォンとティンパニが、とても良い仕事をされていたと思います。

M11 千尋の海底/静寂なる世界/蒼海
「千尋の海底」と「静寂なる世界」は、わりとこじんまりとしていて、抑圧された感じの、モノクロの空間という感じがしました。
それが「蒼海」に入った途端に一気にブワッと世界が開けて、鮮やかな色彩と心地良い熱を帯びたような印象を受けました。
その開ける様が、聴いていて気持ち良かったです。

M13 封印の望楼/壺中のの天地/虚空島
ラストダンジョン感満載の重厚かつ骨太な曲3連発。
RPG好き、ゲーム音楽好きとしては、このいかにも「いざ、決戦の地へ!」という空気感がたまらなく大好きです。
原曲のそんな雰囲気を、生演奏でも十二分に発揮されていたと思います。
語彙力が足りなさ過ぎてチープになってしまうのですが、演奏を聴いていてずっとドキドキとワクワクが止まりませんでした。
「この先に巨大な敵が待っているって分かっているけれど、世界を救うために前に進まなければ」的な使命感が、原曲同様にひしひしと感じられる演奏でした。

M15 四神/バトル#3
「四神」は原曲以上にわりとあっさり終了。
曲が始まって早々に、怒涛の「バトル#3」に移行しました。

この「バトル#3」が疾走感たっぷりで半端なく格好良かったです。
演奏を聴いて咄嗟に思い浮かんだのが、「疾走感パネェ! 熱い! たぎる!」でした。
「バトル#3」演奏中はそればかりが頭の中をグルグル巡っていて、なんかもう、最高でした。

それにしても、エストIIのバトル曲はどれも格好良いですね。
今回の演奏会でしみじみ実感しました。
原曲も格好良ければ、今回演奏されたものもめちゃくちゃ格好良いし。
もっと他の楽団もエストIIを演奏すれば良いと思います。
というか、演奏してくださいお願いします。

M16 予言者/地上を救う者/未来へ/プリフィアの花
曲も演奏も、ラストに相応しい壮大なものでした。
勇ましさと後には引けない切迫感を伴った「地上を救う者」。
これで最後だと言わんばかりの力強い演奏で、原曲も格好良いけれど、生演奏ではさらに磨きのかかった格好良さになっていました。

そして、そこから続く「未来へ」。
これが、ヤバいくらいに感動的でした。
M13から「地上を救う者」まで長く続いた決戦っぽい空気感が、「未来へ」で一気に抜けて。
達成感と一抹の切なさを宿したメロディアスな曲展開に、一瞬にしてやられました。
生演奏で臨場感が増した分、何かが心の琴線を良い感じに刺激したのでしょうか。
なんというか、こう、気が付いたらブワッと心を打たれていて、危うく涙腺崩壊しかけました。
特に、フルートとオーボエがメロディラインを演奏していた箇所で突然鼻の奥がツンとして、号泣しそうになりました。
ゲームの終盤の展開を知らないはずなのに、まさか曲だけで泣かされるとは思いませんでした。
何なんだあの破壊力は。
なんだか上手く言葉にならないけれど、すごく感動しました。

Battle#3(サウンドトラック・アレンジバージョン)
2006年に再版されたOSTのボーナストラック版でしょうか。
アンコールで何をやるんだろう? とプログラムをさっと見てからずっと疑問に思っていましたが、まさかそこを持ってくるとは思っていませんでした。
というか、2006年再販盤OSTに、エストIIの「バトル#3」のアレンジバージョンが入っていたことに、これまで全く気付いていませんでした。

本編の「バトル#3」もすこぶる格好良い曲だったけれど、こちらはこちらでロック色強めの尖った格好良さを感じました。
アンコールということもあってか、演奏自体が気力を振り絞って限界突破したかのような迫力。
楽器はアコースティックなものばかりなのに、とてもロックで熱い演奏で、良いアンコールでした。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック